【広告】

Torrent(トレント)

Torrent(トレント)が違法になるケース| 逮捕される条件や自己防衛の方法

読者
Torrent(トレント)を使ったら逮捕される?

この記事は「Torrentが違法行為になるケースを知りたい」「Torrentで逮捕されるか知りたい」という方向けです。

ファイル共有ソフト「Torrent」で違法行為をして、警察に逮捕されたニュースを見て「自分は大丈夫だろうか」と不安になっていませんか?

Torrentは高速なダウンロードなど便利な反面、「著作権を侵害する共有」など使い方を誤ると逮捕されるケースもあります。

当記事を最後まで読めば「Torrent利用で逮捕されるケース」「安全にTorrentを利用できる方法」がわかります。

この記事では

Torrentが違法行為にあたるケースを実際の例と一緒に解説していきます。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN : NordVPN

  • Torrent情報総まとめ : Torrentの始め方完全ガイド
  • Torrent環境構築まとめ : Torrentの環境構築完全ガイド
  • TorrentにVPNが必須な理由

    Torrent利用の危険性

    Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

    Torrent利用の危険性

    • IPアドレスの公開

      身元特定

    • 違法アップロード

      著作権侵害

    • ウイルス感染

      マルウェア

     

    VPNでリスク回避

    上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

    詳細は以下のリンクにまとめています。

     

    関連記事

    この記事はこんな人が書いています

    こんな人が書いています

  • 2013年からVPNを継続して利用中
  • 2017年から海外メディアのVPN記事の専属ライター
  • 20社以上のVPNプロバイダを自費購入でレビュー・比較済み
  •  

    Torrentとは

    まずはTorrent(トレント)とは何なのかを簡単に説明します。

    Torrentは中央サーバーを設けないP2P方式により、BitTorrentネットワークを介してユーザー同士で直接ファイルをダウンロードおよびアップロードするクライアントソフトです。

    ダウンロードしたいファイルの全部または一部を所有する 複数のユーザーから断片化されたファイルをかき集めて、最終的にひとつのファイルとして復元する仕組みです。

    ダウンロードをしたTorrentユーザーは、他のユーザーが同様にダウンロードできるように自分のデバイスからも自動的にファイルをアップロードします。
     

    Torrentは違法?

    インターネットやニュースではTorrentを利用した違法行為が取り上げられることがよくありますが、Torrentの利用自体に違法性はなく、完全に合法です。

    大容量のデータを高速でダウンロードできる画期的な仕組みで、多くのユーザーが合法的に利用しています。

    ただし著作権で保護されたアニメや映画、ゲームなどのコンテンツを無断でアップロード・ダウンロードすることは違法行為です。
     

    著作権法違反

    著作権者には作品を公衆に送信する権利、公衆送信権・送信可能化権があり、 勝手に著作権で保護された作品をアップロード・ダウンロードする行為は著作権の侵害となり違法行為になります。

    民事的に違法の場合、損害賠償責任を負い、刑事的に違法の場合、逮捕、起訴され前科が付くということもあります。
     

    違法アップロード

    著作権で保護されたファイルやコンテンツを無断でアップロードした場合は違法行為にあたります。

    例えば、ドラマや映画、アニメ、音楽、テレビ番組など著作権で保護されたコンテンツをTorrentクライアントを通じてアップロードし、不特定多数のユーザーがダウンロードできる状態にした場合です。

    違法アップロードによる著作権侵害に対しては「 10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又はこれらの両方」と規定されており、裁判によって処分内容が確定します。
     

    違法ダウンロード

    正規版(有償・有料版)のコンテンツやサービスではなく、違法にアップロードされた海賊版と認識しながらダウンロードする行為は違法行為にあたります。

    例えばPhotoshopやWindows OSなどの海賊版などがあたります。

    違法ダウンロードによる著作権侵害に対しては「 2年以下の懲役若しく200万円以下の罰金又はこれらの両方」が刑事罰として課されると規定されており、裁判によって処分内容が確定します。
     

