Torrent(トレント)

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ

読者
Torrentのダウンロードが遅いけど、どうしたらいいの?

この記事は「Torrentのダウンロードが進まない」「どうしてダウンロードが遅いの?」という方向けです。

インターネット速度が正常にもかかわらず、Torrent(トレント)のダウンロードが遅くてお困りでしょうか?

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因は、お使いのデバイス・クライアント・インターネット環境・Torrentファイル等さまざまな要因によって引き起こされます。

実はTorrentクライアントの設定を少し変更したり、Torrent VPNを使用することでTorrentのダウンロード速度を改善することができるのをご存知でしょうか。

この記事では

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法を徹底的に紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開 : 身元特定
  • 違法アップロード : 著作権の侵害
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

Torrentのダウンロードが遅い原因

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因は、お使いのデバイス・クライアント・インターネット環境・Torrentファイル等さまざまな要因によって引き起こされます。

ISP(インターネットサービスプロバイダ)がブロックやスロットリングをしている場合は、設定だけでは速度の回復は見込めないためVPNのような外部ツールを使用する必要があります。

主なTorrent(トレント)のダウンロードが遅い原因は以下です。

主なTorrentのダウンロードが遅い原因

  • ルーターのポート転送の問題
  • トレントクライアント設定の帯域幅上限
  • シードが不十分なTorrent
  • ファイアウォールによるP2P接続のブロック
  • 暗号化設定によるピアの減少
  • ダウンロード速度の誤算
  • ISPによるBitTorrentデータのブロック/スロットリング

ISPによるBitTorrentデータのブロック/スロットリング

Torrentのようにファイル共有する場合は大量の帯域幅を使用することになり、帯域幅にはお金がかかります。

したがって、多くのISPはTorrent速度を制限することでコストカットをする傾向にあります。

ココがポイント

インターネット速度が高速にもかかわらずTorrentのダウンロードが遅い場合はISPがファイル共有を制限しているため

コラム

Sandylineはグローバルな帯域幅使用統計を示す定期的なレポートを公開しており、ファイル共有(特にアップストリーム帯域幅)は一貫して帯域幅の占有している主な要素です。

北米(2010年) –すべてのアップストリームトラフィックの53.3%がファイル共有に関連していました。
ヨーロッパ(2015年) –アップストリーム帯域幅の39.95%がトレント/ファイル共有によるものだとわかりました。

ISPはネットワーク上でTorrentが使用する帯域幅の量を減らすための以下の2つの措置を講じています。
 

措置1. ブロッキング

一部のISPは必須のトレントポート(6881-6889など)を完全にブロックしているため、ユーザーがトレントをシード(アップロード)することを事実上不可能にします。

さらに、ISPによってはTorrentサイト自体へのアクセスをブロックするケースもあります。
 

措置2. スロットリング

スロットリングはネットワーク上の特定の種類のデータをフィルタリングし、アクセスできる速度(帯域幅)を意図的に制限する手法のことです。

スロットリングとは

多くのISP(インターネットサービスプロバイダ)は、Torrent(トレント)やオンラインゲーム、オンライン電話等による膨大な量の帯域幅を検出すると、帯域幅を抑制するために意 図的にインターネット速度を低下させます。

VPNに接続することでISPはユーザーの行動を把握できなくなり、P2Pや帯域幅を多く使用するアクティビティを検出できなくなるためスロットリングを回避できます。

通常、次のような高帯域幅のデータストリームに適用されます。

スロットリングの対象

  • TorrentのようなP2P、ファイル共有
  • Skype、Zoomのようなビデオ電話
  • Netflix、Youtubeのようなストリーミング

接続速度が10mpbs以上であっても、YouTubeビデオが常にバッファリングされているか、低解像度で実行されていることがありませんか?

