VPNキャンペーン

Torrent(トレント)

VPNをTorrent(トレント)のために使う方法。パソコンの設定まとめ【Windows, MacOS, Linux】

Torrent(トレント)を使いたいけど、安全性に不安がありますか?

トレント用にVPNを設定すると、安全を確保することができます。

VPNサーバーを介することで、実際のIPアドレスを非表示にして、ピアが実際のIPアドレスを確認できないようにできます。

また、VPNサーバーはインターネットトラフィックを暗号化するため、ISP(インターネットサービスプロバイダ)はあなたがトレントサイトを使用していることを検出できません。

この記事では

BitTorrentソフトを例に、Torrent用VPNを設定する方法を説明します。Windows, MacOS, LinuxでVPNを設定する方法、安全に使うためのヒントも紹介します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロードのためにトレント ウェブサイトを使用することを推奨していません。必ず自己責任でお願いいたします。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: ExpressVPN
コスパTorrent VPN: Surfshark VPN
 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • VPN利用歴7年。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆3年以上

 

Torrent利用までのステップ

Torrent VPNプロバイダの選択から、Torrentのダウンロードまでの流れを簡単に紹介します。

Torrent利用までのステップ

  1. Torrent VPNプロバイダを選択
  2. キルスイッチの設定
  3. BitTorrentソフトのダウンロード・インストール
  4. Torrentサイトにアクセスする
  5. Torrentのダウンロード

 

1.Torrent VPNプロバイダを選択

Torrentを安全に使うためにはVPNプロバイダにサブスクする必要があります。

無料のVPNプロバイダは、安全に使うどころか、反対になりすましや詐欺・個人情報の流出などのリスクがあるためです。

VPNプロバイダにサインアップし、ソフトウェアをダウンロード・インストールし、サーバーに接続すればTorrentを安全に使用することができます。

当サイトでは、ExpressVPNをトレントに最適なサービスとしておすすめします。

ExpressVPNは高速サーバーと信頼性を提供し、Torrentの使用も認めているので非常に安全です。

ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適な理由と安全に使う方法まとめ

最適なTorrent VPNの条件

トレントVPN選びで最も重要なポイントは2点、優れたセキュリティと優れた通信速度です。

優れたセキュリティを確保するために、キルスイッチやスプリットトンネルなどの機能が備えられていることが条件になります。

ベストTorrent VPNの選び方や条件は以下の記事にまとめておりますので参考にしてください。

ベストTorrent VPNトップ3!【2021年】

 

2.キルスイッチの設定

キルスイッチを使用すると、予期せずにVPN接続が切断されると自動的にインターネット接続を切断してくれます。

つまり、予期しないリークを回避することができます。

一度に何時間もダウンロードするためにパソコンを離れることが多いため、キルスイッチは全てのトレント利用者にとって特に必須のツールです。

キルスイッチがない場合、Torrent利用中にVPN接続が切断されると、IPアドレスが公開されたままになる可能性があります。
 

ExpressVPNでキルスイッチを有効化する

ExpressVPNソフト内ではキルスイッチという言葉を使用していないため少し困惑されるかもしれませんが、キルスイッチは存在しています。

  1. 画面左上のメニューアイコン ≡ をクリックし、オプションを選択。
  2. 一般カテゴリからNetwork Lockの項目を探す
  3. "Stop all internet traffic if the VPN disconnects unexpectedly"横のチェックボックスをクリックして有効化する

 

3.BitTorrentソフトのダウンロード・インストール

Torrentを利用するには、信頼できるトレントクライアントを選択する必要があります。

Torrentはさまざまな場所からの多数のファイルで構成されているため、インターネットからトレントをダウンロードしただけで終了ということにはなりません。

トレントクライアントの仕事は、ダウンロード後に完全なパッケージを入手するために、すべてのファイルを管理してまとめることです。

トレントクライアントを選択するときは使いやすい、軽量、カスタマイズ可能なクライアントが望ましいです。

安全にTorrentを利用できるようにある程度のカスタマイズができるとより良いです。

当サイトでおすすめするTorrentクライアントは以下です。

  • uTorrent:クリーンでシンプルなインターフェースを備えた最も人気のあるトレントクライアントです。広告が表示されますが、機能をカスタマイズできます。
  • BitTorrent:ドラッグアンドドロップ機能を備えたユーザーフレンドリーなインターフェイスで、初心者に最適です。uTorrent同様に広告が表示されます。
  • qBittorrent:十分なカスタマイズが可能で広告はありません。ただし、拡張機能は有効になりません。
  • Deluge:多くの拡張機能と互換性のあるオープンソースクライアントです。ただし初心者向けではありません。


 

