VPN VPNレビュー

Surfshark vs ExpressVPN 徹底比較レビュー!【通信速度、セキュリティ、料金等】

SurfsharkとExpressVPNはVPNの中でも人気のあるプロバイダです。

VPNを利用する目的やコストによってユーザーが真に必要とするVPNは異なってきます。

当レビューでは、Surfshark VPNExpressVPNのさまざまな側面を比較して、どちらがよりお求めのVPNに近いかを選択するお手伝いをしていきます。

記事の要約

ExpressVPNとSurfsharkのどちらかを選択できない場合は、最高のオールラウンド「ExpressVPN」をお勧めします。 ExpressVPNの月額費用は高くなりますが(値引きクーポンあります)、Surfsharkよりも高速かつトップレベルのセキュリティを備えており、さまざまなストリーミングサービスを利用できて満足度も高いためです。

Surfsharkは、(当サイトの値引きクーポンを使えば)コスパ重視のユーザーにとっては優れたオプションです。月々250円以下で、ほとんどのストリーミングサービスの地域制限を解除し、セキュリティ機能もしっかりしており、独自のプレミアム機能がたくさんあります。

セキュリティ
最高のオールラウンドVPNを手に入れたいならExpressVPNがおすすめだ!
 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • VPN利用歴7年。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆3年以上

 

Surfshark vs ExpressVPN

SurfsharkとExpressVPNの各特徴・属性ごとに分類して比較した簡易な比較表です。

 
 

 
 

  • 平均以上の通信速度
  • 同時接続台数無制限
  • 幅広いストリーミングサービスの地域制限を解除
  • メジャーなセキュリティとプライバシー設定
  • 圧倒的コスパの高さ
  • Webサイト:Surfshark.com
 
 

 
 

  • 超高速の通信速度
  • トップレベルのセキュリティ
  • Netflix,Huluその他の地域制限解除
  • ルーターにもVPN対応可能
  • Webサイト:expressvpn.com

 

料金と特別オファー

VPNサービス名 Surfshark VPN  ExpressVPN
基本月額料金(1ヶ月契約) $12.95(1407円) $12.95(1407円)
1年間契約した時の月額料金 $2.49(264円) *2年契約の場合 $8.32(903円)
最安月額価格 2年契約:$2.49(264円) 1年契約(+3ヶ月):$6.67(720円)
無料トライアル期間 30日間返金保証 30日間返金保証
特別オファー 2年プラン:81%割引 1年プラン:49%割引+3ヶ月無料

※2020年9月時点での情報です。各詳細はサイトでご確認ください。

SurfsharkもExpressVPNも1ヶ月プランの場合、12.95ドルですが、長期プランを選択すればどちらも割引や無料月が付加される特別オファーがあります。

ExpressVPNは年間プランを選択すれば、月額料金を通常より半分ほどに下げることができます。

Surfsharkは2年間のサブスクリプションの費用は55ドルほどで、月額に換算すると驚異の2.49ドルです。

ExpressVPN・Surfsharkともに30日間の返金保証があるため、試してからサブスクを続けるか選択することができます。

返金保証期間中にキャンセルする場合は特別な理由等を説明せずにキャンセルできることは検証済みです。

ExpressVPNは1年プランの場合、3ヶ月間無料が追加されるため年間プランをお探しの場合はよりお得になります。

Surfsharkは長期プランの場合、81%もの大幅な割引を提供しているため、2年プランだと月額2.49ドルで利用できます。

Surfshark.comで81%オフの特別割引を確認する

expressvpn.comで49%オフ+3ヶ月間無料の特別オファーを確認する

 

特徴

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
同時接続使用なデバイス数 制限なし 5台
対応OSアプリ Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Amazon Fire Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Amazon Fire, 特定のルーター
キルスイッチ 有り 有り
スプリットトンネル 有り 有り:Windows, MacOS, Androidのみ対応
サーバー設置国 50カ国以上 94カ国以上
サーバー数 1700以上 3000以上
ログ ログ0 ログ0
その他 マルウェアスキャナー、広告ブロッカー、トラッキング防止機能、ブラウザ拡張機能(Chrome, Firefox) ブラウザ拡張機能(Chrome, Firefox)

 

対応OS

SurfsharkもExpressVPNも、Windows、MacOS、iOS、Android、およびAmazonFireデバイス用のネイティブアプリを提供しています。