それはISPによりあなたの通信速度が制限されているためです。
 

Torrentのダウンロード速度改善のための対処法

Torrentのダウンロード速度改善のための対処法は以下です。

対処法

  • Torrentクライアントの設定の見直し
  • シード数が十分なTorrentファイルに切り替える
  • ファイアウォールの設定を変更
  • ルーター・パソコン等のデバイスの再起動
  • Torrent VPNの導入

Torrentダウンロードが遅い原因は多かったですが、対処法の数は少ないです。

それはTorrentクライアント・ファイル、ファイアウォールの設定変更以外はTorrent VPNを利用することでだいたい解決できるためです。

各詳細は以下で説明します。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.29(約420円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

 

Torrentクライアントの設定の見直し

速度制限による高速化

アップロードとダウンロードの速度を制限することで、qBitTorrent、BitTorrent、uTorrentなどのクライアントではTorrentのダウンロードを高速化することもできます。

しかし、Torrentの仕組みは各ユーザーがアップロードすることで成立していることを理解する必要があります。

アップロード自体を完全にオフにする、1kB/sに設定することは賢明なオプションではありません。

反対にアップロードレートを最大に設定することは望ましくなく、アップロードレートが大きすぎる故に接続が切断されるなど異なる問題が発生する可能性があります。
 

アップロード・ダウンロードレートの目安

Torrentダウンロードを高速化するためには、アップロードレートを最大アップロード速度の約70〜80%に設定することです。

一方、ダウンロードレートは最大の "♾" のままでもかまいません。

設定方法は、[プロパティ]から[帯域幅]を選択し、グローバルアップロードレート制限を最大アップロードの80%にします。
 

Torrentクライアントの変更

Torrentのダウンロードが遅い時はクライアントが原因のこともよくあります。

以下の記事におすすめのTorrentクライアントをまとめています。

無料で使えるTorrent(トレント)クライアント ランキング【2022年】

ココがポイント

Torrentクライアントの設定やクライアントを変更すれば速度が改善することがある。

 

シード数が十分なTorrentファイルに切り替える

Torrentの仕組み上、ファイルを配布しているSeederがいない場合(seed 0)、いくら時間を掛けてもダウンロードは進みません。

何もないところからダウンロードすることができないためです。

Torrentクライアント上でSeedの数は確認できますが、同様にTorrentサイトでもダウンロードする前に確認できるため、事前にSeed数を確認しておきましょう。

同じファイルでもSeedの数が多ければ、ダウンロード速度が改善されさくっとダウンロードできることはよくあります。

Seedの数が低い場合は、Seedの数が多い代替ファイルを見つけましょう。

Seedの数は日や時間帯によっても変わるため、時を図ってTorrent利用するのも方法ではありますが、実用的ではありません。

ココがポイント

Seedの数が多い.torrentファイルに変更すれば速度が改善することがある。

 

ファイアウォールの設定を変更

ファイアウォールがP2P接続をブロックしているためにダウンロードが進まないというのはよくある原因のひとつです。

ファイアウォールの設定を開き、現在使用しているTorrentクライアントと外部との通信を許可しているか確認しましょう。

多くのTorrentクライアントは手動で別途設定する必要はありませんが、ソフトによっては手動で設定する必要があるものもあります。

またファイアウォール以外のセキュリティソフトを導入している場合は、ソフト内の設定を変更する必要があるかもしれないため確認してください。

ココがポイント

ファイアウォールの設定でTorrentの通信を許可しているかを確認しましょう。

 

各デバイスの再起動

Torrentのダウンロードが通常よりも遅いと感じる場合は、まずはお使いの各デバイス(パソコン・タブレット・スマホ・ルーター・モデム等)を再起動することも有効です。

デバイスの一時的なメモリ不足やルーターの不具合等、様々な原因が考えられますが、デバイスの再起動によってTorrentのダウンロード速度が改善することはよくあることです。

再起動することでコンピューターが必要な更新を実行し、RAMが解放されることで最適に動作するようになることがあるので、決まり文句になりますが、まずはリスタートをしてみてください。

ココがポイント

Torrentに限らず、再起動で解決することは多いです。

 

Torrent VPNの導入

上述の対処法でもTorrentのダウンロード速度が改善しない場合はTorrent VPNの導入を検討しましょう。

 
VPNとは?

