Torrent(トレント)

安全にTorrent(トレント)を使う方法 | P2P利用のリスクを下げる5つの方法

読者
Torrentを使いたいけど安全性が不安・・・

Torrent(トレント)は大きなファイルをダウンロードするための非常に実用的な方法であると同時に、著作権を侵害するコンテンツを共有するための主要なメカニズムでもあるためインターネット上で最も論議されているトピックの1つです。

あらゆる種類のトレントにアクセスすると、 利用者のオンラインセキュリティが危険にさらされる可能性があることはご存知でしたか?

当サイトではP2P利用のリスクを回避するためにTorrent VPNを使うことを強く推奨していますが、VPN以外にもリスクを軽減する方法を紹介します。

この記事では

VPN利用を含めた、Torrent(トレント)利用のリスクを下げる5つの方法を紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: ExpressVPN
コスパTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開
  • 違法アップロード
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

常にVPNに接続しておく

IPアドレスの秘匿

すでにご存知かもしれませんが、安全にTorrentを利用したいのであれば、VPN接続は必須です。

VPN接続により、ユーザーの実際のIPアドレスを秘匿するためです。

P2P接続では同じTorrentファイルを共有しているユーザーにIPアドレスが表示され、 法務執行機関やハッカーに身元特定などをされるリスクがあります。

VPNを利用すれば、IPアドレスを接続されたVPNサーバーのものに変更するため、トラフィック傍受に成功したとしても、そこからあなたの個人情報の特定には繋がりません。

最終的に選択したVPNプロバイダーのサーバーにたどり着くため、あなたのIPアドレスはわかりません。
 

ISPによるスロットリングの回避

VPNは世界中にある専用サーバー(プライベートサーバー)を介して、すべてのインターネットトラフィックをリダイレクトすることで実際に使用しているIPアドレスを隠します。

VPNを使うとすべてのデータを暗号化し、インターネットサービスプロバイダー(ISP)またはその他のサードパーティによる監視や追跡を防ぎます。

暗号化やIPアドレスを秘匿することはBitTorrentの使用に関してさまざまな理由で役立ちます。

スロットルに関しては、VPNを使用すればTorrentを利用していることがISPに判断できないようになるためスロットルを回避できます。

メモ

スロットル:Torrentは膨大な量の帯域幅を使用するため、多くのISPは疑わしいアクティビティを検出すると、帯域幅を抑制し速度を低下させます。

VPNを使用すると、ISPがユーザーのオンラインでの行動を把握できなくなり、トレントを利用しているかどうかを検出できないため、スロットルによる帯域幅や接続速度に制限をされることがなくなります。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

Torrentサイトへのアクセス

最後に、多くの ISPはトレントサイトへのアクセスをブロックしています。

合法的なダウンロードをする場合でも、 Torrentファイルを見つけるために必要な検索エンジンにアクセスできない可能性があります。

VPN接続をすれば、ISPによるトレントサイトのブロックを解除できます。
 

おすすめVPNプロバイダ

ExpressVPN 5.0

ベストTorrent VPN(速度、プライバシー、セキュリティ面でも)

本拠地:英領ヴァージン諸島| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, YouTube, Amazon, Hulu | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:3000以上|サーバー設置国:94カ国| 最大同時接続デバイス数:5

ポイント

  • 12ヶ月プラン(+3ヶ月無料):$6.67(約768円) / 月
  • 6ヶ月プラン:$9.99(約1151円) / 月
  • 1ヶ月プラン:$$12.95(約1493円) / 月
  • 返金保証期間:30日
公式サイト:expressvpn.com

信頼できるTorrent VPNをお探しの場合は、ExpressVPNをまず真っ先におすすめします。

優れた通信速度、トップクラスのセキュリティ強度、直感的に使えるUIを備えたアプリを持つExpressVPNは、Torrent利用を目的としたVPNをお探しの場合まず検討するべき候補です。

Torrentの利用だけでなく、ストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームの利用等、幅広く使える上に、通信速度・セキュリティ・プライバシーにおいて競合他社を圧倒しています。

Torrent用の高品質VPNには、安全を確保するための多くのセキュリティ機能が必要になります。

ExpressVPNは必要なセキュリティ機能が豊富に備え付けられています。

すべてのサーバーで完全なトレントサポートを提供しているだけでなく、WebRTCリーク保護、プライベートDNSサーバー、および接続するたび、またはその60分ごとに一意のキーを使用するPerfect ForwardSecrecyを提供しています。

ExpressVPNは、上記の優れたプライバシー保護に加えて、Torrent向けVPNに不可欠な驚異的な接続速度も提供しています。

サーバーの選択肢が広いため、海外の多数の接続から選択して、最新の状態を維持できます。

ExpressVPNは、キルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も完全なTorrent VPNを提供していると結論づけました。

万が一、他のVPNと同様にユーザーは問題に遭遇する可能性がありますが、ExpressVPNでは24時間年中無休のライブチャットサポートを利用できます。

もし、必要になった場合は親切なチームが数時間ではなく数分で対応してくれます。

ExpressVPNのコストはライバルの一部よりもわずかに高くなりますが、Torrent VPNとしてだけでなくVPNに求められる全ての機能を備えた完全なパッケージのため、気にならないでしょう。

