【広告】

Torrent(トレント)

Torrent(トレント)を安全にダウンロードできる環境構築まとめ| VPN・クライアント・設定・使い方【完全保存版】

読者
Torrentを安全にダウンロードしたい

この記事は「1から10までTorrentの安全なダウンロード方法が知りたい」「リスクなくTorrentを利用したい」という方向けです。

Torrentを利用するにあたって「逮捕されるかもしれない」「始め方が全くわからない」とお悩みではありませんか?

当記事を最後まで読めば「Torrentを安全にダウンロードできる環境」を簡単に作成できます。

後で記事を読んだり、見直したりすためにも当記事をぜひブックマークしてご活用ください。

この記事では

Torrent(トレント)を安全にダウンロードできるVPN・クライアント・設定・使い方をまとめて紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN : NordVPN

  • Torrent情報総まとめ : Torrentの始め方完全ガイド
  • Torrent環境構築まとめ : Torrentの環境構築完全ガイド
  • TorrentにVPNが必須な理由

    Torrent利用の危険性

    Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

    Torrent利用の危険性

    • IPアドレスの公開

      身元特定

    • 違法アップロード

      著作権侵害

    • ウイルス感染

      マルウェア

     

    VPNでリスク回避

    上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

    詳細は以下のリンクにまとめています。

     

    関連記事

    この記事はこんな人が書いています

    こんな人が書いています

  • 2013年からVPNを継続して利用中
  • 2017年から海外メディアのVPN記事の専属ライター
  • 20社以上のVPNプロバイダを自費購入でレビュー・比較済み
  •  

    Torrentをダウンロードする環境作り

    実際に、安全にTorrentをダウンロードする環境を作る場合は以下の手順に沿っていただければ簡単に作成できます。

    Torrentの始め方

       
     

    1.Torrent VPNのインストール

    NordVPNのような優秀なTorrent VPNをインストールしましょう。

     

    2.VPNの設定最適化

    Torrent利用に最適になるようにVPNの設定を変更しましょう。

     

    3.BitTorrentクライアントのインストール

    Torrentファイルを共有するためにqBittorrentなどのクライエントをインストールしましょう。

     

    4.VPNをqBittorrentにバインド

    qBittorentにバインドすることで、個人情報の流出をより確実に抑えることができます。

     

    5.Torrentの利用開始

    トラッカーサイトからTorrentファイルを探して利用開始いただけます。

     

    6.Torrentの共有

    Torrentファイルの共有をし、ダウンロード・アップロードをします。

    各詳細は以下で説明します。

    以下ではTorrentダウンロードの環境作りにのみフォーカスを当てて紹介していきます。

    詳しい説明・補足は関連記事のリンクを記載しますので、リンク先でお確かめください。
     

    1.Torrent VPNのインストール

    以下では、当サイトでおすすめしている最高のTorrent VPNであるNordVPNのサブスクに加入する方法をわかりやすく紹介します。

    NordVPNを購入する方法は以下の手順です。

    1. 公式サイトにアクセスする
    2. プランを選択する
    3. 支払い方法選択とアカウントの作成
    4. メールを受け取る
    5. パスワードの作成
    6. ソフトまたはアプリをインスールする

    3分程度で誰でもすぐにNordVPNを使うことができます。

     

    手順1.公式サイトにアクセスする

    パソコンの利用に限らず、スマホ・タブレット向けにVPNを購入するときもアプリ内ではなくブラウザから公式サイトで購入することをおすすめします。

    公式限定の割引を確実にゲットするためです。

    NordVPNの公式サイトは以下のリンクです。

    公式サイト:nordvpn.com

     

    NordVPNを購入と書いてある赤いボタンをクリックします。

    注意ポイント

    リンクを開いた時に日本語になっていない場合は、画面最下部にある地球儀のアイコンをクリックして日本語を選択しましょう。

     

    手順2.プランの選択

    次にNordVPNの利用期間とパッケージの種類プランを選択しましょう。

    どのプランも共通で30日間の無料保証期間がありますので、安心してどのプランも選択できます。

     
     NordVPN
    プラン 価格(月額)
    1ヶ月 $12.99(約1845円)
    12ヶ月 $4.99(約709円)
    24ヶ月 $3.99(約566円)

    ※1ドル=142円で計算しています。

     

    利用期間の選択

    おすすめの利用期間は24ヶ月のプランです。

    最大66%OFFになるので、通常の半分以下の料金で2024年最高のVPNを使うことができるためです。

    ココがポイント

    長期プランを選択するほどに割引が大きくなる。

     