    Torrentで逮捕される条件

    Torrentで違法ファイルをアップロード・ダウンロードした場合、逮捕される条件・流れは以下です。

    • 1.犯人の特定

    • 2.告訴

    • 3.逮捕の必要性

     

    1.犯人の特定

    逮捕をするためにはTorrentを通して、違法にコンテンツがアップロードされている事実が認知され、犯人を特定する必要があります。

    警察のサイバーパトロールまたは著作権者側が独自に調査をして著作権侵害の事実が認知されます。

    Torrentでは、接続中はIPアドレスが共有者全員に公開されるため、違法にアップロードしているIPアドレスの特定は容易です。

    IPアドレスを基に、ISP(インターネットサービスプロバイダ)に対して情報開示を請求し個人が特定されることになります。
     

    2.告訴

    犯人の身元が特定できても、必ず逮捕に繋がるわけではありません。

    著作権侵害は親告罪のため、被害者である著作権者が告訴をしなければ起訴できず、刑事罰を科すことができません。

    告訴がないまたは告訴を得られる見込みが高くない場合、警察が犯人を逮捕することはありません。

    権利者が犯行を認知した場合でも、犯人と示談をすれば告訴をすることは通常ありません。

    また警察が認知した場合、権利者が告訴を求めないこともあるため、犯人の身元が特定できて必ず逮捕というわけではありません。
     

    3.逮捕の必要性

    被害者の告訴がある場合でも、必ず逮捕されるわけではありません。

    身柄拘束をしなければ犯人が罪証隠滅に及んだり、逃亡をしたりする恐れがある場合に、警察は逮捕をします。

    逮捕の 必要性が乏しいと判断されれば、逮捕はされません。

    以下のようなケースは実際に逮捕が必要とみなされるケースです。

    • 組織的犯行・共犯者がいるケース
    • 被害額が高額なケース
    • 最初に違法アップロードをしたケース

    実際は、裁判官に逮捕状を発布してもらうハードルは比較的低くいため、逃亡や罪証隠滅の可能性が低くても逮捕されるケースは多くあります。
     

    逮捕を回避する方法

    Torrent接続を通して違法ファイルをダウンロード・アップロードする行為は著作権法違反で刑事告訴された場合は逮捕されることもあります。

    まず逮捕を回避するためにすることは「著作権で保護されたコンテンツをアップロード・ダウンロードしない」ことに尽きます。

    Torrentは本来合法のファイルを高速で共有するために開発されたもので、違法ファイルを共有する手段ではありません。

    しかし、いかに合法なファイルを共有していても 意図せず違法行為に加担しているケースも少なからず存在します。

    それは共有しているファイルの中に違法ファイルが紛れ込んでいる場合です。

    Torrentの特性上、ダウンロードが終了するまで、共有しているファイルの中身を全て把握できず、 意図せずに違法ファイルをアップロード・ダウンロードしてしまっている可能性があります。

    こうした意図せず違法ファイルの共有に加担しないために以下の3点に注意しましょう。

    • トラッカーサイトの評価
    • コメントの確認
    • Torrent VPNで自己防衛
     

    トラッカーサイトの評価

    違法ファイルを意図せず共有しないために、まずは.torrentファイルを配布しているトラッカーサイト(リーチサイト)の評判を確認しましょう。

    トラッカーサイトが違法ファイルを配布していることで有名な場合や報告がある場合は利用を避けることが賢明です。
     

    コメントの確認

    ほぼすべてのTorrentサイトでは、ユーザーは各ファイルのダウンロードページ内にコメントできます。

    違法ファイルが混入している場合または危険なマルウェアが含まれている場合にユーザーはコンテンツを確認するコメントを残したり、 他のユーザーに対して警告をしてくれている場合があります。
     

    Torrent VPNで自己防衛

    VPNを利用すればIPアドレスをVPNサーバーのものに偽装できるため、身元特定に繋がりません。

    違法ファイルを誤って共有した場合でも、身元特定を回避できるためTorrentユーザーには必須のツールです。

    Torrentを利用する場合は違法性のあるファイルを共有しない場合でも、万が一ファイルに含まれていることも考えるとTorrent VPNでIPアドレスを秘匿することが極めて効果的です。