30日間の返金保証があるため、お使いの環境でテストして、サブスクを開始する前に正しい選択であるかどうかを確認できます。

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適な理由と安全に使う方法まとめ
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


 

Torrentファイルのコメントを確認する


すでにTorrentを長く利用されている方には当然かもしれませんが、最近利用を始めたばかりの方にとっては強調しておきたい良いヒントです。

ほぼすべてのTorrentサイトでは、ユーザーは各ファイルのダウンロードページ内にコメントすることができます。

ファイルが不足している場合やコンテンツが違う場合、または危険なマルウェアが含まれている場合にユーザーはコンテンツを確認するコメントを残したり、他のユーザーに対して警告をしてくれている場合があります。

匿名のオンラインコメントは常に半信半疑で捉えるべきですが、探している特定のファイルに選択肢が複数ある場合は、他のTorrentユーザーのコメントを確認する価値があります。
 

ウイルス対策ソフトの導入

ダウンロードしているファイルに関係なく、Torrentのコンテンツはマルウェアに感染している可能性があります。

ウイルスに侵入された後にデバイスをクリーンアップする手間を省き、合理的な予防策を講じるため、VPNと一緒にKasperskyやNortonのようなウイルス対策プログラムの1つをインストールすることは安全にトレントするためにマストです。

トレントを頻繁に使用することを計画している場合は、プレミアムサービスの料金を支払うことを強くおすすめしますが、カジュアルユーザーの場合は無料のウイルス対策ソフトウェアでも十分です。
 

良質なTorrentクライアントの利用

トレントクライアントを選択するときは使いやすい、軽量、カスタマイズ可能なクライアントが望ましいです。

安全にTorrentを利用できるようにある程度のカスタマイズができるとより良いです。

当サイトでおすすめするTorrentクライアントは以下です。

  • uTorrent:クリーンでシンプルなインターフェースを備えた最も人気のあるトレントクライアントです。広告が表示されますが、機能をカスタマイズできます。
  • BitTorrent:ドラッグアンドドロップ機能を備えたユーザーフレンドリーなインターフェイスで、初心者に最適です。uTorrent同様に広告が表示されます。
  • qBittorrent:十分なカスタマイズが可能で広告はありません。ただし、拡張機能は有効になりません。
  • Deluge:多くの拡張機能と互換性のあるオープンソースクライアントです。ただし初心者向けではありません。


 

関連記事

uTorrentに最適なVPN【通信速度、セキュリティ、コスパ】
BitTorrentに最適なVPN【通信速度、セキュリティ、コスパ】
 

信頼できるアップローダーからダウンロードする

Torrentするためには、誰かがファイルをアップロードする必要があり、良質で求められているコンテンツをアップロードすることに定評がある複数のユーザーがいます。

そうしたユーザーは、選択したトレントサイトで「VIP」または「信頼できる」と指定されることが多いため、高評価のユーザーの1人がアップロードしている場合は信頼できるケースが多いです(もちろんコメントは確認してください)。

信頼できるユーザーのTorrentファイルは、多くの場合、かなりの数のシーダーがあります。

シーダーの数が多いと、ダウンロードが高速になることを意味するだけでなく、数百または数千の人々がファイルを保存し、他のユーザーがダウンロードできるようにシードすることを選択したため、ファイルの正当性を確かめることにも繋がります。

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するだけです。

これにより、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ、違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする場合は違法です。

 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるには、VPNプロバイダが明確な「ログなし」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

もう1つ考慮すべきは接続速度です。

Torrent VPNを使用するときに大きなファイルを共有する可能性があるためです。

また、リークがないことも非常に重要です。

現在、多くのメディア企業はトレントに参加しているIPアドレスを収集できる監視ノードのネットワークを実行しています。

したがって、リーク保護機能を備えたVPNを使用することで、そのリストに載ることを心配する必要がなくなります。

 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

ほとんどの無料VPNは、1日あたり500Mbから1か月あたりわずかに半ギガまでの厳格なデータ上限を制定し、ダウンロード速度を制限するものもあります。

Torrentのような大量のデータを使用する使い方には、無料VPNは向いていません。

またセキュリティ・プライバシー保護の観点でも無料VPNを使うのはリスクが大きいと言えます。

無料VPNの危険性は下記のリンクにまとめております。

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

はい、速くできます!

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると接続が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり、特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は、明らかな理由もなく接続が切断されることがあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなり、接続を制限することも回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため、速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ

 

まとめ

当サイトでは違法なコンテンツをダウンロードするためにTorrentを使用することを推奨していません。

著作権に触れていない、合法的なファイルをダウンロードしている場合でも、リスクにさらされている可能性があります。

安全にトレントを開始する最良の方法は、優れたトレントクライアントをダウンロードし、VPNとウイルス対策ソフトウェアでバックアップすることです。

また、ダウンロードページで他のユーザーのコメントを確認し、信頼できるソースによってアップロードされたファイルをダウンロードしているかを確認することでよりリスクを下げることが期待できます。

Torrent(トレント)の始め方完全ガイド【用語/ソフト/ダウンロード方法/安全な使い方等】
 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはExpressVPNで、実質的に月額わずか$6.67(約768円)で、リスクのない30日間の返金保証が付いています。

-Torrent(トレント)

© 2022 VPN info.jp