    パッケージの選択

    現在NordVPNには、コンプリートプラン、プラスプラン、スタンダードプランという3つパッケージあり、詳細は以下です。

    • スタンダードプラン : VPNサービスのみ
    • プラスプラン : VPNサービス + パスワード管理
    • コンプリートプラン : VPNサービス + パスワード管理 + 1TBのクラウドストレージ

    純粋にVPNだけが必要な場合はスタンダードプランの選択で間違いありません。

    ココがポイント

    クロスプラットフォーム対応のパスワード管理アプリ、情報漏えいスキャナー、1TBの暗号化されたクラウドストレージが必要でない方はスタンダードプランでOK。

     

    手順3.支払い方法選択とアカウントの作成

    プランを購入というボタンをクリックすれば支払い方法選択とアカウントの作成のページに移動します。

    アカウント登録後に送られるアクティベーションコードを受け取るために利用可能なメールアドレスを入力しましょう。

    支払い方法は、クレジットカード、PayPal、ビットコインなど様々な方法で支払いができます。

    ココがポイント

    より匿名性を高めたい場合は支払い方法に暗号資産を選択しましょう。

     

    手順4.メールを受け取る

    支払いを完了させると、先ほど入力したメールアドレスにアカウントを有効化するために以下のような「アクティベーションコード」が届きます。

     

    [Set Password and Activate Account]と書いてある青いボタンをクリックするとパスワード設定画面に移行します。

     

    手順5.パスワードの作成

    NordVPNのアカウントにログインするためのパスワードを作成します。

    無作為に作成されたパスワードをそのまま使ってもいいですし、ご自身で設定されてもかまいません。

    紙やメモ帳に控えておきましょう。

    NordVPNのプラン選択、支払いが終われば、ログインしてソフトをインストールしていきます。

     

    手順6.ソフトまたはアプリをインスールする

    パスワード変更後に自動でお使いのOSにあったソフトがダウンロードされます。

    またはNordVPNアカウント内にある[ダウンロード]から手動でOSを選択することも可能です。

    NordVPN購入からインストールまでの手順の説明は以上になります。

    以下ではNordVPNの使用目的別の関連記事を紹介します。

    NordVPNの詳しい使い方関連記事

    NordVPNの購入方法・細かい設定を確認したい方は以下の記事にまとめています。

    NordVPNの購入・インストール・設定・使い方完全ガイド【登録までたったの3分】

    NordVPNをTorrent利用のために使いたい方向けに以下の記事にまとめています。

    NordVPNでTorrent(トレント)は使える? 【ノーログVPNをテスト検証】
     

    2.VPNの設定最適化

    NordVPNプロバイダをサブスク、インストールしたあとはP2P専用サーバーの接続とキルスイッチの設定をしましょう。

     

    P2P専用サーバーの接続

    NordVPNでTorrentを利用する場合はP2P専用サーバーに接続しましょう。  

    UIの左側に表示されるサーバーリストの最下部にある[Speciality Servers]から[P2P]をクリックしましょう。

    メニューからP2P専用のサーバーリストが表示されるので、物理的に一番近いサーバーまたは[Quick connect]をクリックしてVPNサーバーに接続しましょう。

     

    キルスイッチ

    キルスイッチとは

    キルスイッチとはVPN接続が予期せず切断された場合、同時にデバイスからインターネット接続を切断する機能のことです。

    予期せずVPNが切断された時に実際のIPアドレス(個人情報の漏洩)が流出するのを防げるため、キルスイッチはVPN利用する上で絶対に必要な機能です。

    一般的にTorrent利用中は何時間もダウンロードするため、ダウンロード中にパソコンから離れることが多いため、キルスイッチは全てのTorrent利用者にとって特に必須のツールです。

    キルスイッチがない場合、Torrent利用中にVPN接続が切断されると、IPアドレスが公開されたままになり、 個人の特定に繋がる可能性があります。

    Torrentを利用する前に必ずキルスイッチを有効化しましょう。

    キルスイッチを有効化する設定方法

    NordVPNでキルスイッチを有効化する方法は以下です。

     
    1. 画面左下のメニューアイコンをクリック
    2. Kill Switchメニューの中から"Kill Switch (Advanced)"横にあるチェックボックスにチェックを入れる