    以下ではIPアドレスを秘匿し、個人情報を流出させないためにVPNを使う手順とおすすめTorrent VPNを紹介します。
     

    Torrent VPNを使う手順

    VPN購入からTorrent利用までは以下の手順に沿っていけば、普段インターネット関連に慣れていない方でもすぐに使い始めることができます。

    Torrentの始め方

       
     

    1.Torrent VPNのインストール

    NordVPNのような優秀なTorrent VPNをインストールしましょう。

     

    2.VPNの設定最適化

    Torrent利用に最適になるようにVPNの設定を変更しましょう。

     

    3.BitTorrentクライアントのインストール

    Torrentファイルを共有するためにqBittorrentなどのクライエントをインストールしましょう。

     

    4.VPNをqBittorrentにバインド

    qBittorentにバインドすることで、個人情報の流出をより確実に抑えることができます。

     

    5.Torrentの利用開始

    トラッカーサイトからTorrentファイルを探して利用開始いただけます。

     

    6.Torrentの共有

    Torrentファイルの共有をし、ダウンロード・アップロードをします。

    設定などの詳細は以下の記事にまとめています。

    以下ではTorrent利用に最適なVPNプロバイダを紹介します。
     

    おすすめTorrent VPN

    Torrent利用のリスク回避に最も効果的な方法はTorrent VPNの導入です。

    Torrent接続中は同じファイルを共有しているユーザー間にIPアドレスが表示されるため、 法務執行機関やハッカーに身元特定などをされる可能性があります。

    逮捕や個人情報の流出などあらゆるリスクを防ぐために、Torrent VPNを使ってIPアドレスを秘匿する(=身元特定をさせない)必要があります。

    VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

    ノーログポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダで、購入から使い始めるまで5分もかかりません。


    ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、NordVPNのような最良のTorrent VPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    ランキング

    1位. NordVPN

    おすすめ度 5.0  

    総合力ナンバーワン
    最安月額料金 : $3.99(約566円)

     

    2位.ExpressVPN

    おすすめ度 4.2  

    高速通信
    最安月額料金 : $6.67(約947円)

     
    Torrent VPNの必要条件
    • 厳格なノーログポリシー
    • IPマスキング(IP匿名化)
    • キルスイッチ
    • P2P接続の公認
    • トラフィックの暗号化
    • 高速ダウンロード速度
    • 匿名な支払い方法

    この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「厳格なノーログポリシー」「IPアドレスの匿名化」「キルスイッチの有無」です。

    これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

     

    NordVPNはTorrent VPNとして最適

    NordVPN 5.0

    高スペック、高パフォーマンス、高コスパTorrent VPN

    本拠地:パナマ| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, BBC iPlayer, YouTube, Amazon Prime, Hulu, ABEMA, TVer, ESPN, DAZN | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:5200以上|サーバー設置国:59カ国| 最大同時接続デバイス数:6
    スペック詳細
  • 独自プロトコル「NordLynx」は革命的
  • 厳格なノーログポリシー
  • 安定した高速通信
  • 国内外の地域制限解除の幅が広い
  • 高スペック、高パフォーマンス、高コスパ
  • キルスイッチ、スプリットトンネル、二重暗号化などのプレミアム機能
  • 軍事レベルのセキュリティ
  • 256ビットのAES暗号、DNS/IPv6漏れの保護
  • P2P専用サーバー
  • 24ヶ月プラン:$3.99(約566円) / 月
  • 12ヶ月プラン:$4.99(約709円) ) / 月
  • 1ヶ月プラン:$12.99(約1845円) / 月
  • 返金保証期間:30日
  • 公式サイト:nordvpn.com

    どのVPNプロバイダを選べばいいかわからない方には無条件でNordVPNをおすすめしてます。

    NordVPNは地域制限の解除、セキュリティ強化、プライバシー保護、ストリーミング、オンラインゲーム、P2Pの利用に最適です。

    シンプルで使いやすいため、今までにVPNを使ったことがない方でも簡単に使えます。

    高速通信、シンプルで使いやすい、地域制限の解除が優秀、P2P利用に最適などVPNに求められる条件を全て満たしているのに、月にたったの500円程度で利用できる破格のVPNサービスです。

