【広告】

Torrent(トレント)

Torrent(トレント)とは? 安全? 違法?

読者
Torrent(トレント)って何? 安全? 違法?

この記事は「Torrentとは何?」「Torrentは危ないと聞いたけど興味がある」という方向けの記事です。

Torrent(トレント)はファイル共有に便利でダウンロードが高速なことから様々な目的で世界中で利用されているP2Pのファイル共有プロトコルのことです。

共有ファイルの中には 著作権を侵害するような違法ファイルが含まれていることも頻繁にあるため、利用には細心の注意を払う必要があります。

この記事を最後まで読めば、安全にTorrentの利用を始めることができるようになります。

後で記事を読んだり、見直したりすためにも当記事をぜひブックマークしてご活用ください。

この記事では

Torrentについて深く掘り下げ、Torrentとは何か、安全か、違法か、よくある質問の回答、安全に使う方法を紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN : NordVPN

  • Torrent情報総まとめ : Torrentの始め方完全ガイド
  • Torrent環境構築まとめ : Torrentの環境構築完全ガイド
  • TorrentにVPNが必須な理由

    Torrent利用の危険性

    Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

    Torrent利用の危険性

    • IPアドレスの公開

      身元特定

    • 違法アップロード

      著作権侵害

    • ウイルス感染

      マルウェア

     

    VPNでリスク回避

    上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

    詳細は以下のリンクにまとめています。

     

    関連記事

    この記事はこんな人が書いています

    こんな人が書いています

  • 2013年からVPNを継続して利用中
  • 2017年から海外メディアのVPN記事の専属ライター
  • 20社以上のVPNプロバイダを自費購入でレビュー・比較済み
  •  

    Torrentとは?

    まずはTorrent(トレント)の概要、仕組み、接続方法、利用用途を簡単に説明します。
     

    Torrentとは?

    TorrentとはP2P接続により、BitTorrentネットワークを介してユーザー同士がデバイスを通して直接ファイルをダウンロードおよびアップロードするクライアントソフトのことです。

    BitTorrent以外にもμTorrentやqBittorrentなどクライアントソフトは多様ですが、いずれもコンセプトは同じです。

    ココがポイント

    TorrentとはBitTorrentネットワークを介してユーザー同士が直接ファイルをダウンロードおよびアップロードする行為のこと。

     

    Torrentの仕組み

    Torrentの仕組みはクライアントソフトを通じて、接続者同士が直接デバイスからファイルデータを送受信するものです。

    中央サーバーからファイルをダウンロードするのとは異なり、ダウンロードしたいファイルの全部または一部を所有する 複数のユーザーから断片化されたファイルをかき集めて、最終的にひとつのファイルとして復元します。

    ダウンロードをしたTorrentユーザーは、他のユーザーが同様にダウンロードできるように自分のデバイスからも自動的にファイルをアップロードします。

    Torrentネットワークは効率的な転送と負荷の分散を目標としているため、全てのユーザーができるだけ長く接続を続け、シード状態を保つ事が本来の望ましいとされています。

    シードが0の場合、復元できる情報を集めることができないためダウンロードは原則的に完了しません。

    ここで注意していただきたいのは、Torrentはダウンロードを一方的にするのではなく分散を目的としているため、アップロードも必ず同時に行なっているという点です。

    この点をしっかり理解していないと、トラブルや 最悪の場合逮捕ということがあります。

    ココがポイント

    Torrentファイル共有者は必ずダウンロードとアップロードを同時にしている。

     

    BitTorrentへの接続方法

    BitTorrentネットワークに接続するにはTorrentクライアントが必要です。

    Torrentクライアントは.torrentファイルを効率よく高速で共有をするために使われるソフトです。

    ココがポイント

    BitTorrentに接続するにはTorrentクライアントが必要。

     

    Torrentの利用用途

    Torrentは大きい容量のファイルを高速でユーザーに共有するために利用されています。

    企業や組織が複数のユーザーに効率的にファイルを配布したり、個人で作品を公開するために使われたりしています。

    よく、映画、ゲーム、音楽、ソフトウェアなど著作権で保護されているファイルの共有に使用されるため、 著作権侵害と関連付けられることがよくあります。

    ただし、Torrentの本来の目的は「ホストの負担をユーザー間で分散することで集中型サーバーの負荷を軽減すること」です。

    Torrentの違法性については後述します。

    BitTorrent詳細

    BitTorrentプロトコルは、NapsterやLimewireのような集中型サービスの終焉後、世界で最も人気のあるP2Pファイル共有メディアになりました。

    集中型サービスとは異なり、TorrentはユーザーがTorrentファイルとマグネットリンクを検索してダウンロードできるようにするトラッカーを除いて、ほぼ完全に分散化されています。

    Torrentファイルとマグネットリンクは、目的のファイルをホストしているがダウンロード用のファイルを実際にはホストしていない、ネットワーク上の他のユーザーを見つけるために使用されます。

    以上がTorrentの概要と仕組みです。

    以下では、Torrentを使うメリット・デメリットについて解説します。
     

    Torrentのメリット・デメリット

    Torrentのメリット

    Torrentのメリット

     

    Torrentによるファイル共有は負荷の分散・高速など魅力的なメリットがあるため世界中で利用されています。

     

    負荷の分散

     

    複数のサーバー・パソコンにファイルを分散し、負荷も分散します。

     

    高速でファイル共有

     

    複数の端末から同時にファイルをダウンロードできるため、高速でファイル共有ができます。

     

    サーバーに依存しない

     

