Torrent(トレント) VPN比較

ExpressVPN vs NordVPN徹底比較レビュー | Torrent(トレント)利用に最適なのはどっち?

読者
ExpressVPNとNordVPN、どっちがTorrent利用におすすめ?

この記事は「最もおすすめのTorrent VPNを探している」「みんなが選んでいるTorrent VPNはどっち?」という方向けの記事です。

Torrent(トレント)利用によるなりすまし被害や誤って著作権で保護されたコンテンツをアップロードして逮捕されることを回避するためにVPNを利用することは必須です。

VPNを使用すれば、IPアドレスを秘匿し、ISP(インターネットサービスプロバイダ)によるスロットリングを回避することができます。

Torrent VPNとして当サイトでおすすめしているのはExpressVPNNordVPNです。

この記事では

ExpressVPNとNordVPNをTorrent利用を目的とした各項目で徹底比較して、あなたに最適なのはどちらかを検証していきます。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開 : 身元特定
  • 違法アップロード : 著作権の侵害
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

ExpressVPN 詳細

公式サイト 6ドル〜

NordVPN 詳細

公式サイト 4ドル〜

   

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

ExpressVPN vs NordVPN 比較項目

当記事ではTorrentを利用することを目的として、ExpressVPNとNordVPNを以下の項目を比較してどちらがあなたに最適なプロバイダかを検証していきます。

比較項目

  • セキュリティ
  • ログポリシー
  • Torrent関連機能
  • BitTorrent使用を公認しているか
  • ダウンロード速度
  • 価格
  • ExpressVPNのより優れている点
  • NordVPNのより優れている点

VPNプロバイダのセキュリティとログポリシーを確認することはTorrentを利用する上で必ずしていただきたいことです。

Torrentを使う上で避けられないリスク(なりすましや身元特定)に直結してくるためです。

各詳細は以下で説明していきます。
 

セキュリティ

セキュリティにおいて、ExpressVPNとNordVPNはどちらも高次元のセキュリティ強度です。

VPNプロバイダ名 ExpressVPN NordVPN
VPNプロトコル OpenVPN(UDP, TCP), IKEv2, L2TP, Lightway OpenVPN(UDP, TCP), IKEv2, L2TP, NordLynx
暗号化ビット AES-256 AES-256
RSA暗号ビット RSA-4096 RSA-2048
遮蔽技術 Cipher block chaining Obsfproxy
通信保護のアドバンス設定 ダブルホップVPN(二重VPN)
漏洩保護 DNS, WebRTC, IPv6 DNS, WebRTC, IPv6
アプリ内セキュリティ キルスイッチ(デスクトップ) キルスイッチ(デスクトップ、iOS)、自動Wi-Fi保護
DNS 独自DNS 独自DNS

両プロバイダとも業界で最も安全なVPNプロトコルであるOpenVPNと、AES-256暗号化暗号を使用しています。

NordVPNとExpressVPNは優れたプライバシー保護機能を備えており、Perfect Forward Secrecyも提供しています。

Perfect Forward Secrecyを簡単に説明すると、1つのセッションが侵害された場合でも、別のキーを使用することで次のセッションが再び保護されるので、盗聴対策になります。

Perfect Forward SecrecyをWikipediaで確認する

また両社ともディスクレス(RAMベース)サーバーを使用しており、一時的であってもサーバーにデータを書き込むことはありません。

どちらもDNSリークをブロックすると主張しており、当サイトで検証したところ裏がとれました。

ExpressVPNはすべてのサーバーで独自のゼロ知識の256ビット暗号化DNSを実行しており、全てを自己完結しているのはいい兆候であると言えます。

NordVPNはOnion over VPNや二重VPNシステムなどの優れた機能をいくつか提供しますが、残念ながら、2018年のサーバーハックの事件はまだ記憶に新しいです。