VPNとは

VPNとはIPアドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、匿名性を保つことができるようにする技術です。

プライバシーやセキュリティを高めてくれるだけでなく、海外のブロックされたコンテンツにアクセスできたり、反対に海外から日本限定のコンテンツにアクセスすることができるようになります。

VPN接続をすることでオンライン活動が暗号化され、匿名性を保ち、ISPや傍聴者からプライバシーの保護、セキュリティの強化に繋がります。

VPNまとめ

Torrent VPNの導入によって解決できる原因は以下です。

  • ISPによるBitTorrentデータのブロック/スロットリング
  • ルーターのポート転送の問題
  • 暗号化設定によるピアの減少

上述の対処法が有効でないケースのほとんどはISPがあなたの通信速度を制限(スロットリング)しているためです。

これはユーザーからISPの相談窓口に問い合わせてをしても取りつく島もないケースがほとんどで、唯一の解決策がTorrent VPNの導入です。

おすすめTorrent VPNランキングは当記事下部に記載しております。
 

ISPのスロットリングを回避

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると接続が抑制されます。

そこでVPNの出番です。

VPNを使えば全てのオンライン活動を暗号化しますので、ISPはユーザーがオンラインで何をしているか把握できなくなります。

ISPはユーザーがオンラインでTorrentを利用していることを検出できなくなるため、通信速度を制限することもありません。

VPN接続なしでTorrentを利用するときに比べると、ISPによるスロットリングがなくなるため、ダウンロード速度が遅くなりません。

ココがポイント

Torrent VPNを導入すればISPがTorrent・その他のスロットリング対象の活動を検出できなくなり、速度制限を回避できる!

 

ポート転送問題の解決

Torrentが500kb/s未満のように非常に遅い場合は、ポート転送が問題かもしれません。

Torrentクライアントがルーター設定で使用するポートを手動で転送しない場合、ルーターは着信データパケットの送信先を認識できず、Torrent速度が大幅に低下します。

ポート転送は放置できない問題であり、ルーターがコンピューターに新しい内部IPアドレスを割り当てるたびにポート転送を再構成する必要があります。

幸いなことに、VPNを導入すればポート転送の問題を完全に排除してくれます。

ほとんどのルーターには「VPNパススルー」と呼ばれる機能があり、VPN接続を干渉することなくルーターを直接通過させることができます。

VPN接続はトンネルのようなものであり、すべてのTorrentデータはトンネルの中にあり、データはコンピュータに直接ルーティングされるため速度が低下することはありません。

ココがポイント

しち面倒なポート転送の問題もTorrent VPNを導入するだけで即解決!

 

暗号化設定によるピアの減少を解決

ほとんどのTorrentクライアントには暗号化が組み込まれています。

VPNのように強固でない軽度の難読化のものは単純なスロットリングアルゴリズムをだますように設計されているだけです。

Torrentクライアントで暗号化された接続を強制することの欠点は、暗号化されていないピアが接続できないことで、ピアの可用性が制限され速度の制限に繋がります。

対処法としてはTorrent VPNの導入です。

Torrent VPNはピアが暗号化をサポートしているかどうかに関係なく接続を暗号化するため、ピアの可用性を制限しません(ダウンロード速度を下げません)。

ココがポイント

VPNを導入すればピアの可用性を下げないため、速度の減少もありません。

 

Torrent VPN導入はセキュリティ上必須アイテム

Torrent VPNはTorrentのダウンロード速度を改善するためだけではなく、実はセキュリティ上必須のアイテムです。

TorrentはP2P(ピアツーピア)という技術を使用し、P2Pの特性によりTorrentユーザーはリスクを負います。

P2P接続では同じTorrentファイルを共有しているユーザー間にIPアドレスが表示されるため、 法務執行機関やハッカーに身元特定などをされるリスクがあります。

IPアドレスとは

IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、またIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求され、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

