Torrent(トレント)

「VPN接続なし」でTorrentで使うとどうなるの? 【知らないと危険】

読者
VPNに接続しないでTorrentを使うとどうなるの?

この記事は「Torrentを使ってみたい」「Torrent利用にVPNが必要なのかわからない」という方向けです。

Torrentを使ってみたいけどVPNを導入するのは面倒だと思っていませんか?

VPNは種類が多くてどれを選べばいいかわからない、コストがかかるのが嫌だから必要ないといる方は、当記事を最後まで読めばVPNなしのTorrent利用の恐ろしいリスクとVPN導入の必要性に対する疑問が解決できます。

この記事では

VPN接続なしでTorrentを利用する危険性とそれを回避する方法を紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開 : 身元特定
  • 違法アップロード : 著作権の侵害
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上
 

「VPN接続なし」でTorrentで使うとどうなるの?

「VPN接続なし」でTorrentで使うと以下のようなリスクがあります。

Torrent利用のリスク

  • IPアドレスの公開 : 身元特定につながる
  • 違法アップロード : 誤って違法ファイルを共有した場合逮捕されることもある

TorrentはP2Pの技術を使ったファイル共有のプロトコルで、ファイル共有者全員にIPアドレスが公開されます。

IPアドレスはオンライン上の住所のようなもので、IPアドレスから住所や氏名などの個人情報を割り出すことができます。

VPN接続をしないでTorrentを利用した場合、ユーザーの実際のIPアドレスが接続者全員に共有されるため身元特定や違法ファイルを誤って共有した場合逮捕に繋がることがあります。
 

IPアドレスの公開

IPアドレスとは

TorrentはP2Pを利用した、ネットワーク上で共有されるコンテンツの情報を、接続者同士でデータの断片を繋ぎ合わてダウンロードする形式をとります。

Torrent利用中はあなたの IPアドレスは他の接続者に公開され、IPアドレスの公開がTorrent利用最大のリスクです。

IPアドレスとは

IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、またIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求され、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

VPNを使えばあなたのIPアドレスの代わりに VPNサーバーのIPアドレスを表示するので、実際のIPアドレスを秘匿してくれます。

ISPに限らず、しかるべきツールを所有しているハッカーや傍聴者は簡単にIPアドレスからユーザーの身元を特定することができます。

ココがポイント

Torrent利用の最大のリスクはIPアドレスの公開。IPアドレスを秘匿しプライバシーを保護するためにはVPNが必須

 

身元特定のリスク

IPアドレス公開による氏名や住所などの個人情報を特定される主なリスクは以下の3点です。

  • なりすまし詐欺
  • 著作権トロール
  • 誤って違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

なりすまし詐欺

住所や氏名が特定されているため、詐欺集団に顧客リストとして販売されてしまった場合、なりすまし被害のターゲットにされる可能性があります。

警察や架空の企業や人物になりすまして、後ろめたさを突かれたりや言葉巧みに金品を要求されるターゲットになる可能性が十分にあります。

例えば身に覚えのない請求や会員登録などあらゆる手を使って騙そうとしてきます。

著作権トロール

著作権トロールはTorrentなどの違法ファイル共有者を対象に、著作権を自身の著作物の保護のために行使するのではなく訴訟による賠償金獲得を目的として行使する行為のことです。

著作権トロールの一般的な訴訟までの手順は以下です。

  1. Bittorrentネットワーク上で所有する著作権に関連するファイルを監視し
  2. 該当ファイルを共有しているユーザーのIPアドレスを収集
  3. 収集したIPアドレスから片っ端にISPに情報開示を要求しユーザーの身元を割り出す
  4. 著作権侵害で訴えるとファイル共有者に連絡
  5. 和解金を受け取ると訴訟を取り下げる

違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

共有ファイルの中に著作権を侵害するコンテンツが含まれている場合は逮捕される可能性があります。

実際のIPアドレスが接続者に公開されるため氏名や住所が特定されるため、違法ファイルを共有してしまった場合、身元特定されているので警察は逮捕することができます。
 

違法アップロードで逮捕される可能性

VPN接続なしでTorrentファイルを共有すると、共有ファイルの中に著作権を侵害するコンテンツが含まれている場合は逮捕される可能性があります。

繰り返しになりますが、VPN接続をしていない場合は実際のIPアドレスが接続者に公開されるため氏名や住所が特定されるため、違法ファイルを共有してしまった場合、身元特定されているので警察は逮捕することができます。
 

Torrentは必ずアップロードをする

Torrent利用中はたとえダウンロードだけを目的に使用していても、 必ず同時にアップロードをしていることになります。

これはTorrent利用の目的である相互に共有をするためで、ダウンロードだけというのはできず、必ずアップロードも同時にします。

Torrentの利用自体に違法性はありませんが、 著作権や法に触れるものをダウンロード・アップロードしている可能性もあることにご注意ください

違法ファイルをアップロードした場合は著作権侵害になります。

Torrentファイルはダウンロードが終了するまで、ファイル全部の内容を把握することができないため意図せず違法ファイルをアップロードしてしまう可能性もありますが、それは残念ながら言い訳になりません。

違法ファイルを共有しないためにも、.torrentファイルをダウンロードする前にコメントをしっかりと確認しましょう。

安全にTorrent(トレント)を使う方法 | P2P利用のリスクを下げる5つの方法【上級コース】
Torrentの合法な使用用途

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。

以上ではVPN接続なしでTorrentを利用する危険性・リスクについて説明しました。

上記のリスクを回避する唯一の方法はVPNでIPアドレスを秘匿することです。
 

VPNでIPアドレスを秘匿する

Torrent利用最大のリスクはIPアドレスが公開されることで、IPアドレスの公開により 詐欺被害、なりすまし、個人情報の特定などさまざまな被害に遭う可能性が広がります。