    Torrent利用に最適

    NordVPNは厳格なセキュリティ・プライバシー保護、高速通信を提供しているため、Torrent VPNとして非常に優秀で、 当サイトでも一番人気のVPNプロバイダです。

    Torrent利用に特化した以下のプレミアム機能があるためNordVPNをおすすめしています。

    • 高速通信速度
    • 厳格なノーログポリシー
    • キルスイッチ
    • DNS漏れブロッキング
    • 二重暗号化
    • P2P専用サーバー

    特に、厳格なノーログポリシーの採用により、ユーザーを特定できるログを保持しないため匿名性を維持してTorrent利用のリスクを回避できます。

    誤って違法ファイルを共有しても個人特定に繋がらないため、安全にTorrentを利用できます。

    Torrent利用により、ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、 Torrent利用に最適のNordVPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    P2P専用サーバー

    NordVPNはP2Pの利用を公認しているため、VPN側でP2Pのトラフィックを検出すると、自動的に現在地から最適なP2Pサーバーに接続するなど非常に簡単で初心者にも使いやすいのもメリットです。

    TorrentをサポートしているP2P専用サーバーは米国、英国、その他世界中に数百あり、より安全にTorrentを利用したい方に最適なプロバイダです。

    匿名な支払いで強固なプライバシー保護

    NordVPNでは、プライバシーの観点から、クレジットカード支払いによる個人情報を残したくない場合には、より匿名性の高いビットコインによる決済手段も受け付けています。

    メールアドレスだけ必要になるので、VPN専用のメールアドレスを作成するなどすればより匿名性を高められきます。

    Torrent以外でも万能なVPN

    Torrentの利用だけでなく、ストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームの利用等、幅広く使える上に、高速通信速度・セキュリティ・プライバシーにおいても優れているため、最大6台のデバイスで様々な目的で利用することができる万能VPNです。

    Torrent、幅広いストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームなど最高品質のVPNを低価格で最大限に活用できるのはNordVPNだけです。

    総評

    NordVPNはキルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なノーログポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も安全にTorrentを利用できるVPNと結論づけました。

    数あるVPNプロバイダの中でも、厳格なノーログポリシー・P2P専用サーバー・高速通信を低価格で提供しているのはNordVPNぐらいなので、コストを抑えて安全性を確保したいなら真っ先に購入しておきたいVPNサービスです。

    通常$12.99(約1845円) ですが、今なら最大66%OFFの割引で月額たったの$3.99(約566円)から利用できる超お得なキャンペーン実施中です。

    NordVPNは全プラン通じて30日間の返金保証により全額返金できますので、まずはお使いのデバイス・環境に適しているかを無料トライアルで試してみましょう。

    当サイトNo.1 Torrent VPN

     

    今だけ+3ヶ月無料

    NordVPN - コスパよく最高品質のTorrent VPNを今すぐ入手

     

    NordVPNはユーザーの身元特定に繋がらない「厳格なノーログポリシー」に、強力なプライバシー保護の「キルスイッチ」と「スプリットトンネル」を提供しているため最も安全かつコスパよくTorrentを利用できます。今だけ月額$12.99(約1845円) →$3.99(約566円)【キャンペーン実施中】30日間の返金保証により、全てのプランで無料トライアルができます。

     
    NordVPNの購入・設定方法

    NordVPNの購入方法・細かい設定を確認したい方は以下の記事にまとめています。

    NordVPNの購入・インストール・設定・使い方完全ガイド【登録までたったの3分】

    NordVPNをTorrent利用のために使いたい方向けに以下の記事にまとめています。

    NordVPNでTorrent(トレント)は使える? 【ノーログVPNをテスト検証】
     

    実際に環境作りをしてみる

    文字が少なく、スクリーンショット多めのより直感的でわかりやすい記事は以下にまとめています。

    Torrent(トレント)を安全にダウンロードできる環境構築まとめ| VPN・クライアント・設定・使い方【完全保存版】
     

    その他Torrent関連


    Torrent関連記事

    Torrentとは

    詳しく

    Torrentの使い方

    詳しく

    ダウンロード手順

    詳しく

    VPNの設定

    詳しく

    VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

    VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

    Torrent Q&A

    Torrentの利用は違法?