しかし、ノーログポリシーのために身元特定に繋がることはありませんでした。

以来、名誉回復のために独自プロトコルの開発やセキュリティ・プライバシーが主張通りであるかを証明するためにサードパーティの監査を毎年受けています。

キルスイッチ

最適なTorrent VPNはキルスイッチを備えつけていることが必須条件です。

ExpressVPNとNordVPNはキルスイッチを備え付けており、Torrentを利用する前に有効化すれば安全にTorrentを利用できます。

キルスイッチとは

キルスイッチとはVPN接続が予期せず切断された場合、同時にデバイスからインターネット接続を切断する機能のことです。

予期せずVPNが切断された時に実際のIPアドレス(個人情報の漏洩)が流出するのを防げるため、キルスイッチはVPN利用する上で絶対に必要な機能です。

ココがポイント

ExpressVPNとNordVPNはどちらも高次元のセキュリティ強度を誇り、Torrentに不可欠なキルスイッチを搭載している。

Torrentのためのセキュリティテスト方法

Torrent利用のためにVPNを最適化できているかを確認するテスト方法は以下の記事にまとめています。

VPNをTorrent(トレント)のために使う方法・設定まとめ【Windows, MacOS, Linux】
 

ログポリシー

Torrentを利用する上でVPNプロバイダのログポリシーは絶対に確認しておきたい項目です。

ExpressVPN、NordVPNともに本拠地が5 eyesの影響を受けないヴァージン諸島とパナマにあるため、データ保持法が適用されません。

簡単に言うと、両プロバイダともノーログポリシーのため、ユーザーを特定できるログを保持しません。

どちらも独立したプライスウォーターハウスクーパースの監査によって検証されており、ログ情報が全くないという両者の主張を満たしています。

ExpressVPNは接続日とサーバーの選択といったごくわずかな量のログを記録していますが、これらの情報だけであり、他のデータは保存されないためユーザーを危険にさらすことはありません。

ココがポイント

ExpressVPNとNordVPNはどちらもデータ保持法の義務がない国に本拠地を置いているため、ノーログポリシーを実現している。

Torrentをする上で必ず確認しておきたい、セキュリティ・ログポリシーの次にTorrentに関連する機能についてみていきましょう。
 

Torrent関連機能

Torrentに関連する機能として、まず必須なのがキルスイッチですが、上述の通りExpressVPNとNordVPNはキルスイッチを搭載しています。

両プロバイダのキルスイッチ以外でTorrent利用に関連するユニークな特徴を紹介します。
 

ExpressVPN

ExpressVPNはすべてのサーバーでP2P共有をサポートし、帯域幅の制限やデータの上限はありません。

キルスイッチを有効化する以外は特に何もする必要がなく、誰でもすぐに使い始めることができます。

またExpressVPNはサーバーの速度を確認できる機能を標準で搭載しており、Torrentをダウンロードする上で最速のサーバーを選べるのはNordVPNにはないメリットです。

ExpressVPNでキルスイッチを有効化する方法

ExpressVPNソフト内ではキルスイッチという言葉を使用していないため少し困惑されるかもしれませんが、キルスイッチは存在しています。

  1. 画面左上のメニューアイコン ≡ をクリックし、オプションを選択。
  2. 一般カテゴリからNetwork Lockの項目を探す
  3. "Stop all internet traffic if the VPN disconnects unexpectedly"横のチェックボックスをクリックして有効化する
 

NordVPN

NordVPNはすべてのサーバーでP2Pをサポートしているわけではありませんが、Torrentを利用しているかどうかを検出し、自動でP2Pに対応しているサーバーに切り替えます。

最初からP2P対応のサーバーに手動で接続することも選択できます。

またNordVPNは最近、ブラウザに悪質なスクリプトがローディングされるのを防ぐマルウェアブロッカーの「CyberSec tool」を発表しました。

残念ながら多くのトラッキングサイトはマルウェアを含む悪質な広告でユーザーに害を与える可能性があるため、こうした広告ブロッカーは長期でみると効果的でしょう。

NordVPNでキルスイッチを有効化する方法

NordVPNでキルスイッチを有効化する方法は以下です。

  1. 画面左下のメニューアイコンをクリック
  2. Kill Switchメニューの中から"Kill Switch (Advanced)"横にあるチェックボックスにチェックを入れる
 

ダウンロード速度

Torrentを利用するためには高速のダウンロード速度であることが望ましいです。

ExpressVPNとNordVPNはどちらもTorrentを利用するために十分以上のダウンロード速度です。

日や時間帯によって微小な数字で勝敗が変わりますが、僅差ですので速度はどちらを選択しても差し支えないといえます。

ココがポイント

ExpressVPNとNordVPNはどちらも高速通信速度でTorrent利用に適している。

 

価格

ここまでほぼ互角のスペック・パフォーマンスのExpressVPNとNordVPNですが、価格に関しては明らかにNordVPNのほうが費用対効果に優れています。

VPNプロバイダ名 ExpressVPN NordVPN 
基本月額料金(1ヶ月契約) $12.95(約1493円)) $11.99(約1378円)
1年間契約した時の月額料金 $6.67(約768円)) $4.99(約567円)
最安月額価格 $6.67(約768円) $3.29(約420円)
無料トライアル期間 30日間返金保証 30日間返金保証
特別オファー 1年プラン: 49%割引+3ヶ月無料 2年プラン:68%割引+3ヶ月無料

※2022年9月時点での情報です。

1ヶ月単位の購入の場合は両者の月額にそこまで差はありませんが、最安月額で見ると大きく変わります。

ExpressVPNが最安$6.67(約768円)(12ヶ月プラン)であるのに対し、NordVPNでは月額半額程度の$3.29(約420円)(24ヶ月プラン)です。