どちらのプロバイダも、Linuxデバイスに簡単にインストールするコマンドラインユーティリティを提供している数少ないVPNです。

ブラウザ拡張機能として、ChromeとFirefoxで使用できますが、ブラウザ以外からのトラフィックを保護しないことにご注意ください。

 

Surfshark vs ExpressVPN

SurfsharkとExpressVPNの特徴として違う点は以下です。

Surfshark

Surfsharkには組込み型の広告ブロッカーとマルウェアスキャナーに加えて、影響を受ける可能性があるデータ漏洩を警告してくれるツールがあります。

また匿名で、広告やトラフィックを追跡しない独自のブラウザも提供しています。

ExpressVPN

ExpressVPNはサポートされているルーター用のカスタムファームウェアを提供しています。

これにより、競合他社とは異なり、インターネットアクセスが厳しく検閲されている国で使用するために複雑な設定をする必要はありません。

 

一番の違い

SurfsharkがExpressVPN(およびその他競合他社)に対して持つ最大の利点の1つは、デバイスの同時接続数に制限がないことです。

これはVPNを家族や友人と複数台共有したいユーザーにとって特に魅力的な利点です。

ExpressVPNはユーザーは最大5つのデバイスに同時接続できますが、これは必要十分な数です。

 

地域制限解除

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
Netflix アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、日本、ネザーランド その他 アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、オーストラリア、日本、ネザーランド その他
Hulu アメリカ、日本 アメリカ、日本
Sky Go Yes Yes
Amazon Prime Video Yes Yes
BBC iPlayer Yes Yes
ABC Yes Yes
CBS Yes Yes

ストリーミングサイトの地域制限解除において、SurfsharkもExpressVPNも非常に優秀です。

両方のサービスとも、ほとんどの海外ストリーミングの地域制限を解除できます。

現在、各ストリーミングサイトはVPNからのアクセスを厳しく取り締まっています。

ExpressVPNはメジャーなVPNプロバイダのため、まず取り締まり対象になりやすいです。

反対にSurfsharkは抜け穴的なVPNですので、取り締まりが緩いです。

ExpressVPNのサーバーで、ストリーミングサービスにアクセスできないときはカスタマーセンターに伝えれば、改善されます。

 

中国での利用

多くの国が特定の国内ウェブサイトへの海外からのアクセスを制限しています。

その中でも特に中国のインターネットフィルタリングツール(通称グレートファイアウォール,AKA 金盾)は世界で最も先進的なネット管理・監視ツールの1つです。

中国ではGoogleやFacebookなど世界中で利用されるプラットフォームにはアクセスできません。

グレートファイアウォールにより、ほとんどのVPNはブロックされ、中国本土では機能しなくなります。

SurfsharkとExpressVPNはどちらも中国のインターネット制限を回避できる優秀なVPNプロバイダです。

ExpressVPNは特別な設定をせずにVPNを使い始めることができます。

Surfsharkは最初にNoBordersモード([設定]> [詳細]> [NoBorders])を有効にする必要がある場合があります。

重要な点は、SurfsharkとExpressVPNの両公式Webサイトは中国ではブロックされています。

そのため出国前にアプリを事前にインストールしておく必要があります。

 

設定とUI

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
自動セットアップ Windows, macOS, iOS, Android, Linux Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Tomato, DDWRT routers
サーバーロケーションの選択方法 リスト式 リスト式
アドバンス設定 有り 有り
モバイルでの使い勝手 良い 良い

 

 

Surfshark

Surfsharkのデスクトップ版、アプリ版ともにシンプルで使いやすいです。

デスクトップ版ではメイン画面には、最近接続した国、お気に入り、最速サーバー、最も近いサーバーがリスト形式で表示されています。

キルスイッチのオンや特定のサーバーの検索、マルチホップも簡単に見つけられるため、UIは非常に素晴らしいと言えます。

 

ExpressVPN

ExpressVPNアプリは小さく、PCやMacで使用してもミニマリストな比率です。

サーバーのリストがメイン画面にないため、Surfsharkに比べると利便性が落ちますがミニマリトにはたまらないデザインです。

Locationをクリックすると別ウィンドウが開き、接続するサーバーをリストから選択します。

 