    Torrentの利用自体は違法ではありません。

    Torrent本来の目的は異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送をすることです。

    著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

    たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

    以下のようなパブリックドメインのコンテンツの共有は合法です。

    Torrentの合法な使用用途

    • オープンソースソフトウェアの共有
    • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
    • パブリックドメイン
    • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツや著作権利者が権利を放棄しているコンテンツはパブリック・ドメインと呼ばれます。Torrentでパブリックドメインの映画、本、音楽などの共有は完全に合法です。

    VPNを使わないとどうなる?

    VPN接続をしないでTorrentを利用した場合、ユーザーの実際のIPアドレスが接続者全員に共有されるため身元特定や 違法ファイルを誤って共有した場合逮捕に繋がることがあります。

    主に以下のような危険性があります。

    Torrent利用のリスク

     

    Torrentの利用は魅力的なメリットがある反面、使い方を誤ったり自己防衛のためにVPNを使っていないと、著しいプライバシーの侵害などのリスクにも繋がる恐れがあります。

     

    IPアドレスの公開

    Torrentの特性上、ファイル共有者全員に実際のIPアドレスが公開されます。

     

    身元特定

    IPアドレスから氏名や住所など個人を特定できます。

     

    身元特定の2次被害

    身元特定によりなりすまし詐欺や著作権トロール・ハッカーのターゲットになる可能性があります。

     

    違法アップロード

    違法ファイルを誤って共有してしまう可能性があります。

     

    逮捕される可能性

    著作権を侵害するようなコンテンツを誤って共有した場合は逮捕される可能性があります。

     

    ウイルス感染

    悪質なユーザーやハッカーによるマルウェアなどのウイルスをファイルに仕組まれている可能性があります。

    上記の危険性を回避するためにはTorrent VPNを使って、実際のIPアドレスを秘匿するのが効果的です。

     

    どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

    Torrent VPNの必要条件は以下です。
    • 厳格なノーログポリシー
    • IPマスキング(IP匿名化)
    • キルスイッチ
    • P2P接続の公認
    • トラフィックの暗号化
    • 高速ダウンロード速度
    • 匿名な支払い方法

    この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

    これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

    可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

    VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

    上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

    Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

     

    おすすめのTorrent VPNは?

    当サイトでは最高のTorrent VPNとしてNordVPNを強くおすすめしています。

    NordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

     

    無料VPNでもトレントに利用できる?

    無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

    無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

    ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

    匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

    パフォーマンスも低い、利用にも制限が設けられていたり、個人情報を転売したりなど無料VPNの利用にメリットはひとつもありません。

    無料で使えるサービスの対価はあなた自身の個人情報です。

    無料で使っているつもりで、実は利用されています。

    Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。


    ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、NordVPNのような最良のTorrent VPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?【恐ろしいリスク】
     

    VPNはTorrentの速度を速くできる?

    VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

    言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

    TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

    スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

    Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

    VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

    つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。

     

    Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

    インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

    Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

     

    まとめ

    この記事は「Torrentが違法行為になるケースを知りたい」「Torrentで逮捕されるか知りたい」という方向けにTorrentが違法行為にあたるケースを実際の例と一緒に解説しました。

    著作権で保護されたアニメや映画、ゲームなどのコンテンツを無断でアップロード・ダウンロードすることは違法行為になります。

    意図せず違法ファイルに加担してしまうこともあるため、信頼できるTorrent VPNでリスク回避をする必要があります。

    当サイトでは最高のTorrent VPNとしてNordVPNを強くおすすめしています。

    NordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

    参考リンク:
    https://haruta-lo.com/column/trent-arrested/
    https://y-commons.com/torrent/2022-07-29/

    -Torrent(トレント)

    © 2024 VPN info.jp