Torrent(トレント)

Torrent(トレント)とは? 安全? 違法?

読者
Torrent(トレント)って何? 安全? 違法?

Torrent(トレント)についてよく、安全なのか、違法なのかという質問をよくいただきます。

当記事ではこれらの質問に関する解答とTorrentを安全かつ匿名で使う方法を見ていきます。

この記事では

Torrentについて深く掘り下げ、Torrentとは何か、安全か、違法か、よくある質問の回答、安全に使う方法を紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: ExpressVPN
コスパTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開
  • 違法アップロード
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

Torrentとは?

Torrent(トレント)とは、BitTorrentネットワークを介してファイルをダウンロードおよびアップロードする行為のことを指します。

Torrentは簡単に言えば、P2P技術を使用したファイル共有プロトコルで、ファイルを中央サーバーにダウンロードする代わりに、ネットワーク上の他のユーザーのデバイスからファイルをダウンロードします。

反対にTorrentを利用するユーザーは自分のデバイスからもファイルをアップロードして、他のユーザーがダウンロードできるようにします。

BitTorrentネットワークに接続するにはTorrentクライアントが必要で、さまざまなデバイスに無料でダウンロードできます。

同じファイルをダウンロードまたはアップロードするすべての人は「Peer = ピア」と呼ばれ、まとめて「Swarm = 群れ」と呼ばれます。

BitTorrentの仕組みにより、ピアは他の複数のユーザーから一度にファイルをダウンロードしたり、他の複数のユーザーに同時にファイルをアップロードしたりできます。

Torrentは、映画、ゲーム、音楽、ソフトウェアなど、著作権で保護されているファイルの共有に頻繁に使用されるため、 著作権侵害と関連付けられることがよくあります。

ただし、Torrentには、ホストの負担をユーザー間で分散することで集中型サーバーの負荷を軽減するなど、多くの正当な用途もあります。

BitTorrent詳細

BitTorrentプロトコルは、NapsterやLimewireのような集中型サービスの終焉後、世界で最も人気のあるP2Pファイル共有メディアになりました。

集中型サービスとは異なり、TorrentはユーザーがTorrentファイルとマグネットリンクを検索してダウンロードできるようにするトラッカーを除いて、ほぼ完全に分散化されています。

Torrentファイルとマグネットリンクは、目的のファイルをホストしているがダウンロード用のファイルを実際にはホストしていない、ネットワーク上の他のユーザーを見つけるために使用されます。

ココがポイント

Torrent(トレント)とは、BitTorrentネットワークを介してファイルをダウンロードおよびアップロードする行為のこと。

 

Torrentは違法?

読者
トレントは合法? 違法?

よく誤解されがちですが、Torrent自体は違法ではありません。

著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードすることは違法です。

どのコンテンツがTorrent利用に合法または違法かはすぐにはわかることは難しく、一部はグレーゾーンのため、無意識のうちに法を犯している可能性もあるかもしれません。

ISP(インターネットサービスプロバイダー)とBitTorrentネットワークを監視している著作権トロールは、ユーザーが違法なTorrent利用をしていると証拠を押さえた場合に行動を起こすことができます。

警告の手紙やインターネット接続速度の抑制(原則)から法的措置の可能性にまで及びます。

デジタルプライバシーを意識したTorrent利用者は、VPNサービスを使用してオンライン活動履歴をISPから隠します。

後述しますが、Torrent利用に適したVPN(ExpressVPN等)を使用することでISPに活動履歴を把握されなくなります。

ココがポイント

Torrent自体は違法ではないが、著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードすることは違法

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはExpressVPNで、実質的に月額わずか$6.67(約768円)で、リスクのない30日間の返金保証が付いています。

 

Torrentは安全?