    ひとつのサーバーに依存しないので、ファイルが消える心配がありません。

    Torrentのメリットは複数のサーバー・パソコンにファイルを分散することで、負荷を少なくし効率よく高速でファイルデータを共有ができることです。

    容量の大きいファイルをひとつのサーバーに負担をかけすぎないために、複数に分散することで、負担も分散するように設計されています。

    また中央サーバーがないため、とあるサーバーからファイルが削除されても、 データを保持しているユーザーが存在する限りファイルを復元することが可能です。

    ココがポイント

    Torrentのメリットは容量の大きいファイルでも効率的に高速で共有できる。

     

    Torrentのデメリット

    Torrent利用のリスク

     

    Torrentの利用は魅力的なメリットがある反面、使い方を誤ったり自己防衛のためにVPNを使っていないと、著しいプライバシーの侵害などのリスクにも繋がる恐れがあります。

     

    IPアドレスの公開

    Torrentの特性上、ファイル共有者全員に実際のIPアドレスが公開されます。

     

    身元特定

    IPアドレスから氏名や住所など個人を特定できます。

     

    身元特定の2次被害

    身元特定によりなりすまし詐欺や著作権トロール・ハッカーのターゲットになる可能性があります。

     

    違法アップロード

    違法ファイルを誤って共有してしまう可能性があります。

     

    逮捕される可能性

    著作権を侵害するようなコンテンツを誤って共有した場合は逮捕される可能性があります。

     

    ウイルス感染

    悪質なユーザーやハッカーによるマルウェアなどのウイルスをファイルに仕組まれている可能性があります。

    高速でファイル共有ができたり、サーバーに依存しないためデータの保持に役立つ、自己コンテンツの配布に役立つTorrentですが、利用方法には十分に注意する必要があります。

    Torrentネットワークに接続中はIPアドレスが、ファイル共有者全員に公開されるため 身元特定などプライバシー侵害のリスクがあります。

    また誤って著作権で保護されているコンテンツを共有してしまうと著作権侵害に当たります。

    故意ではないにしろ著作権侵害にあたる行為をしてしまった場合、 起訴や逮捕などの可能性も十分にあるため、後述するTorrent VPNでIPアドレスを秘匿し身元を秘匿する必要があります。

    ココがポイント

    Torrentを安全に利用するためにはTorrent VPNの利用が必須。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

    Torrentのデメリットで、著作権侵害について触れていますが、Torrentの利用は違法なのでしょうか?
     

    Torrentは違法?

    読者
    トレントは合法? 違法?

    よく誤解されがちですが、Torrent(トレント)自体は違法ではありません。

    著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードすることが違法です。

    Torrentの利用が合法の場合と違法の場合のケース分けは以下です。

    • パブリックドメインの共有→合法
    • 著作権で保護されたコンテンツの共有→違法

    詳しくは以下で説明します。
     

    パブリックドメインの共有は合法

    著作権が切れた書籍・映画・ドラマなどはパブリック・ドメイン(=Public Domain)と呼ばれます。

    パブリック・ドメインは著作権利者が権利を放棄していたり、存在しない作品のため誰でも共有できるファイルです。

    つまり、Torrent(トレント)でパブリックドメインのファイルを共有するのは合法です。
     

    著作権で保護されたコンテンツの共有は違法

    著作権で保護されていないパブリックとは反対に、Torrent(トレント)を動画、映画、ゲーム、音楽、ソフトウェアなど著作権で保護されているファイルの共有に使用する場合は 違法です。

    著作権利者に無断で著作物を公開・配布しているため著作権侵害に当たります。

    Torrent利用中はどのコンテンツが合法または違法かを即時に判断することは難しく、一部はグレーゾーンのため無意識のうちに法を犯している可能性も十分にあり得ます。

    誤って著作権で保護されたコンテンツをダウンロードして、起訴・逮捕されないためにはTorrent VPNを使ってIPアドレスを秘匿して匿名性を高める必要があります。

    おすすめTorrent VPN : NordVPN

     

    Torrentサイト

    Torrent(トレント)サイト(=トラッカーサイト)はすでに共有されている情報を見つけてまとめているだけであり、著作権で保護されたコンテンツを「自分」のサーバーで違法にホストしていないと主張します。

    BitTorrentプロトコル同様、ユーザーの利用方法次第という主張です。

    主要なTorrentサイトの多くは、「サイトが違法コンテンツの利用を推奨している」と作成者や配布者から厳しい法的監視を受けています。

    注意ポイント

    vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。著作権で保護されたコンテンツを許可なくダウンロードする前に、法律、被害者、著作権侵害のリスクを考慮してください。必ず自己責任でお願いいたします。
    責任の行方

    最終的に、責任はユーザー、個人のコンピューターでファイルをホストし、映画、ゲーム、ソフトウェア、音楽、電子書籍などをダウンロードおよびアップロードする何百万もの個人に移ります。

    同じトラッカーに接続しているユーザーはピアと呼ばれ、2つのカテゴリに分類されます。

    ピアの分類

    1. ヒル
    2. .torrentファイルまたはマグネットリンクを使用して、ファイルを既に持っているネットワーク上の他のユーザーからファイルをダウンロードしているユーザー。

    3. シード
    4. すでにファイルを持っているこれらのユーザー。

    ヒルがファイル(またはファイルの一部)のダウンロードを終了すると、ヒルはシードになり、他のヒルが自分のコンピューターからファイルをダウンロードできるようになります。