    NordVPNの購入・キルスイッチの設定が終われば、次はTorrentクライアントをインストールします。
     

    3.BitTorrentクライアントのインストール

    当サイトでは完全無料でカスタマイズの幅が広く、バインド設定もできるqBitTorrentをおすすめしています。

    以下の記事にqBitTorrentの詳細をレビューしています。

    qBittorrent徹底レビュー| 完全無料・高スペック・安全な理想のTorrentクライアントソフト

    以下ではqBitTorrentのインストール・設定方法を紹介します。
     

    qBitTorrentのインストール

    qBitTorrentの公式サイトからクライアントをインストールしましょう。

    公式サイト:https://www.qbittorrent.org/
     

    インストール方法

    サイトトップにある以下の画像のアイコンをクリックすればインストールが開始されます。

    qBitTorrentのインストールが終了すれば、NordVPNをqBittorrentにバインドする設定をします。
     

    4.VPNをqBittorrentにバインド

    バインドはTorrent VPNにおけるキルスイッチに似た働きで、VPNが切断された場合にクライアント側でTorrentファイルのダウンロード・アップロードを切断します。

    つまりバインドをしておくことで、VPNが不意に切断されてしまっても実際のIPアドレスがファイル共有者に漏れることなく、身元特定などを回避できます。

    より安全にTorrentを使いたいという方はVPNとqBittorrentのバインドを必ず設定しておきましょう。

    バインドの設定方法は以下の記事にまとめています。

    「qBittorrent」の設定方法まとめ| Torrentを安全に実行するためにバインドを設定しましょう
     

    その他設定

    Torrentのダウンロード速度を改善したり、高速化するための各設定は以下にまとめています。

     

    バインドの設定手順

    qBittorrent・Torrent VPNをインストールすれば、次にqBittorrentでバインドの設定をします。

    バインドの設定手順は以下です。

    [設定] >>> [Advanced] >>> [Network interface] >>> バインドするリストの選択

    step
    1
    設定(Preference)

    qBittorrentクライアントに表示されている歯車アイコンをクリックして設定画面に進みましょう。

    step
    2
    Advanced

    設定できる項目の中からAdvancedをクリックし、Network interfaceのプルダウンをクリックしましょう。

    step
    3
    バインドするリストの選択

    まずはVPN接続をしない状態でNetwork interfaceのプルダウンに表示されるリストを確認します。

    このときにメモやスクリーンショットを取っておけば次の工程が楽になります。

    次にVPN接続をして、qBittorrentを一度閉じて、再起動します。

    もう一度、VPN接続をした状態でNetwork interfaceのプルダウンをクリックすれば、先ほどは表示されていなかった名前がひとつ追加されています。

    新しく表示されたinterfaceの名前を選択しOKをクリックすればバインドの設定は終了です。

    これはお使いのVPNや環境により名前が異なるので、自分で確認する必要があります。

    バインドが有効化されているかのテスト方法などは以下の記事にまとめています。

    「qBittorrent」の設定方法まとめ| Torrentを安全に実行するためにバインドを設定しましょう
     

    その他設定

    Torrentのダウンロード速度を改善したり、高速化するための各設定は以下にまとめています。

     

    5.トラッカーサイトにアクセスする

    VPNとTorrentクライアントの設定が終了すれば、トラッカーサイトから.torrentファイルを探してダウンロードします。

    ダウンロードした.torrentファイルまたはマグネットリンクをクライアント上で起動すれば、Torrentの共有が開始します。

    注意!

    vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。

     

    注意

    当サイトでは著作権で保護されたコンテンツのためにTorrentを利用することを推奨しておりません。

    以下ではパブリックドメインのコンテンツを配布しているトラッカーサイトを元にトラッカーサイトの利用方法を紹介します。

    完全合法にTorrentを利用できるトラッカーサイトまとめ【パブリックドメイン】
     

    トラッカーサイトにアクセス

    個人で音楽コンテンツをパブリックドメインとしてTorrentを配布している「The PaulWay Mixes」を例にTorrentのダウンロード方法をします。

    step
    1
    トラッカーサイトにアクセス

    以下のリンクをコピペしてアクセスします。

    http://mabula.net:8000/mixes/

    step
    2
    .torrentファイルのダウンロード

    上記の画像のように、The PaulWay Mixesで配布されているパブリックドメインの音楽コンテンツの.torrrentファイルをクリックしてダウンロードします。

    step
    3
    Bittorrentクライアントで起動

    ダウンロードが完了した.torrentファイルをダブルクリックすればBittorrentクライアントで起動します。
     

    6.Torrentの共有

    .torrentファイルをダブルクリックすればBittorrentクライアントで起動し、上の画像のようにファイルの共有が始まります。
     

    Torrentのダウンロードが進まないときは

    Torrentのダウンロードが進まないときの原因と対処法は以下の記事にまとめています。

     