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開
  • 違法アップロード
  • ウイルス

 

IPアドレスの公開


TorrentはP2Pを利用した、ネットワーク上で共有されるコンテンツの情報を、接続者同士でデータの断片を繋ぎ合わてダウンロードする形式をとります。

Torrent利用中はあなたの IPアドレスは他の接続者に公開されます。

このIPアドレスの公開というのがTorrent利用最大のリスクです。

IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、またIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求され、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

また攻撃的なクラッカー(ハッカー)は、ウイルスやマルウェアを送ってくる可能性もあります。

そのためこのIPアドレスは後述する方法で秘匿する必要があります。
 

違法アップロード

Torrent利用中はたとえダウンロードだけを目的に使用していても、 必ず同時にアップロードをしていることになります。

これはTorrent利用の目的である、共有をするためで、ダウンロードだけというのはできず、必ずアップロードも同時にします。

Torrentの利用自体に違法性はありませんが、 著作権や法に触れるものをダウンロード・アップロードしている可能性もあることにご注意ください

この点を理解せずに利用していると、最悪逮捕もあり得ますので、しっかりと心に留めておきましょう。
 

ウイルス


ダウンロードしたTorrentにウイルスが仕込まれていたというのはよくある話です。

ウイルス対策ソフトをダウンロードする、怪しいファイルはダウンロードしないなど事前に対策をしておきましょう。
 

Torrentを安全に利用する方法

Torrentを安全に使う方法のポイントは2点あります。

Torrentを安全に使う方法

  • VPNでIPアドレスを秘匿する
  • ウイルス対策ソフトの導入
 

VPNでIPアドレスを秘匿する

Torrent利用最大のリスクはIPアドレスが公開されることです。

IPアドレスの公開により、 詐欺被害、なりすまし、個人情報の特定などさまざまな被害に遭う可能性が広がります。

そのため実際に使っているIPアドレスを秘匿する必要があります。

IPアドレスを秘匿するために必要なのがVPNです。

Torrent向けおすすめVPNは後述しますが、ExpressVPNを当サイトではベストTorrent VPNとしておすすめしています。
 

VPNとは

VPNは「virtual private network」の略で、日本語では「仮想プライベートネットワーク」と呼ばれています。

プライバシーやセキュリティを高めてくれるだけでなく、海外のコンテンツにアクセスできたり、反対に海外から日本のコンテンツにアクセスすることができる技術・ネットワークのことです。

VPNとは?VPNについてシンプルにわかりやすく解説【初心者向け】
 

VPNでIPアドレスを変更する

VPNを使えば、実際に使っているIPアドレスを秘匿し、代わりにVPNサーバーのIPアドレスをTorrent接続者に公開します。

VPNサーバーのIPアドレスが公開されるため、あなたの個人情報やIPアドレスから追跡できる情報を特定されることはなくなります。

Torrentを利用したい場合は、IPアドレスを秘匿するためにVPNの使用は必須です。

Torrentの利用に特化したおすすめVPNは後述します。
 

VPNでTorrentを安全に使う手順

VPNでTorrentoを安全に使う手順

  1. VPNプロバイダのダウンロード・インストール
  2. ログ0ポリシー、データ保持法がないエリアに本拠地を置くプロバイダ、高速でダウンロードできる通信速度を提供するExpressVPNのようなTorrent VPNを選択しましょう。

  3. キルスイッチの有効化
  4. P2Pフレンドリーな国のサーバーに接続/li>
  5. 接続が確立したらTorrentクライアントを開いてダウンロードを開始
  6. オンライン活動はVPNにより暗号化され、ISP等が活動を把握できなくなる
 