    原則として、ヒルと同じくらい多くのシードになることは適切な海賊行為のエチケットと見なされています。

    Torrentとは? 使い方/ダウンロード方法/逮捕される?/違法/危険性/用語【完全ガイド】
     

    違法薬物で例えてみると

    著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロード目的のTorrent利用は違法薬物の役割で説明できます。

    ポイント

    • ヒル:薬物利用者(エンドユーザー)
    • シード:薬物生産者(メーカー)
    • Torrentサイト:マーケット

    法務執行機関は薬物生産者を第一優先順位、利用者を第二順位で可能ならば突き止めたいです。

    マーケットはすべての取引が行われる場所ですが、マーケット自体が薬物を所有・生産しているわけではないという主張をしています。

    トラッカーサイト

    「トラッカー」は、BitTorrentネットワーク上のファイルにインデックスを付ける検索エンジンのようなものです。

    トラッカーはプライベートでもパブリックどちらでも問題なく、前者の場合は通常、既存のメンバーからの招待が必要です。
     

    パブリックトラッカー

    ThePirateBay、KickassTorrentsはよく知られているパブリックトラッカーです。

    ログインしたり、認証を必要とせずに、誰でもそれぞれのWebサイトにアクセスして検索できます。

    同様に、誰でも他のユーザーがダウンロードできるようにファイルをアップロードできます。

    アップロードは承認依頼の対応(=監査)がないため、ユーザーはコメントとアップロード主の評判に基づいて、ファイルのダウンロードが 安全で正確かどうかを判断する必要があります。

    注意ポイント

    パブリックトラッカーで配布されるファイルにはマルウェアやウイルスを忍ばせていることがありますので、他のユーザーのコメントなどを参考にしましょう。
     

    プライベートトラッカー

    プライベートトラッカーはグループ内で誰がアップロードでき、誰がダウンロードできるかを管理している点で、パブリックトラッカーに比べると排他的です。

    プライベートトラッカーの多くのメンバーは、ファイルの品質が高く、ダウンロードが速く、保存期間が長く、全体的に一貫性があり安全なエクスペリエンスを提供していることを証明しています。

    法律の上では、プライベートトラッカーもパブリックトラッカーも同一のものとみなしています。

    インターネットの著作権侵害は、パブリック・プライベートグループにかかわらず、 著作権侵害です。
     

    注意!

    当サイトでは著作権で保護されたコンテンツのためにTorrentを利用することを推奨しておりません。

    Torrent自体の利用に違法性は全くありませんが、著作権で保護されたコンテンツを無断でアップロード・ダウンロードする行為は違法です。

    Torrent(トレント)が違法になるケース| 逮捕される条件や自己防衛の方法
     

    パブリックドメインのトラッカーサイト

    以下では著作権のないパブリックドメインのコンテンツを配布しているトラッカーサイトをまとめています。

    著作権がない、放棄しているコンテンツのため、安心してTorrentを共有いただけます。

    完全合法にTorrentを利用できるトラッカーサイトまとめ【パブリックドメイン】
     

    IPアドレスを秘匿して匿名性を高める

    ISP(インターネットサービスプロバイダ)とBitTorrentネットワークを監視している著作権トロールは、ユーザーが違法なTorrent利用をしていると証拠を押さえた場合に行動を起こすことができます。

    警告の手紙やインターネット接続速度の抑制(スロットリング)から法的措置の可能性にまで及びます。

    デジタルプライバシーを意識したTorrent利用者は、VPNサービスを使用してオンライン活動履歴をISPから隠すことで自己防衛をしています。

    後述しますが、Torrent利用に適したVPN(NordVPN等)を使用することでISPに活動履歴を把握されなくなります。

    Torrent VPNの必要性とおすすめのTorrent VPNは以下で説明します。

    ココがポイント

    Torrent自体は違法ではないが、著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードすることは違法

    Torrent(トレント)が違法になるケース| 逮捕される条件や自己防衛の方法
     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

     

    Torrentは安全?

    Torrent(トレント)利用の危険性は大きく3つあります。

    Torrent利用の危険性

    • IPアドレスの公開

      身元特定

    • 違法アップロード

      著作権侵害

    • ウイルス感染

      マルウェア

    逮捕・起訴・賠償金、身元特定など、Torrentのリスクを知らずに使うのは大変危険ですので、しっかりと危険性を認知しておきましょう。
     

    IPアドレスの公開

    Torrent(トレント)はP2Pを利用した、ネットワーク上で共有されるコンテンツの情報を、接続者同士でデータの断片を繋ぎ合わてダウンロードする形式をとります。

    Torrent利用中はあなたの IPアドレスは他の接続者に公開され、IPアドレスの公開がTorrent利用最大のリスクです。

    IPアドレスとは

    IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

    IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、またIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求され、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

    VPNを使えばあなたのIPアドレスの代わりに VPNサーバーのIPアドレスを表示するので、実際のIPアドレスを秘匿してくれます。

    ISPに限らず、しかるべきツールを所有しているハッカーや傍聴者は簡単にIPアドレスからユーザーの身元を特定できます。

    ココがポイント

    Torrent利用の最大のリスクはIPアドレスの公開。IPアドレスを秘匿しプライバシーを保護するためにはVPNが必須

     

    身元特定のリスク

    IPアドレス公開による氏名や住所などの個人情報を特定される主なリスクは以下の3点です。

    • なりすまし詐欺
    • 著作権トロール
    • 誤って違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

