Torrent(トレント)

ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適なVPNの理由まとめ

読者
どうしてExpressVPNはTorrentの利用に最適と言われているの?

ExpressVPNは最速・セキュリティレベルが高いVPNとして選ばれているのはもちろん、Torrent(トレント)に最適なVPNとしても世界中で使用されています。

Torrentを利用する時には必ずVPNを使ってIPアドレスを秘匿し、セキュリティレベルを高める必要があります。

無数にあるVPNプロバイダの中でもExpressVPNがTorrent利用に最適な理由は数多くあります。

この記事では

ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適なVPNの理由を簡単にまとめました。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: ExpressVPN
コスパTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開
  • 違法アップロード
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

ExpressVPNがTorrent利用に適している理由

ExpressVPNはトレント利用を目的としてテストした中で最高のVPNの1つです。

ExpressVPNがTorrent利用に適している理由

  • Torrentの利用が公認
  • 高速通信
  • ダウンロード速度の制限なし
  • AES-256暗号化
  • リーク保護
  • キルスイッチ
  • 0ログポリシー

ExpressVPNはすべてのサーバー間で無制限のトレントとP2Pファイル共有を許可しており、Torrentの利用が公認されています。

ダウンロード速度を制限されることがなく、ネットワーク内の任意のサーバーを使用してトレントを利用することができます。

ExpressVPNは通信速度も非常に高速で、OpenVPNおよびAES-256暗号化、効果的なリーク保護、信頼性の高いキルスイッチなどの優れた一連のセキュリティ機能を備えており、Torrent利用に適しています。

ココがポイント

ExpressVPNはTorrentの利用を認めている + Torrentを使う上で安全に使えるセキュリティを提供している。

 

リスクなしでExpressVPNを30日間無料トライアル

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、まずは実際に使ってみて、ExpressVPNが自分に合うVPNか確認してみてください!

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


 

ExpressVPNでTorrent利用するメリット

ExpressVPNをTorrent目的で利用するメリット・デメリットは以下です。

メリット

  • すべてのサーバーでP2Pトラフィックをサポートしている
  • 優れた接続速度
  • 無制限の帯域幅
  • 検証済みの0ログポリシー
  • キルスイッチ搭載
  • 業界をリードする暗号化(AES-256、RSA-4096)
  • セットアップが簡単 & 直感的なアプリデザイン

デメリット

  • iOSではキルスイッチをサポートしていない

iPhoneやiPadでTorrentを利用する場合はキルスイッチがないことを留意しておく必要がありますが、大前提としてセキュリティ強度の薄いスマホやタブレットではそもそもTorrentを使うことは賢明ではありません。

 

無制限の帯域幅

ExpressVPNをサブスクした場合は、無制限の帯域幅にアクセスできます。

ExpressVPNでは帯域幅は利用する上での問題になりません。

必要なだけファイルを使用して、必要なだけトレントを利用することができます。
 

サーバーの制限なし

ExpressVPNはTorrent専用のサーバーがありませんが、これはデメリットではありません。

Torrent専用のサーバーの場合、Torrent利用者ですぐに一杯になるため、すべてのサーバーでP2Pの利用を許可しているExpressVPNのほうが有利に働くこともあります。

特定のロケーションを使用しているときに、トレント利用できる量に制限はなく、任意のロケーションで任意のサーバーを自由にトレントに使用できます。

つまり制限なく、好きなサーバーでTorrentが利用できるということです。

もし、サーバーが機能しない場合は、新しいサーバーに切り替えるだけでまたすぐにTorrentを利用できます。
 

超高速

ExpressVPNは、当サイトでテストした中で最速のVPNです。

ExpressVPNが独自開発したLightwayプロトコルにより、通信速度はさらに向上し、接続も安定しています。

自宅近くでトンネリングすると、速度の低下はごくわずかであると予想されます。

海外でトンネリングすると、違いに気付くことはめったにありません。

VPNトップ3通信速度テスト | ExpressVPN、NordVPN、Surfsharkで徹底比較
 

厳格なノーログポリシー

プライバシーに関して、ExpressVPNほど取り組んでいるVPNはほとんどありません。

ExpressVPNは厳格なノーログポリシーを維持することに加えて、プライバシー法が優れている英領バージン諸島に拠点を置いています。

最も重要なことは、英領バージン諸島にはデータ保持法がないことです。

つまりExpressVPNはユーザーデータをログに記録されることなくVPNを使えるということです。

 