モバイルアプリ

Surfshark モバイルアプリ

ExpressVPN モバイルアプリ

SurfsharkもExpressVPNもモバイルアプリはデスクトップ版に限りなく似ています。

デスクトップ版に比べると、設定は少なくなりますが、デスクトップ版と同様にシンプルで使いやすくデバイスを簡単に保護してくれます。

 

アドバンス設定

どちらのVPNアプリにも、追加のセキュリティ機能、キルスイッチ、プロトコル、操作設定等はアドバンス設定で変更が可能です。

ExpressVPN、Surfsharkともに、オプションは別のページが開きます。

各アプリのメイン画面をすっきりと保つため、優れたデザイン設定です。

総合的に、Surfsharkがユーザーフレンドリーで、ExpressVPNアプリはミニマリストなUIという印象です。

 

サーバーとパフォーマンス

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
サーバー設置国 50カ国以上 94カ国以上
サーバー数 1700以上 3000以上

※2020年9月時点での情報です。利用可能な国の詳細は各サイトでご確認ください。

 

利用可能な国とサーバーの数

両プロバイダともに、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストリア、日本といった主要な地域にサーバーを設置しています。

利用可能な国のサーバーは各公式サイトでご確認いただけます。

Surfsharkと比較すると、ExpressVPNがより広範囲な国に多くのサーバーを所有しているのがわかります。

ExpressVPNは競合他社の中でもサーバーの数、ネットワークが最大規模で、多くの国をカバーしています。

そのため、Surfsharkのサーバーの数が少ないのではなく、ExpressVPNが多すぎるのです。

 

パフォーマンス

どちらのVPNもHD画質でストリーミングをするのに十分な速度がでます。

ExpressVPNは全体的に高速です。

Surfsharkが40Mbpsに対して、ExpressVPNの平均速度は58Mbpsです。

ExpressVPNの速度は一貫した速度を出しますが、Surfsharkの速度は遠くのサーバーに接続すると低下する傾向にあります。

そのため、遠くのサーバーでも快適に視聴したい場合はExpressVPNのほうが快適に視聴できます。

 

Surfsharkの利点

ExpressVPNははるかに多くの国にサーバーを所有していますが、Surfsharkは実際には競合他社がカバーしていない場所にサーバーを所有しています。

具体的には、パラグアイ、リビア、ナイジェリア、アラブ首長国連邦等の国です。

 

セキュリティ

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
VPNプロトコル OpenVPN, IKEv2,Shadowsocks(ベータ版) OpenVPN(UDP, TCP), IKEv2, L2TP
暗号化ビット AES-256 AES-256
RSA暗号ビット RSA-2048 RSA-4096
遮蔽技術 NoBordersによる難読化 Cipher block chaining
アプリ内セキュリティ キルスイッチ(全てのOS) キルスイッチ(デスクトップ、ルーター)
DNS 独自DNS 独自DNS

 

VPNプロトコル

ExpressVPNとSurfsharkともに、OpenVPNおよびIKEv2プロトコルで接続できます。

プロトコルの中で最も優れているのはOpenVPNであり、トップレベルのセキュリティが必要な場合におそらく必須になるシステムです。

OpenVPNの暗号化の処理は、より軽いプロトコルよりも少し遅くなる可能性があります。

全体的に、VPNプロトコルの選択は両プロバイダともにしっかりしています。

ExpressVPNは古いL2TPプロトコルもサポートしています。

L2TPは他のプロトコルが動作しないときに便利です。

一方Surfsharkは、Shadowsocksプロトコルを使うことでプライバシーにより重点を置くことが可能です。

 

暗号化ビット

両プロイバイダともに、256ビットキーでAES暗号化を採用しています。

暗号は解読できないため、万全のセキュリティです。

 

RSA暗号

ExpressVPNでは、制御チャネルに提供するセキュリティの利点があります。

制御チャネルは、セッションの確立とAESキーの割り当てを保護するために使用されます。

ExpressVPNもSurfsharkも、RSA暗号化を採用していますが、ExpressVPNはより長いキーを採用しています。

Surfsharkが2048ビットのキーに対して、ExpressVPNは4096ビットです。

セキュリティレベルは、中国に滞在している場合に特に重要になります。

現在、中国当局は1024ビットキーのRSAを解読できると考えられており、2048ビットキーの解読にも取り組んでいます。

もし将来的に、2048ビットキーの解読ができるようになれば、Surfsharkは中国では完全に安全とは言い切れなくなります。

まだ、しばらく時間がかかるとは思いますが、より安全を確保したい場合にはExpressVPNが選択肢になるでしょう。

ExpressVPNは、完全なセキュリティを確保するために、RSA暗号化を過剰に設計しています。

 