    各詳細は以下をクリックしてお読みください。

    なりすまし詐欺

    住所や氏名が特定されているため、詐欺集団に顧客リストとして販売されてしまった場合、なりすまし被害のターゲットにされる可能性があります。

    警察や架空の企業や人物になりすまして、後ろめたさを突かれたりや言葉巧みに金品を要求されるターゲットになる可能性が十分にあります。

    例えば身に覚えのない請求や会員登録などあらゆる手を使って騙そうとしてきます。

    著作権トロール

    著作権トロールはTorrentなどの違法ファイル共有者を対象に、著作権を自身の著作物の保護のために行使するのではなく訴訟による賠償金獲得を目的として行使する行為のことです。

    著作権トロールの一般的な訴訟までの手順は以下です。

    1. Bittorrentネットワーク上で所有する著作権に関連するファイルを監視し
    2. 該当ファイルを共有しているユーザーのIPアドレスを収集
    3. 収集したIPアドレスから片っ端にISPに情報開示を要求しユーザーの身元を割り出す
    4. 著作権侵害で訴えるとファイル共有者に連絡
    5. 和解金を受け取ると訴訟を取り下げる

    逮捕される可能性

    共有ファイルの中に著作権を侵害するコンテンツが含まれている場合は逮捕される可能性があります。

    著作権で保護されたアニメや映画、ゲームなどのコンテンツを無断でアップロード・ダウンロードすることは違法行為です。

    民事的に違法の場合、損害賠償責任を負い、刑事的に違法の場合、逮捕、起訴され前科が付くということもあります。

    実際のIPアドレスが接続者に公開されるため氏名や住所が特定されるため、違法ファイルを共有してしまった場合、身元特定されているので警察は逮捕できます。

     

    違法アップロード

    Torrent(トレント)利用中はたとえダウンロードだけを目的に使用していても、 必ず同時にアップロードをしていることになります。

    これはTorrent利用の目的である、共有をするためで、ダウンロードだけというのはできず、必ずアップロードも同時にします。

    Torrentの利用自体に違法性はありませんが、 著作権や法に触れるものをダウンロード・アップロードしている可能性もあることにご注意ください

    著作権で保護された作品のアップロード、作品のデータを送信可能な状態に置いておく行為は著作権侵害にあたります。

    この点を理解せずに利用していると、 最悪の場合逮捕もあり得ますのでしっかりと心に留めておきましょう。

    Torrentの性質上、ダウンロードが完了するまでファイルの中身を完全に把握することはできません。

    つまり、知らないうちに著作権侵害に加担している可能性もあります。

    Torrent(トレント)が違法になるケース| 逮捕される条件や自己防衛の方法
     

    ウイルス

    ダウンロードしたTorrent(トレント)にウイルスが仕込まれていたというのはよくあるケースです。

    お使いのパソコンがウイルスに侵されて使えなくなることもあります。

    ウイルス対策ソフトをダウンロードする、怪しいファイルはダウンロードしないなど事前に対策をしておきましょう。

    以下ではTorrentを安全に利用する方法を説明します。
     

    Torrentを安全に利用する方法

    上記のTorrent利用における主要な3つのリスクを回避して、Torrentを安全に使う方法は2点です。

    Torrentを安全に使う方法

    • VPNでIPアドレスを秘匿する
    • ウイルス対策ソフトの導入
     

    VPNでIPアドレスを秘匿する

    Torrentを安全に使うためには当サイトでおすすめしているNordVPNのような優れたTorrent VPNプロバイダを選択する必要があります。

     

    どうしてTorrent VPNが必要?

    Torrent利用にVPNが必須な理由は、「VPN接続によりIPアドレスを変更し、実際のIPアドレスを秘匿するため」です。

    Torrent利用の最大のリスクは IPアドレスの公開です。

    Torrent接続中は同じファイルを共有しているユーザー全員にIPアドレスが表示されます。

    IPアドレスから身元特定がされ、誤って違法ファイルを共有してしまうと起訴・逮捕されるリスクがあります。

    そこで、後述する、IPアドレスを秘匿するために「Torrent VPN」が必要になります。

    ココがポイント

    VPNはIPアドレスを秘匿するために必要。

     
    IPアドレスとは

    IPアドレスとは

    IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

    IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、またIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求され、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

    VPNを使えばあなたのIPアドレスの代わりに VPNサーバーのIPアドレスを表示するので、実際のIPアドレスを秘匿してくれます。

    ISPに限らず、しかるべきツールを所有しているハッカーや傍聴者は簡単にIPアドレスからユーザーの身元を特定できます。

    ココがポイント

    Torrent利用の最大のリスクはIPアドレスの公開。IPアドレスを秘匿しプライバシーを保護するためにはVPNが必須

    IPアドレスから身元特定までの流れは以下で説明します。

     

    IPアドレスから身元特定までの流れ

     

    誤って著作権で保護されたコンテンツを共有してしまうと、法務執行機関や著作権者はIPアドレスからISP(インターネットサービスプロバイダ)に情報開示の手続きをし、著作権侵害として加害者の身元を特定できます。

    個人を特定できると、著作権侵害で起訴・逮捕の対象になります。

    そこでTorrent VPNの出番です。

    VPNに接続して実際のIPアドレスを秘匿することがTorrent利用では重要になります。

    ココがポイント

    IPアドレスから、ISPに情報開示をすると、氏名・住所などの個人情報を取得できる。

    また、なりすましや著作権トロールなど、法務機関以外による身元特定のリスクは以下で説明しています。

    身元特定による被害例

    身元特定のリスク

    IPアドレス公開による氏名や住所などの個人情報を特定される主なリスクは以下の3点です。

    • なりすまし詐欺
    • 著作権トロール
    • 誤って違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