ウイルス対策ソフトの導入

Torrentファイルに含まれるウイルスを検出するためにセキュリティソフトを導入しましょう

ウイルスは感染してからでは、手遅れのため感染前に検出して回避する必要があります。

ウイルスの種類はさまざまで、パソコンをクラッシュさせるのが目的のものや、個人情報を流出させる目的など多岐に渡るため、最新の注意を払いましょう。

おすすめのウイルス対策ソフトはノートン360やカスペルスキーです。
 

VPN接続なしでTorrentを使うと

VPN接続なしでトレントを利用すると、ISPにアクセスしたサイトや表示したコンテンツなどのオンライン活動をすべて把握されます。

米国を含む特定の国では、ISPはこの情報を知的財産所有者を含む第三者と共有することが許可されています。

つまり あなたの住所や本名等の個人情報を特定し、法的措置に発展させることができるようになります。

Torrent VPNを使えばISPはあなたの個人情報を特定できなくなります。
 

uTorrentは安全?

uTorrentはBitTorrentプロトコルの作成者による公式のトレントクライアントです。

米国の合法的な会社によって維持されている独自のソフトウェアであり、 オープンソースではありません。

BitTorrent同様、uTorrentソフトウェア自体は合法ですが、デジタル著作権侵害に使用することもできますので利用用途によっては法的トラブルに発展する可能性もあります。

公式のuTorrentにはマルウェアがなく、VPNと組み合わせることで安全かつプライベートに使用できます。

ただし、ユーザーがデバイスに感染する可能性のある悪意のあるファイル(ウイルス)をダウンロードすることは防げません。

 

BitTorrentは安全?

BitTorrentプロトコル自体は違法ではなく危険でもありません。

BitTorrentはあらゆる種類のファイルを共有するための手段にすぎず、多くの合法的なトレントサービスが存在している事実があります。

ただし、ThePirateBayやKickassTorrentsなどの最も人気のあるトレントサイトは、グレーゾーンでユーザーに著作権で保護されたコンテンツへの無料アクセスを提供しています。

BitTorrentに限らず、著作権で保護されたコンテンツの共有とダウンロードは多くの国で違法であり、KickassTorrentsを含むサイトがマルウェアをホストしていることが示されているため、 安全ではない可能性があります。

ココがポイント

BitTorrent自体は違法でも危険でもないが、トレントサイトや実行するファイルが違法または危険なファイルの可能性がある。

 

Torrentサイト

Torrentサイトはすでに共有されている情報を見つけてまとめているだけであり、著作権で保護されたコンテンツを「自分」のサーバーで違法にホストしていないと主張します。

BitTorrentプロトコル同様、ユーザーの利用方法次第という主張です。

主要なTorrentサイトの多くは、「サイトが違法コンテンツの利用を推奨している」と作成者や配布者から厳しい法的監視を受けています。
 

責任の行方

最終的に、責任はユーザー、個人のコンピューターでファイルをホストし、映画、ゲーム、ソフトウェア、音楽、電子書籍などをダウンロードおよびアップロードする何百万もの個人に移ります。

同じトラッカーに接続しているユーザーはピアと呼ばれ、2つのカテゴリに分類されます。

ピアの分類

  1. ヒル
  2. トレントファイルまたはマグネットリンクを使用して、ファイルを既に持っているネットワーク上の他のユーザーからファイルをダウンロードしているユーザー。

  3. シード
  4. すでにファイルを持っているこれらのユーザー。

ヒルがファイル(またはファイルの一部)のダウンロードを終了すると、ヒルはシードになり、他のヒルが自分のコンピューターからファイルをダウンロードできるようになります。

原則として、ヒルと同じくらい多くのシードになることは適切な海賊行為のエチケットと見なされています。

注意ポイント

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。著作権で保護されたコンテンツを許可なくダウンロードする前に、法律、被害者、著作権侵害のリスクを考慮してください。必ず自己責任でお願いいたします。
 

違法薬物で例えてみると

著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロード目的のTorrent利用は違法薬物の役割で説明できます。