関連記事


BitTorrentに最適なVPN【通信速度、セキュリティ、コスパ】

 

4.Torrentサイトにアクセスする

ISPがTorrentサイトへのアクセスを禁止している場合もあるため、Torrentサイトにアクセスする場合にもVPNに接続しておく必要があるケースもあります。

多くのTorrentサイトは広告が大量に貼り付けられていたりする場合もあるので、広告ブロッカーを使いたくなるかもしれません。

おすすめのTorrent Webサイトは以下の記事にまとめてあります。


Kickassに取って代わるベスト代替サイトまとめ【2021年】

 

5.Torrentのダウンロード

Torrentのダウンロードは、Magnetリンクからまたはトレントファイルのダウンロードの2種類あります。

Magnetリンクには、.torrentファイルではなく、リンクに必要なすべての情報が含まれています。

.torrentファイルを保有する必要がないため、トレントサイトにとってはメリットがあります。

ただし、最近のすべてのBitTorrentソフトは両方のダウンロード方法をサポートしているため、利用者の観点からはどちらのオプションを選択してもほとんど違いはありません。

以上がTorrent VPNプロバイダの選択から、Torrentのダウンロードまでの流れです。

以下ではTorrent VPNをテスト検証する方法を紹介していきます。
 

Torrent前に、VPNが動作しているか確認する方法

簡単に確認する場合

PDNSとWebRTCのリークについて心配する必要はなく、IP AddressがVPNサーバーのものに変更されているかを簡単に確認できます。

Googleで検索してもいいですし、以下のリンクからも確認できます。

VPN接続あり/なしでテストしてみてください。

https://ipleak.net/
 

念入りに検索する場合

上記のように、IPv4リークがないことを確認するだけで、VPNがトレントに対して適切に機能していることを示すことができます。 ただし、より厳密に確認したい場合は、ipMagnetツールを使用してトレント利用において特に再検証できます。

  1. http://ipmagnet.services.cbcdn.com/にアクセス
  2. Magnet linkをクリックして、ダミーのトレントダウンロードをBitTorrentソフトで再現する
  3. ipMagnetに表示されるIPがアドレスがVPNサーバーのIPアドレスであることを確認する


 

速度テストの方法

トレントダウンロード速度に関しては、VPNを使用した場合の影響を分離するには要因が多すぎるため、最も重要なポイント3点を紹介します。
 

ピア数

まずはじめに、ダウンロードしているトレントをシードしているピアの数がポイントです。

シードしているピアの数が多いほど、ダウンロード速度が速くなります。

シード(アップローダーの数)/リーチ(ダウンローダーの数)の比率が良好なトレントを選択することしか、速度改善のためにここでできることは他にありません。

ほとんどのトレント Webサイトは、これらの数値を表示しています。
 

アップロード帯域幅の量

ポイントその2は、アップロード帯域幅の量です。

これはBitTorrentソフト側で設定することができます。

BitTorrentプロトコルは、より速いダウンロード速度でより多く共有する人々に報酬を与えることによって共有を奨励するように設計されています。

すべてのBitTorrentクライアントでは、シードに使用できるアップロード帯域幅を指定できますが、これはISPのプランによって制限されます。
 

ポート転送の使用

最後に、ポート転送の使用の検討です。

NATファイアウォールを使用するVPNは着信接続を制限する可能性があり、これによりピアの数が減り、アップロード速度が制限されます。

これが、VPNがNATファイアウォールを使用しているためにアップロード速度が制限されるのを防ぐために、ポート転送の使用を検討する理由です。
 

キルスイッチのテスト方法

キルスイッチのテスト方法は以下の手順です。

  1. VPNに接続する
  2. BitTorrentソフトを起動する。合法的なトレントのみが実行されているときにこキルスイッチのテストを検証することをおすすめします。
  3. VPNを切断する
  4. BitTorrentソフトを確認する。すべてのダウンロードが停止しているか確認する。停止していない場合、キルスイッチは機能していません。

 

まとめ

この記事ではTorrent(トレント)を安全に利用するために、Torrent用VPNを設定する方法を説明しました。

BitTorrentソフトをWindows, MacOS, LinuxでVPNを設定する方法、安全に使うためのヒントも紹介しました。

Torrent用VPNとして、ExpressVPNをおすすめしています。

ExpressVPNは高速サーバーと信頼性を提供し、Torrentの使用も認めているので非常に安全です。

Torrentを利用する前は当記事で紹介したような、VPNのIPアドレスの確認やキルスイッチのテストを行うことで、安全に使用できるようになります。

Torrent(トレント)の始め方完全ガイド【用語/ソフト/ダウンロード方法/安全な使い方等】

-Torrent(トレント)

© 2021 VPN info.jp