    なりすまし詐欺

    住所や氏名が特定されているため、詐欺集団に顧客リストとして販売されてしまった場合、なりすまし被害のターゲットにされる可能性があります。

    警察や架空の企業や人物になりすまして、後ろめたさを突かれたりや言葉巧みに金品を要求されるターゲットになる可能性が十分にあります。

    例えば身に覚えのない請求や会員登録などあらゆる手を使って騙そうとしてきます。

    著作権トロール

    著作権トロールはTorrentなどの違法ファイル共有者を対象に、著作権を自身の著作物の保護のために行使するのではなく訴訟による賠償金獲得を目的として行使する行為のことです。

    著作権トロールの一般的な訴訟までの手順は以下です。

    1. Bittorrentネットワーク上で所有する著作権に関連するファイルを監視し
    2. 該当ファイルを共有しているユーザーのIPアドレスを収集
    3. 収集したIPアドレスから片っ端にISPに情報開示を要求しユーザーの身元を割り出す
    4. 著作権侵害で訴えるとファイル共有者に連絡
    5. 和解金を受け取ると訴訟を取り下げる

    違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

    共有ファイルの中に著作権を侵害するコンテンツが含まれている場合は逮捕される可能性があります。

    実際のIPアドレスが接続者に公開されるため氏名や住所が特定されるため、違法ファイルを共有してしまった場合、身元特定されているので警察は逮捕することができます。

    VPN接続によりIPアドレスを秘匿できる理由は以下で説明します。

     

    VPNでIPアドレスを秘匿する

    VPNサーバーに接続することで実際に使っているIPアドレスを秘匿し、.torrentファイルを共有しているユーザーには「VPNサーバーのIPアドレス」が代わりに表示されます。

    ファイル共有者はVPNサーバーのIPアドレスしか確認できないため、VPNユーザーの身元を特定できません。

    また、不特定多数のユーザーがVPNサーバーに接続しているため、「Torrentを利用している個人」を特定することは実質不可能です。

    つまり、Torrent VPNの目的は「身元特定に繋がらないためのお守り」です。

    ココがポイント

    Torrent VPNを使えば個人の特定は実質的に不可能


    Torrent利用により、ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、 Torrent利用に最適のNordVPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    Torrent(トレント)利用に「VPNが必須」な理由

    ココがポイント

    VPNはTorrent利用のリスクである身元特定や個人情報の漏洩を防ぐために必須。

     
    無料VPNは絶対に使わない

    無料のVPNプロバイダは 安全に使うどころか、反対になりすましや詐欺・個人情報の流出などのリスクがあるため絶対に使用しないでください。

    これは匿名性や身元特定の回避を目的にVPNを使っているのに、無料VPNプロバイダにより個人情報を転売されるなど本末転倒な結果になるためです。

    無料で提供しているVPNプロバイダの収益システムは、ユーザーの個人情報の転売などです。

    「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?【恐ろしいリスク】

    以下で紹介する最適なTorrent VPNを導入すれば、IPアドレスを秘匿しプライバシーを保護できるためTorrent利用の危険性を排除できます。

    すでにVPNを購入されている方も、よりTorrntに特化したおすすめのVPNをチェックしてみてください。

     

    おすすめのTorrent VPN

    Torrent利用のリスク回避に最も効果的な方法はTorrent VPNの導入です。

    Torrent接続中は同じファイルを共有しているユーザー間にIPアドレスが表示されるため、 法務執行機関やハッカーに身元特定などをされる可能性があります。

    逮捕や個人情報の流出などあらゆるリスクを防ぐために、Torrent VPNを使ってIPアドレスを秘匿する(=身元特定をさせない)必要があります。

    VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

    ノーログポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダで、購入から使い始めるまで5分もかかりません。


    ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、NordVPNのような最良のTorrent VPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    ランキング

    1位. NordVPN

    おすすめ度 5.0  

    総合力ナンバーワン
    最安月額料金 : $3.99(約566円)

     

    2位.ExpressVPN

    おすすめ度 4.2  

    高速通信
    最安月額料金 : $6.67(約947円)

     
    Torrent VPNの必要条件
    • 厳格なノーログポリシー
    • IPマスキング(IP匿名化)
    • キルスイッチ
    • P2P接続の公認
    • トラフィックの暗号化
    • 高速ダウンロード速度
    • 匿名な支払い方法

    この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「厳格なノーログポリシー」「IPアドレスの匿名化」「キルスイッチの有無」です。

    これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

     

    NordVPNはTorrent VPNとして最適

    NordVPN 5.0

    高スペック、高パフォーマンス、高コスパTorrent VPN

    本拠地:パナマ| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, BBC iPlayer, YouTube, Amazon Prime, Hulu, ABEMA, TVer, ESPN, DAZN | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:5200以上|サーバー設置国:59カ国| 最大同時接続デバイス数:6
    スペック詳細
  • 独自プロトコル「NordLynx」は革命的
  • 厳格なノーログポリシー
  • 安定した高速通信
  • 国内外の地域制限解除の幅が広い
  • 高スペック、高パフォーマンス、高コスパ
  • キルスイッチ、スプリットトンネル、二重暗号化などのプレミアム機能
  • 軍事レベルのセキュリティ
  • 256ビットのAES暗号、DNS/IPv6漏れの保護
  • P2P専用サーバー
  • 24ヶ月プラン:$3.99(約566円) / 月
  • 12ヶ月プラン:$4.99(約709円) ) / 月
  • 1ヶ月プラン:$12.99(約1845円) / 月
  • 返金保証期間:30日
  • 公式サイト:nordvpn.com