1年以上の長期でVPNを契約する場合はNordVPNのほうがコスパが高いです。

特にVPNのようにオンライン上のプライバシー・セキュリティ保護するものは毎日使うものなので、長期プランで68%もコストを下げられるためNordVPNは多くのVPNユーザーに選ばれています。

VPNは実際に使っているデバイスやインターネット環境等によって変化するので、まずは30日間の無料返金保証を使って試してみることを推奨しています。

VPNでできることまとめ

ココがポイント

1年以上VPNを契約するならNordVPNがコスパが高い。

 

ExpressVPNのより優れている点

ExpressVPNがNordVPNよりTorrent利用で優れている点は以下です。

ポイント

  • Speed test tool(速度テストツール)
  • 全てのサーバーがP2P対応
  • 使いやすさ
  • ノーログポリシーの実績

ExpressVPNの最大の強みとして、トルコでログを取っていないことを証明した実績があります。

一方NordVPNは身元特定に繋がる被害などはでていませんが、2018年にハッキング被害に遭ったことは記憶に新しいです。
 

トルコでログなしを証明

ExpressVPNはユーザーのセキュリティとプライバシー方針を遵守していることを証明した事例があります。

2017年のアンドレイ・カルロフ大使暗殺(ロシア)の捜査でExpressVPNはログを取っていないことを証明しました。

トルコ当局は、暗殺の容疑者がExpressVPN経由でデータを削除したため、ExpressVPNのサーバーを差し押さえ、容疑者を追跡しようとしました。

しかし、ExpressVPNはログやデータを一切保存しないため、当局は容疑者の情報を何も得ることができませんでした。

セキュリティ
犯罪に利用は絶対にダメですが、これはログが一切記録されないことを証明しました。
ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適なVPNの理由まとめ
 

NordVPNのより優れている点

NordVPNがExpressVPNよりTorrent利用で優れている点は以下です。

ポイント

  • アドブロック
  • P2P専用サーバー
  • コスパ
 

コスパにおいては明確に優れている

ほぼ同スペックのExpressVPNとNordVPNですが、運用コストの点だけは明確にNordVPNが優れています。

Expressが最安$6.67(約768円)に対して、NordVPNは最安$3.29(約420円)とおおよそ50%ほど低い料金でNordVPNは使うことができます。

VPNプロバイダ名 ExpressVPN NordVPN 
基本月額料金(1ヶ月契約) $12.95(約1493円)) $11.99(約1378円)
1年間契約した時の月額料金 $6.67(約768円)) $4.99(約567円)
最安月額価格 $6.67(約768円) $3.29(約420円)
無料トライアル期間 30日間返金保証 30日間返金保証
特別オファー 1年プラン: 49%割引+3ヶ月無料 2年プラン:68%割引+3ヶ月無料

※2022年9月時点での情報です。

VPNを長期で利用する予定の方は長期プランを選択することで、最大68%の割引が適用されるため、VPN利用のコストを遥かに抑えることができるようになります。

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。
 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

Torrent VPNの必要条件は以下です。
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

Torrent(トレント)VPNに必要な機能まとめ
 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事ではExpressVPNとNordVPNをTorrent利用を目的とした各項目で徹底比較して、あなたに最適なのはどちらかを検証しました。

両プロバイダともにセキュリティ(キルスイッチ含む)、ノーログポリシー、高速ダウンロード速度とTorrent VPNに不可欠な要素を全て満たしています。

比較対象として有効なのはExpressVPNが全てのサーバーでP2Pに対応、NordVPNがすべてのサーバーでP2Pに対応していないものの「P2P専用」のサーバーを保有していることです。

前者は面倒な設定がいらずいつでもTorrentを利用し始めることができ、後者はP2P専用サーバーを保有しておりよりP2P利用に最適化されています。

こちらは好みの問題で、どちらが優れている・劣っているということではありません。

価格はNordVPNが24ヶ月プランだとコスパが非常に高いです。

当サイトではベストTorrent VPNとしてNordVPNを推しており、実際に一番人気で多くのTorrentユーザーに選ばれています。

NordVPNはTorrent利用以外でも、高速通信でストリーミングや地域制限解除に強く、コストがExpressVPNよりもいいため総合力でNordVPNがおすすめです。

特にVPN選びを後悔したくない方におすすめです。

両プロバイダとも30日間の無料返金保証がありますので、まずは両方ともテストして自分により合う方と契約するのが確実です。

ExpressVPN

ExpressVPNは高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適です。 ハイエンドVPNプロバイダ、セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

NordVPN

NordVPNは高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適です。 Nordlynxプロトコルによる大幅な速度とセキュリティの改善以来、高いパフォーマンスとコスパの総合バランストップレベルのVPNプロバイダで、当サイトで一番人気です。

-Torrent(トレント), VPN比較
-,

© 2022 VPN info.jp