トルコでログなしを証明

ExpressVPNはユーザーのセキュリティとプライバシー方針を遵守していることを証明した事例があります。

2017年のアンドレイ・カルロフ大使暗殺(ロシア)の捜査でExpressVPNはログを取っていないことを証明しました。

トルコ当局は、暗殺の容疑者がExpressVPN経由でデータを削除したため、ExpressVPNのサーバーを差し押さえ、容疑者を追跡しようとしました。

しかし、ExpressVPNはログやデータを一切保存しないため、当局は容疑者の情報を何も得ることができませんでした。

セキュリティ
犯罪に利用は絶対にダメですが、これはログが一切記録されないことを証明しました。
 

軍事グレードの暗号化

ExpressVPNは、軍用グレードのAES-256暗号化を使用しています。

おそらく今日利用できる最も強力な暗号化です。

Torrentのようにプライバシー・セキュリティリスクが高い使い方をする場合はExpressVPNを強くお勧めします。
 

ExpressVPNでより安全にTorrentを使える?

ExpressVPNを通してTorrentを利用すればより安全に利用することができます。

上述の0ログポリシー、軍事グレードの暗号化だけでなくExpressVPNを使えばより安全にTorrentを使えるポイントが3つあります。

ポイント

  • キルスイッチ

  • ExpressVPNのソフトに何らかの理由で切断された場合、キルスイッチはインターネット通信接続を自動で遮断します。自動シャットオフすることで、あなたの実際のIPアドレスがトレントネットワークに流出するのを防ぎ、インターネット接続を再開する前にトレントソフトウェアを閉じる時間を確保できます。

  • スプリットトンネル

  • スプリットトンネルは、VPNが適用されるアプリ・ソフトを自分で選択することができる機能です。例えば、YouTubeやNetflixなどのストリーミングサイトは通常のインターネット回線(VPNなし)に接続しながtら、トレントトラフィックだけをVPN経由でルーティングさせることができます。

  • リーク保護

  • VPNがIPアドレスまたはDNS情報を漏らしている場合、Torrent利用をするべきではありません。ExpressVPNはDNSクエリがリークする可能性がある場合でも、DNSクエリを隠しておくことでプライバシーを保護します。これにより、盗聴者はアクセスしているWebサイトを見ることができなくなります。

以上のExpressVPNの特徴、メリット・デメリットを総合すると、ExpressVPNは現在最高峰のTorrent向けVPNであると言えます。

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するだけです。

これにより、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ、違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする場合は違法です。

 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるには、VPNプロバイダが明確な「ログなし」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

もう1つ考慮すべきは接続速度です。

Torrent VPNを使用するときに大きなファイルを共有する可能性があるためです。

また、リークがないことも非常に重要です。

現在、多くのメディア企業はトレントに参加しているIPアドレスを収集できる監視ノードのネットワークを実行しています。

したがって、リーク保護機能を備えたVPNを使用することで、そのリストに載ることを心配する必要がなくなります。

 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

ほとんどの無料VPNは、1日あたり500Mbから1か月あたりわずかに半ギガまでの厳格なデータ上限を制定し、ダウンロード速度を制限するものもあります。

Torrentのような大量のデータを使用する使い方には、無料VPNは向いていません。

またセキュリティ・プライバシー保護の観点でも無料VPNを使うのはリスクが大きいと言えます。

無料VPNの危険性は下記のリンクにまとめております。

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

はい、速くできます!

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると接続が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり、特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は、明らかな理由もなく接続が切断されることがあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなり、接続を制限することも回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため、速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事ではExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適なVPNの理由を簡単にまとめました。

ExpressVPNは全サーバーがP2Pの利用も認めており、Torrentの利用が可能なだけではなく、高速通信、無制限の帯域幅、厳格な0ログポリシー、キルスイッチ、スプリットトンネル、リーク保護等Torrentを利用する上で非常に重大なポイントを押さえています。

Torrent VPNの最高峰をお探しならExpressVPNを強くおすすめします!

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


-Torrent(トレント)
-

© 2022 VPN info.jp