    ダウンロードが終了すれば

    ダウンロードが終了すれば、ダウンロード保存先にファイルの復元が完了したコンテンツが表示されます。

    誤って著作権で保護されたコンテンツをダウンロードしてしまった時のための自己防衛として、必ずTorrent VPNに接続してからダウンロードをしましょう。

    Torrent(トレント) VPNランキング | 安全・高速・ノーログ【2024年】

    以上が安全にTorrentをダウンロードする手順でした。
     

    その他Torrent関連


    Torrent関連記事

    Torrentとは

    詳しく

    Torrentの使い方

    詳しく

    ダウンロード手順

    詳しく

    VPNの設定

    詳しく

    VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

    VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

    Torrent Q&A

    Torrentの利用は違法?

    Torrentの利用自体は違法ではありません。

    Torrent本来の目的は異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送をすることです。

    著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

    たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

    以下のようなパブリックドメインのコンテンツの共有は合法です。

    Torrentの合法な使用用途

    • オープンソースソフトウェアの共有
    • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
    • パブリックドメイン
    • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツや著作権利者が権利を放棄しているコンテンツはパブリック・ドメインと呼ばれます。Torrentでパブリックドメインの映画、本、音楽などの共有は完全に合法です。

    VPNを使わないとどうなる?

    VPN接続をしないでTorrentを利用した場合、ユーザーの実際のIPアドレスが接続者全員に共有されるため身元特定や 違法ファイルを誤って共有した場合逮捕に繋がることがあります。

    主に以下のような危険性があります。

    Torrent利用のリスク

     

    Torrentの利用は魅力的なメリットがある反面、使い方を誤ったり自己防衛のためにVPNを使っていないと、著しいプライバシーの侵害などのリスクにも繋がる恐れがあります。

     

    IPアドレスの公開

    Torrentの特性上、ファイル共有者全員に実際のIPアドレスが公開されます。

     

    身元特定

    IPアドレスから氏名や住所など個人を特定できます。

     

    身元特定の2次被害

    身元特定によりなりすまし詐欺や著作権トロール・ハッカーのターゲットになる可能性があります。

     

    違法アップロード

    違法ファイルを誤って共有してしまう可能性があります。

     

    逮捕される可能性

    著作権を侵害するようなコンテンツを誤って共有した場合は逮捕される可能性があります。

     

    ウイルス感染

    悪質なユーザーやハッカーによるマルウェアなどのウイルスをファイルに仕組まれている可能性があります。

    上記の危険性を回避するためにはTorrent VPNを使って、実際のIPアドレスを秘匿するのが効果的です。

     

    どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

    Torrent VPNの必要条件は以下です。
    • 厳格なノーログポリシー
    • IPマスキング(IP匿名化)
    • キルスイッチ
    • P2P接続の公認
    • トラフィックの暗号化
    • 高速ダウンロード速度
    • 匿名な支払い方法

    この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

    これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

    可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

    VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

    上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

    Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

     

    おすすめのTorrent VPNは?

    当サイトでは最高のTorrent VPNとしてNordVPNを強くおすすめしています。

    NordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

     

    無料VPNでもトレントに利用できる?

    無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

    無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

    ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

    匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

    パフォーマンスも低い、利用にも制限が設けられていたり、個人情報を転売したりなど無料VPNの利用にメリットはひとつもありません。

    無料で使えるサービスの対価はあなた自身の個人情報です。

    無料で使っているつもりで、実は利用されています。

    Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。


    ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、NordVPNのような最良のTorrent VPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?【恐ろしいリスク】
     

    VPNはTorrentの速度を速くできる?

    VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

    言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

    TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

    スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

    Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

    VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

    つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。

     

    Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

    インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

    Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

     

    まとめ

    この記事は「1から10までTorrentの安全なダウンロード方法が知りたい」「リスクなくTorrentを利用したい」という方向けに、Torrent(トレント)を安全にダウンロードできるVPN・クライアント・設定・使い方をまとめて紹介しました。

    Torrentの利用は便利な反面、P2P接続特有のリスクもあるため信頼できるTorrent VPNでリスク回避をする必要があります。

    当サイトでは最高のTorrent VPNとしてNordVPNを強くおすすめしています。

    NordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

    -Torrent(トレント)

    © 2024 VPN info.jp