そのため実際に使っているIPアドレスをVPN接続により秘匿する必要があります。
 

VPNでIPアドレスを秘匿する

VPNでプライバシー保護

 

VPN接続によりIPアドレスを変更することで、実際のIPアドレスを秘匿化しプライバシー・セキュリティ保護をします。

 

IPアドレスの秘匿

VPNは実際のIPアドレス秘匿します。

 

身元特定に繋がらない

IPアドレスから身元を特定することができなくなります。

 

ハッキングの回避

IPアドレス特定によるサイバー攻撃などを回避できます。

Torrent利用最大のリスクは IPアドレスが公開されることで、IPアドレスの公開により、 詐欺被害、なりすまし、個人情報の特定などさまざまな被害に遭う可能性が広がります。

そのため実際に使っているIPアドレスを秘匿するためにVPNに接続する必要があります。

 
VPNとは?

VPNとは

VPNとはIPアドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、匿名性を保つことができるようにする技術です。

プライバシーやセキュリティを高めてくれるだけでなく、海外のブロックされたコンテンツにアクセスできたり、反対に海外から日本限定のコンテンツにアクセスすることができるようになります。

VPN接続をすることでオンライン活動が暗号化され、匿名性を保ち、ISPや傍聴者からプライバシーの保護、セキュリティの強化に繋がります。

VPNまとめ
 

VPNでIPアドレスを変更する

VPNを使えば、実際に使っているIPアドレスを秘匿し、代わりに VPNサーバーのIPアドレスをTorrent接続者に公開します。

VPNサーバーのIPアドレスが公開されるため、ユーザーの個人情報やIPアドレスから追跡できる情報を特定されることはなくなります。

Torrentを利用したい場合は、IPアドレスを秘匿するためにVPNの使用は必須で、まだVPNを使用していない方は今すぐ導入して安全にTorrentを利用しましょう。

安全にTorrentを利用するためのおすすめTorrent VPNを以下で紹介します。
 

おすすめTorrent VPN

Torrent利用のリスクのほとんどに有効なのがTorrent VPNの導入です。

VPNユーザーの実際のIPアドレスを秘匿することでハッカーや政府当局、ISPからユーザーのオンラインアクティビティを秘匿できるため、VPNを導入すればTorrentを安全に使うことができるようになります。

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

ノーログポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダで、購入から使い始めるまで5分もかかりません。


ランキング

1位. NordVPN

おすすめ度 5.0  

総合力ナンバーワン
最安月額料金 : $3.29(約420円)

 

2位.ExpressVPN

おすすめ度 4.8  

高速通信
最安月額料金 : $6.67(約768円)

 
Torrent VPNの必要条件
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

 

NordVPNはTorrent VPNとして最適

当サイトではNordVPN、ExpressVPNの2つをベストTorrent VPNとしておすすめしています。

特にNordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

二重暗号化、キルスイッチ、DNS漏れブロッキング、厳格なノーログポリシー、P2P専用サーバーのおかげで、安全にTorrentを利用できます。

TorrentをサポートしているP2P専用サーバーは米国、英国、その他世界中に数百あり、より安全にTorrentを利用したい方に最適なプロバイダです。

またVPN側でトレントのトラフィックを検出すると、自動的に現在地から最適なP2Pサーバーに接続するため、非常に簡単で初心者にも使いやすいです。

NordVPNはキルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なノーログポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も完全なTorrent VPNを提供していると結論づけました。

通常$11.99(約1378円) ですが、今なら最大66%OFFの割引で月額たったの$3.29(約420円)から利用できる超お得なキャンペーン実施中です。


NordVPNは全プラン通じて30日間の返金保証により全額返金できますので、まずはお使いのデバイス・環境に適しているかを無料トライアルで試してみましょう。

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!

当サイトNo.1 Torrent VPN

 

ブラックフライデー割引中

NordVPN - コスパよく最高品質のTorrent VPNを今すぐ入手

 

NordVPNはユーザーの身元特定に繋がらない「厳格なノーログポリシー」に、強力なプライバシー保護の「キルスイッチ」と「スプリットトンネル」を提供しているため最も安全かつコスパよくTorrentを利用できます。今だけ月額$11.99(約1378円) →$3.29(約420円)【キャンペーン実施中】30日間の返金保証により、全てのプランで無料トライアルができます。

 

 

無料VPNは絶対に使わない

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?
 

その他Torrent関連

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。
 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

Torrent VPNの必要条件は以下です。
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

Torrent(トレント)VPNに必要な機能まとめ
 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事ではVPN接続なしでTorrentを利用する危険性とそれを回避する方法を紹介します。

VPN接続なしでTorrentを利用すると「なりすまし詐欺」「著作権トロール」「誤って違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性」のようなリスクがあります。

これらのリスクを回避する方法は「VPN接続によりIPアドレスを秘匿し、身元特定を防ぐ」です。

逮捕や和解金を支払ったり、詐欺被害に遭うリスクやストレスを考えれば、当記事で紹介したベストTorrent VPN NordVPNを使って安全にプライバシー保護をしたほうがいいとは思いませんか?

VPNの導入を検討されている方やTorrentをこれから始めたいという方は必ずTorrentのリスクを把握し、IPアドレスを秘匿するためにVPNを使用しましょう。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.29(約420円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

-Torrent(トレント)

© 2022 VPN info.jp