ポイント

  • ヒル:薬物利用者(エンドユーザー)
  • シード:薬物生産者(メーカー)
  • Torrentサイト:マーケット

法務執行機関は薬物生産者を第一優先順位、利用者を第二順位で可能ならば突き止めたいです。

マーケットはすべての取引が行われる場所ですが、マーケット自体が薬物を所有・生産しているわけではないという主張をしています。
 

自身を守るためにするべきこと

法的トラブルを避けるための最大の手段はTorrentを利用しないことです。

もしTorrentを利用したい場合はVPNを使って匿名性を高めることが重要です。
 

Torrent時にVPNを使用する

安全にトレントするための最良の方法は、繰り返しになりますがVPNを使用することです。

既に述べたように、VPN接続をすることであなたのオンライン活動のプライバシーを強化し、個人特定を困難にします。

Torrent VPNを使用すれば以下の2つの点で匿名性を高めます。

ポイント

  • インターネットトラフィックを再ルーティング
  • トラフィックの暗号化
 

インターネットトラフィックを再ルーティング

VPNを利用すれば、選択したサーバーを介してすべてのインターネットトラフィックが再ルーティングされます。

VPNが共有IPアドレスを使用していると仮定した場合、実際のIPアドレスではなく、数百または数千人のユーザーが使用するアドレスに変更(ルーティング)されます。

再ルーティングにより、数百、数千のユーザーの中から個人を特定することが難しくなります。

そのため、個人特定に繋がるログを保持しないTorrent VPNを選ぶことが重要になります。
 

トラフィックの暗号化

VPNはすべてのTorrentトラフィックを暗号化します。

つまり、ISP等はあなたのインターネット活動を監視できません。

また、すべてのトラフィックがまず最初にVPNサーバーに向かうため、ISPはトラフィックがどこに向かっているのかさえ把握できません。
 

Torrent VPNを選ぶことが大事

残念ながら全てのVPNプロバイダが、匿名性やユーザーの情報を尊重しているわけではないため、高品質のVPNを使用することが重要です。

アクティビティやユーザー特定に繋がるログを記録したり、帯域幅とデータを制限したり、十分なDNSリーク保護を提供したりしない「無料VPN」やただ安いだけのVPNに妥協しないでください。

またすべてのVPNプロバイダがトレント(P2P)を許可しているわけではありません。

以下でTorrent利用に適したVPNを紹介します。

 

おすすめTorrent VPN

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

ログ0ポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダです。


ランキング

  1. ExpressVPN通信速度トップ:おすすめ度 5.0
  2. セキュリティ・速度・信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダ。一番いいVPNが欲しい方向け

  3. NordVPNバランストップ:おすすめ度 4.8
  4. セキュリティ重視でTorrent利用に適したVPNプロバイダ。コストを抑えたい方向け

おすすめVPN共通事項

おすすめVPNトップ3は全て以下の共通点があり、この理由で数あるVPNプロバイダの中でもおすすめだと言える理由です。

共通事項

  • 30日間返金保証
  • 主要なデバイスに対応(Windows, Mac, Linux, iOS, Android, Firefox, Chrome)
  • ログ0ポリシー(英領ヴァージン諸島、パナマ本拠地)
  • キルスイッチあり
  • 同時接続使用なデバイス数:5台以上
  • 平均以上の高速通信速度
  • Open VPN
  • AES-256
  • RSA-2048以上
  • 独自DNS
  • P2P(Torrent)利用を公式に許可している
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート

当サイトではこのExpressVPN、NordVPNの2つをベストTorrent VPNとしておすすめいたします。

特にExpressVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、当サイトで一番おすすめしているTorrent VPNです。

ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適な理由と安全に使う方法まとめ
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


30日間の返金保証がありますので、まずは実際に試してみてから購入を継続するか検討してみてください!