    どのVPNプロバイダを選べばいいかわからない方には無条件でNordVPNをおすすめしてます。

    NordVPNは地域制限の解除、セキュリティ強化、プライバシー保護、ストリーミング、オンラインゲーム、P2Pの利用に最適です。

    シンプルで使いやすいため、今までにVPNを使ったことがない方でも簡単に使えます。

    高速通信、シンプルで使いやすい、地域制限の解除が優秀、P2P利用に最適などVPNに求められる条件を全て満たしているのに、月にたったの500円程度で利用できる破格のVPNサービスです。

    Torrent利用に最適

    NordVPNは厳格なセキュリティ・プライバシー保護、高速通信を提供しているため、Torrent VPNとして非常に優秀で、 当サイトでも一番人気のVPNプロバイダです。

    Torrent利用に特化した以下のプレミアム機能があるためNordVPNをおすすめしています。

    • 高速通信速度
    • 厳格なノーログポリシー
    • キルスイッチ
    • DNS漏れブロッキング
    • 二重暗号化
    • P2P専用サーバー

    特に、厳格なノーログポリシーの採用により、ユーザーを特定できるログを保持しないため匿名性を維持してTorrent利用のリスクを回避できます。

    誤って違法ファイルを共有しても個人特定に繋がらないため、安全にTorrentを利用できます。

    Torrent利用により、ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、 Torrent利用に最適のNordVPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    P2P専用サーバー

    NordVPNはP2Pの利用を公認しているため、VPN側でP2Pのトラフィックを検出すると、自動的に現在地から最適なP2Pサーバーに接続するなど非常に簡単で初心者にも使いやすいのもメリットです。

    TorrentをサポートしているP2P専用サーバーは米国、英国、その他世界中に数百あり、より安全にTorrentを利用したい方に最適なプロバイダです。

    匿名な支払いで強固なプライバシー保護

    NordVPNでは、プライバシーの観点から、クレジットカード支払いによる個人情報を残したくない場合には、より匿名性の高いビットコインによる決済手段も受け付けています。

    メールアドレスだけ必要になるので、VPN専用のメールアドレスを作成するなどすればより匿名性を高められきます。

    Torrent以外でも万能なVPN

    Torrentの利用だけでなく、ストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームの利用等、幅広く使える上に、高速通信速度・セキュリティ・プライバシーにおいても優れているため、最大6台のデバイスで様々な目的で利用することができる万能VPNです。

    Torrent、幅広いストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームなど最高品質のVPNを低価格で最大限に活用できるのはNordVPNだけです。

    総評

    NordVPNはキルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なノーログポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も安全にTorrentを利用できるVPNと結論づけました。

    数あるVPNプロバイダの中でも、厳格なノーログポリシー・P2P専用サーバー・高速通信を低価格で提供しているのはNordVPNぐらいなので、コストを抑えて安全性を確保したいなら真っ先に購入しておきたいVPNサービスです。

    通常$12.99(約1845円) ですが、今なら最大66%OFFの割引で月額たったの$3.99(約566円)から利用できる超お得なキャンペーン実施中です。

    NordVPNは全プラン通じて30日間の返金保証により全額返金できますので、まずはお使いのデバイス・環境に適しているかを無料トライアルで試してみましょう。

    当サイトNo.1 Torrent VPN

     

    今だけ+3ヶ月無料

    NordVPN - コスパよく最高品質のTorrent VPNを今すぐ入手

     

    NordVPNはユーザーの身元特定に繋がらない「厳格なノーログポリシー」に、強力なプライバシー保護の「キルスイッチ」と「スプリットトンネル」を提供しているため最も安全かつコスパよくTorrentを利用できます。今だけ月額$12.99(約1845円) →$3.99(約566円)【キャンペーン実施中】30日間の返金保証により、全てのプランで無料トライアルができます。