VPNを使えばあなたのIPアドレスの代わりに VPNサーバーのIPアドレスを表示するので、実際のIPアドレスを秘匿してくれます。

IPアドレスが特定されることで、なりすましや 著作権で保護された素材を謝ってダウンロード・アップロードしていた場合は最悪逮捕に繋がることもあります。

Torrent VPNの導入がTorrentを利用する上で必須の理由は以下の記事に詳しくまとめています。

Torrent(トレント)利用に「VPNが必須」な理由

ココがポイント

VPNはTorrent利用ではマストのセキュリティ強化アイテムなので導入は必須。

 

おすすめTorrent VPN

Torrent利用のリスクのほとんどに有効なのがTorrent VPNの導入です。

VPNユーザーの実際のIPアドレスを秘匿することでハッカーや政府当局、ISPからユーザーのオンラインアクティビティを秘匿できるため、VPNを導入すればTorrentを安全に使うことができるようになります。

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

ノーログポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダで、購入から使い始めるまで5分もかかりません。


ランキング

1位. NordVPN

おすすめ度 5.0  

総合力ナンバーワン
最安月額料金 : $3.29(約420円)

 

2位.ExpressVPN

おすすめ度 4.8  

高速通信
最安月額料金 : $6.67(約768円)

 
Torrent VPNの必要条件
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

 

NordVPNはTorrent VPNとして最適

当サイトではNordVPN、ExpressVPNの2つをベストTorrent VPNとしておすすめしています。

特にNordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

二重暗号化、キルスイッチ、DNS漏れブロッキング、厳格なノーログポリシー、P2P専用サーバーのおかげで、安全にTorrentを利用できます。

TorrentをサポートしているP2P専用サーバーは米国、英国、その他世界中に数百あり、より安全にTorrentを利用したい方に最適なプロバイダです。

またVPN側でトレントのトラフィックを検出すると、自動的に現在地から最適なP2Pサーバーに接続するため、非常に簡単で初心者にも使いやすいです。

NordVPNはキルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なノーログポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も完全なTorrent VPNを提供していると結論づけました。

通常$11.99(約1378円) ですが、今なら最大66%OFFの割引で月額たったの$3.29(約420円)から利用できる超お得なキャンペーン実施中です。


NordVPNは全プラン通じて30日間の返金保証により全額返金できますので、まずはお使いのデバイス・環境に適しているかを無料トライアルで試してみましょう。

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!

当サイトNo.1 Torrent VPN

 

ブラックフライデー割引中

NordVPN - コスパよく最高品質のTorrent VPNを今すぐ入手

 

NordVPNはユーザーの身元特定に繋がらない「厳格なノーログポリシー」に、強力なプライバシー保護の「キルスイッチ」と「スプリットトンネル」を提供しているため最も安全かつコスパよくTorrentを利用できます。今だけ月額$11.99(約1378円) →$3.29(約420円)【キャンペーン実施中】30日間の返金保証により、全てのプランで無料トライアルができます。

 
 

その他Torrent関連

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。
 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

Torrent VPNの必要条件は以下です。
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

Torrent(トレント)VPNに必要な機能まとめ
 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事ではTorrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法を徹底的に紹介しました。

Torrentクライアント・ファイル、ISPによる通信制限速度などさまざまな要因でダウンロード速度が遅くなる可能性があります。

設定を変更したり、ファイルを切り替えることで解決する場合もありますが、ISPによるスロットリングなどはTorrent VPNの導入によってのみ解決できます。

Torrentの利用は逮捕のようなリスクもあるので、VPNの導入はセキュリティ上必須です。

当サイトおすすめのベストTorrent VPN NordVPNを使って安全にTorrentを利用しましょう。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.29(約420円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

-Torrent(トレント)

© 2022 VPN info.jp