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
ExpressVPN詳細

ExpressVPN 5.0

ベストTorrent VPN(速度、プライバシー、セキュリティ面でも)

本拠地:英領ヴァージン諸島| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, YouTube, Amazon, Hulu | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:3000以上|サーバー設置国:94カ国| 最大同時接続デバイス数:5

ポイント

  • 12ヶ月プラン(+3ヶ月無料):$6.67(約768円) / 月
  • 6ヶ月プラン:$9.99(約1151円) / 月
  • 1ヶ月プラン:$$12.95(約1493円) / 月
  • 返金保証期間:30日
公式サイト:expressvpn.com

信頼できるTorrent VPNをお探しの場合は、ExpressVPNをまず真っ先におすすめします。

優れた通信速度、トップクラスのセキュリティ強度、直感的に使えるUIを備えたアプリを持つExpressVPNは、Torrent利用を目的としたVPNをお探しの場合まず検討するべき候補です。

Torrentの利用だけでなく、ストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームの利用等、幅広く使える上に、通信速度・セキュリティ・プライバシーにおいて競合他社を圧倒しています。

Torrent用の高品質VPNには、安全を確保するための多くのセキュリティ機能が必要になります。

ExpressVPNは必要なセキュリティ機能が豊富に備え付けられています。

すべてのサーバーで完全なトレントサポートを提供しているだけでなく、WebRTCリーク保護、プライベートDNSサーバー、および接続するたび、またはその60分ごとに一意のキーを使用するPerfect ForwardSecrecyを提供しています。

ExpressVPNは、上記の優れたプライバシー保護に加えて、Torrent向けVPNに不可欠な驚異的な接続速度も提供しています。

サーバーの選択肢が広いため、海外の多数の接続から選択して、最新の状態を維持できます。

ExpressVPNは、キルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も完全なTorrent VPNを提供していると結論づけました。

万が一、他のVPNと同様にユーザーは問題に遭遇する可能性がありますが、ExpressVPNでは24時間年中無休のライブチャットサポートを利用できます。

もし、必要になった場合は親切なチームが数時間ではなく数分で対応してくれます。

ExpressVPNのコストはライバルの一部よりもわずかに高くなりますが、Torrent VPNとしてだけでなくVPNに求められる全ての機能を備えた完全なパッケージのため、気にならないでしょう。

30日間の返金保証があるため、お使いの環境でテストして、サブスクを開始する前に正しい選択であるかどうかを確認できます。

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適な理由と安全に使う方法まとめ
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。



ベストTorrent VPNの詳細は以下のリンクにまとめております。

Torrent(トレント) VPNランキング【2022年】

 

無料VPNは絶対に使わない

無料VPN 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

無料VPNは絶対に使うな!リスクの多い無料の闇

 

パブリック VS プライベート トラッカー

「トラッカー」は、BitTorrentネットワーク上のファイルにインデックスを付ける検索エンジンのようなものです。

トラッカーはプライベートでもパブリックどちらでも問題なく、前者の場合は通常、既存のメンバーからの招待が必要です。
 

パブリックトラッカー

ThePirateBay、KickassTorrentsはよく知られているパブリックトラッカーです。

ログインしたり、認証を必要とせずに、誰でもそれぞれのWebサイトにアクセスして検索できます。

同様に、誰でも他のユーザーがダウンロードできるようにファイルをアップロードできます。

アップロードは承認依頼の対応(=監査)がないため、ユーザーはコメントとアップロード主の評判に基づいて、ファイルのダウンロードが 安全で正確かどうかを判断する必要があります。

注意ポイント

パブリックトラッカーで配布されるファイルにはマルウェアやウイルスを忍ばせていることがありますので、他のユーザーのコメントなどを参考にしましょう。
 

プライベートトラッカー

プライベートトラッカーはグループ内で誰がアップロードでき、誰がダウンロードできるかを管理している点で、パブリックトラッカーに比べると排他的です。

プライベートトラッカーの多くのメンバーは、ファイルの品質が高く、ダウンロードが速く、保存期間が長く、全体的に一貫性があり安全なエクスペリエンスを提供していることを証明しています。

法律の上では、プライベートトラッカーもパブリックトラッカーも同一のものとみなしています。

インターネットの著作権侵害は、パブリック・プライベートグループにかかわらず、 著作権侵害です。
 

よくある質問

 

BitTorrentがパソコンにアドウェアを自動でインストールしたのはなぜですか?