     
    NordVPNの購入・設定方法

    NordVPNの購入方法・細かい設定を確認したい方は以下の記事にまとめています。

    NordVPNの購入・インストール・設定・使い方完全ガイド【登録までたったの3分】

    NordVPNをTorrent利用のために使いたい方向けに以下の記事にまとめています。

    NordVPNでTorrent(トレント)は使える? 【ノーログVPNをテスト検証】
     

    ウイルス対策ソフトの導入

    Torrentファイルに含まれるウイルスを検出するためにセキュリティソフトを導入しましょう。

    ウイルスは感染してからでは、手遅れのため感染前に検出して回避する必要があります。

    ウイルスの種類はさまざまで、パソコンをクラッシュさせるのが目的のものや、個人情報を流出させる目的など多岐に渡るため、細心の注意を払いましょう。

    おすすめのウイルス対策ソフトはノートン360やカスペルスキーです。
     

    VPN接続なしでTorrentを使うと

    VPN接続なしでTorrent(トレント)を利用すると、ISPにアクセスしたサイトや表示したコンテンツなどのオンライン活動をすべて把握されます。

    米国を含む特定の国では、ISPはこの情報を知的財産所有者を含む第三者と共有することが許可されています。

    つまり ユーザーの住所や本名等の個人情報を特定し、法的措置に発展させることができるようになります。

    Torrent VPNを使えばISPはユーザーの個人情報を特定できなくなります。

    「VPN接続なし」でTorrentで使うとどうなるの? 【知らないと危険】
     

    自身を守るためにするべきこと

    法的トラブルを避けるための最大の手段は著作権で保護されたコンテンツの共有にTorrent(トレント)を利用しないことです。

    ただし、Torrentの特性上、ダウンロードするファイルはダウンロードが完了するまで中身を完全には把握できません。

    そのため、Torrent利用のリスクを完全に排除するためには、VPNを使ってIPアドレスを変更して匿名性を高めることが重要です。
     

    Torrent時にVPNを使用する

    安全にTorrent(トレント)を利用するための最良の方法は、繰り返しになりますがVPNを使用することです。

    既に述べたように、VPN接続をすることであなたのオンライン活動のプライバシーを強化し、個人特定を困難にします。

    Torrent VPNを使用すれば以下の2つの点で匿名性を高めます。

    ポイント

    • インターネットトラフィックを再ルーティング
    • トラフィックの暗号化

    おすすめTorrent VPN : NordVPN

     

    インターネットトラフィックを再ルーティング

    VPNを利用すれば、選択したサーバーを介してすべてのインターネットトラフィックが再ルーティングされます。

    VPNが共有IPアドレスを使用していると仮定した場合、実際のIPアドレスではなく、数百または数千人のユーザーが使用するアドレスに変更(ルーティング)されます。

    再ルーティングにより、数百、数千のユーザーの中から個人を特定することが難しくなります。

    そのため、個人特定に繋がるログを保持しないTorrent VPNを選ぶことが重要になります。
     

    トラフィックの暗号化

    VPNはすべてのTorrentトラフィックを暗号化します。

    つまり、ISP等はあなたのインターネット活動を監視できません。

    また、すべてのトラフィックがまず最初にVPNサーバーに向かうため、ISPはトラフィックがどこに向かっているのかさえ把握できません。
     

    Torrent VPNを選ぶことが大事

    残念ながら全てのVPNプロバイダが、匿名性やユーザーの情報を尊重しているわけではないため、高品質のVPNを使用することが重要です。

    アクティビティやユーザー特定に繋がるログを記録したり、帯域幅とデータを制限したり、十分なDNSリーク保護を提供したりしない「無料VPN」やただ安いだけのVPNに妥協しないでください。

    またすべてのVPNプロバイダがトレント(P2P)を許可しているわけではありません。

    上述の通り、NordVPNのようにTorrent利用に適したVPNを選択しましょう。
     

    よくある質問

    uTorrentは安全?

    uTorrentはBitTorrentプロトコルの作成者による公式のトレントクライアントです。

    米国の合法的な会社によって維持されている独自のソフトウェアであり、 オープンソースではありません。

    BitTorrent同様、uTorrentソフトウェア自体は合法ですが、デジタル著作権侵害に使用することもできますので利用用途によっては法的トラブルに発展する可能性もあります。

    公式のuTorrentにはマルウェアがなく、VPNと組み合わせることで安全かつプライベートに使用できます。

    ただし、ユーザーがデバイスに感染する可能性のある悪意のあるファイル(ウイルス)をダウンロードすることは防げません。

    BitTorrentは安全?

    BitTorrentプロトコル自体は違法ではなく危険でもありません。

    BitTorrentはあらゆる種類のファイルを共有するための手段にすぎず、パブリックドメインのように多くの合法的なトレントサービスが存在している事実があります。

    ただし、ThePirateBayやKickassTorrentsなどの最も人気のあるトレントサイトは、グレーゾーンでユーザーに著作権で保護されたコンテンツへの無料アクセスを提供しています。

    BitTorrentに限らず、著作権で保護されたコンテンツの共有とダウンロードは多くの国で違法であり、KickassTorrentsを含むサイトがマルウェアをホストしていることが示されているため、 安全ではない可能性があります。

    ココがポイント

    BitTorrent自体は違法でも危険でもないが、トレントサイトや実行するファイルが違法または危険なファイルの可能性がある。

    アドウェアが自動でインストールされたのはどうして?

    BitTorrentはファイルを共有するために使用されるネットワークとプロトコルであるため、BitTorrent自体はコンピューターにアドウェアをインストールできません。

    ただし、BitTorrentネットワークに接続してファイルをダウンロードするために使用されるトレントクライアントと呼ばれるプログラムには、アドウェアが付属している場合があります。

    またダウンロードするファイルにも、マルウェアやアドウェアが含まれている可能性があります。

    ベスト Torrentクライアントをダウンロードして、プロンプトが表示された場合は、追加のソフトウェアをインストールの拒否をしましょう。

    追加プログラムは多くの場合アドウェアです。

    同様に、信頼できるトレントのみをダウンロードしてアップロードするようにしてください。

    Googleドライブから共有トレントをダウンロードすることは違法

    Googleドライブから何かをダウンロードしている場合、それはTorrentではなく、ただのダウンロードです。

    ファイルは元々BitTorrentを介してダウンロードされ、その後他の人がダウンロードできるGoogleドライブにアップロードされた可能性があります。

    ファイルのコンテンツが著作権で保護されている場合は、Googleドライブから 海賊版ファイルをダウンロードすることは違法です。

    Torrentの合法的な使用用途は?

    BitTorrentを合法的に使用する用途はたくさんあります。

    Torrentの合法な使用用途

    • オープンソースソフトウェアの共有
    • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
    • パブリックドメイン
    • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツや著作権利者が権利を放棄しているコンテンツはパブリック・ドメインと呼ばれます。Torrentでパブリックドメインの映画、本、音楽などの共有は完全に合法です。

    BitTorrentは、さまざまなメディアからフェアユース(著作権侵害に該当しない条件)の資料にアクセスするための便利な方法です。

    Torrentはどこで見つけられる?