BitTorrentはファイルを共有するために使用されるネットワークとプロトコルであるため、BitTorrent自体はコンピューターにアドウェアをインストールできません。

ただし、BitTorrentネットワークに接続してファイルをダウンロードするために使用されるトレントクライアントと呼ばれるプログラムには、アドウェアが付属している場合があります。

またダウンロードするファイルにも、マルウェアやアドウェアが含まれている可能性があります。

ベスト Torrentクライアントをダウンロードして、プロンプトが表示された場合は、追加のソフトウェアをインストールの拒否をしましょう。

追加プログラムは多くの場合アドウェアです。

同様に、信頼できるトレントのみをダウンロードしてアップロードするようにしてください。
 

Googleドライブから共有トレントをダウンロードすることは違法ですか?

Googleドライブから何かをダウンロードしている場合、それはTorrentではなく、ただのダウンロードです。

ファイルは元々BitTorrentを介してダウンロードされ、その後他の人がダウンロードできるGoogleドライブにアップロードされた可能性があります。

ファイルのコンテンツが著作権で保護されている場合は、Googleドライブから 海賊版ファイルをダウンロードすることは違法です。
 

Torrentの合法な使用用途は何ですか?

BitTorrentを合法的に使用する用途はたくさんあります。

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。

  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。

BitTorrentは、さまざまなメディアからフェアユース(著作権侵害に該当しない条件)の資料にアクセスするための便利な方法です。
 

Torrentはどこで見つけることができますか?

トレントは通常、ユーザーがアップロードしたトレントのインデックスを作成する検索可能なWebサイトであるBitTorrentトラッカー(Torrentサイト)にあります。

ユーザーは小さなトレントファイルをダウンロードでき、ファイルはトレントクライアントで同じコンテンツをアップロードおよびダウンロードしている他のユーザーを見つけるために使用されます。

トラッカーはパブリックまたはプライベートにすることができ、一部のトレントは直接リンクされています。

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するだけです。

これにより、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ、違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする場合は違法です。

 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるには、VPNプロバイダが明確な「ログなし」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

もう1つ考慮すべきは接続速度です。

Torrent VPNを使用するときに大きなファイルを共有する可能性があるためです。

また、リークがないことも非常に重要です。

現在、多くのメディア企業はトレントに参加しているIPアドレスを収集できる監視ノードのネットワークを実行しています。

したがって、リーク保護機能を備えたVPNを使用することで、そのリストに載ることを心配する必要がなくなります。

 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

ほとんどの無料VPNは、1日あたり500Mbから1か月あたりわずかに半ギガまでの厳格なデータ上限を制定し、ダウンロード速度を制限するものもあります。

Torrentのような大量のデータを使用する使い方には、無料VPNは向いていません。

またセキュリティ・プライバシー保護の観点でも無料VPNを使うのはリスクが大きいと言えます。

無料VPNの危険性は下記のリンクにまとめております。

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

はい、速くできます!

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると接続が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり、特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は、明らかな理由もなく接続が切断されることがあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなり、接続を制限することも回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため、速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事ではTorrentについて深く掘り下げ、Torrentとは何か、よくある質問の解答、安全に使う方法を紹介しました。

Torrentの利用自体は合法ですが、著作権を侵害するコンテンツのダウンロード・アップロードは違法です。

またTorrentはP2P技術をしているため、プライバシーを侵害される・個人を特定される等のリスクもあります。

Torrent VPNを使えばIPアドレスを秘匿できるため、Torrent利用のリスクを回避できます。

当サイトおすすめのTorrent VPN ExpressVPNを使って安全にTorrentを利用しましょう。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはExpressVPNで、実質的に月額わずか$6.67(約768円)で、リスクのない30日間の返金保証が付いています。

-Torrent(トレント)

© 2022 VPN info.jp