    トレントは通常、ユーザーがアップロードしたトレントのインデックスを作成する検索可能なWebサイトであるBitTorrentトラッカー(Torrentサイト)にあります。

    ユーザーは小さなトレントファイルをダウンロードでき、ファイルはトレントクライアントで同じコンテンツをアップロードおよびダウンロードしている他のユーザーを見つけるために使用されます。

    トラッカーはパブリックまたはプライベートに設定でき、一部のトレントは直接リンクされています。

     

    実際に環境作りをしてみる

    文字が少なく、スクリーンショット多めのより直感的でわかりやすい記事は以下にまとめています。

    Torrent(トレント)を安全にダウンロードできる環境構築まとめ| VPN・クライアント・設定・使い方【完全保存版】
     

    Torrent関連記事

    Torrent関連記事

    Torrentとは

    詳しく

    Torrentの使い方

    詳しく

    ダウンロード手順

    詳しく

    VPNの設定

    詳しく

    Torrent Q&A

    Torrentの利用は違法?

    Torrentの利用自体は違法ではありません。

    Torrent本来の目的は異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送をすることです。

    著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

    たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

    以下のようなパブリックドメインのコンテンツの共有は合法です。

    Torrentの合法な使用用途

    • オープンソースソフトウェアの共有
    • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
    • パブリックドメイン
    • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツや著作権利者が権利を放棄しているコンテンツはパブリック・ドメインと呼ばれます。Torrentでパブリックドメインの映画、本、音楽などの共有は完全に合法です。

    VPNを使わないとどうなる?

    VPN接続をしないでTorrentを利用した場合、ユーザーの実際のIPアドレスが接続者全員に共有されるため身元特定や 違法ファイルを誤って共有した場合逮捕に繋がることがあります。

    主に以下のような危険性があります。

    Torrent利用のリスク

     

    Torrentの利用は魅力的なメリットがある反面、使い方を誤ったり自己防衛のためにVPNを使っていないと、著しいプライバシーの侵害などのリスクにも繋がる恐れがあります。

     

    IPアドレスの公開

    Torrentの特性上、ファイル共有者全員に実際のIPアドレスが公開されます。

     

    身元特定

    IPアドレスから氏名や住所など個人を特定できます。

     

    身元特定の2次被害

    身元特定によりなりすまし詐欺や著作権トロール・ハッカーのターゲットになる可能性があります。

     

    違法アップロード

    違法ファイルを誤って共有してしまう可能性があります。

     

    逮捕される可能性

    著作権を侵害するようなコンテンツを誤って共有した場合は逮捕される可能性があります。

     

    ウイルス感染

    悪質なユーザーやハッカーによるマルウェアなどのウイルスをファイルに仕組まれている可能性があります。

    上記の危険性を回避するためにはTorrent VPNを使って、実際のIPアドレスを秘匿するのが効果的です。

     

    どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

    Torrent VPNの必要条件は以下です。
    • 厳格なノーログポリシー
    • IPマスキング(IP匿名化)
    • キルスイッチ
    • P2P接続の公認
    • トラフィックの暗号化
    • 高速ダウンロード速度
    • 匿名な支払い方法

    この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

    これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

    可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

    VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

    上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

    Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

     

    おすすめのTorrent VPNは?

    当サイトでは最高のTorrent VPNとしてNordVPNを強くおすすめしています。

    NordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

     

    無料VPNでもトレントに利用できる?

    無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

    無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

    ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

    匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

    パフォーマンスも低い、利用にも制限が設けられていたり、個人情報を転売したりなど無料VPNの利用にメリットはひとつもありません。

    無料で使えるサービスの対価はあなた自身の個人情報です。

    無料で使っているつもりで、実は利用されています。

    Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。


    ISP(インターネットサービスプロバイダ)から発信者情報開示請求をはじめ、民事・刑事告訴されて精神的にも経済的にも大きな負担がかかるなら、NordVPNのような最良のTorrent VPNに月に500円程度を支払って自己防衛をしておくことのほうが賢明ではないでしょうか。

    「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?【恐ろしいリスク】
     

    VPNはTorrentの速度を速くできる?

    VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

    言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

    TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

    スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

    Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

    VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

    つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。

     

    Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

    インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

    Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

     

    まとめ

    この記事ではTorrentについて深く掘り下げ、Torrentとは何か、よくある質問の解答、安全に使う方法を紹介しました。

    Torrentの利用自体は合法ですが、著作権を侵害するコンテンツのダウンロード・アップロードは違法です。

    またTorrentはP2P技術をしているため、プライバシーを侵害される・個人を特定される等のリスクもあります。

    Torrent VPNを使えばIPアドレスを秘匿できるため、Torrent利用のリスクを回避できます。

    当サイトおすすめのTorrent VPN NordVPNを使って安全にTorrentを利用しましょう。

     
    トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

    トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続により実際のIPアドレスは秘匿されるため、トレント共有者はユーザーを特定できなくなります。VPNがオンラインの行動を暗号化するため、ISPもユーザーの行動を把握できなくなるため、プライバシー・セキュリティ強度が高まります。個人情報・セキュリティを保護するためには優秀なTorrent VPNが絶対不可欠です。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.99(約566円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

    -Torrent(トレント)

    © 2024 VPN info.jp