暗号ブロックチェーン

ExpressVPNは暗号ブロックチェーンという機能があります。

パケットの暗号化されたコンテンツをスクランブルし、暗号化されたデータがパターン化するのを防ぎます。

 

NoBordersモード

一方、Surfsharkは特別なNoBordersモードがあります。

NoBordersモードをオンにすれば、自由にインターネットをできるようにしてくれます。

これは中国の金盾(グレートウォール)を突破するのに役立ちます。

他のVPNプロバイダでは、データを再形成してVPNトラフィックを簡単に認識できる兆候を隠すことで、NoBorderモードと同様の機能を果たします。

 

DNSリーク

DNSの呼び出しは暗号化されません。

もし、VPNがISP(インターネットサービスプロバイダー)が指定しているデフォルトのDNSサービスを使用した場合、アクセスするすべてのWebサイトの情報は、ISP、ハッカー、または政府のスパイによってログとして記録される可能性があります。

しかし、ExpressVPNとSurfsharkどちらも、すべてのDNS参照を暗号化されたトンネルを強制的に経由させるため、第3者がWeb上でのあなたのアクティビティを盗み見ることはできません。

 

アプリ内セキュリティ

ExpressVPNもSurfsharkもともに、アプリ内に同じセキュリティオプションがあり、実際のIPアドレスが公開されるのを防ぐのに役立ちます。

また、両方ともオペレーティングシステムの起動時にVPNアプリが自動で起動するように設定できます。

つまり、常時パソコンにVPNが接続された状態に設定できます。

 

キルスイッチ

ExpressVPNもSurfsharkもともに、キルスイッチオプションがあります。

キルスイッチにより、VPNが切断された時に、パソコンで開いているソフトが自動的にインターネットから切断されます。

万が一VPNが切断されても、インターネットを切断するため情報が流出するのを防いでくれます。

Surfsharkには全体的なキルスイッチと、アプリごとに選択できるキルスイッチを設定できます。

ExpressVPNにはソフトごとのキルスイッチはありませんが、スプリットトンネルを提供しています。

スプリットトンネルにより、VPNを経由して保護するソフトを指定することができます。

 

プライバシー

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
本拠地 英領ヴァージン諸島 英領ヴァージン諸島
接続ログ 一切無し 個人が特定できないものに限る
活動ログ 無し 無し
ログイン情報 Eメール Eメール
匿名で支払う方法 Bitcoin, Litecoin, Ethereum, Ripple Bitcoin, Mint

 

本拠地

ExpressVPNもSurfsharkも本拠地は英領ヴァージン諸島です。

英領ヴァージン諸島は「ファイブアイズ(5 eyes)、ナインアイズ(9 eyes)、14アイズ(14 eyes)」のメンバーではありません。

つまり、セキュリティ監視機関にユーザーの活動の詳細を開示することも、特定の顧客を追跡するために米国または英国の裁判所命令に協力する必要はありません。

データ保持方の義務がないため、ユーザーを特定することができるログを所有しません。

 

支払い方法

使い捨てのメールアドレスを使用してビットコインで支払うことにより、より匿名でVPNを購入できます。

Surfsharkはより人気のある暗号通貨での支払いを受け付けています。

 

Eメール

アカウント開設にはEメールが必要になりますが、これは普段使っているものではなく、ログイン用にのみ使うフリーメールを新規で作成すれば、あなたを追跡することはできません。

 

設定

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
アドレスの割り当て 共有 共有
固定IPアドレス なし なし
NATファイアウォール

 

共有IPアドレス

ExpressVPNとSurfsharkともに、共有アドレス方式を採用しています。

この場合、すべての発信トラフィックにVPNサーバーのIPアドレスがラベル付けされています。

同じサーバーに同時に接続している他のすべてのユーザーも、同じサーバーのIPアドレスを取得することになります。

ターゲットWebサイトから発信者までアクティビティを追跡する場合、VPNサーバーにたどり着くことができても、どのユーザーがアクセスしたかは追跡できません。

よりプライバシー保護を強化できます。

 

カスタマーサポート

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
ライブチャット 有り 有り
チケット制 有り 有り
平均メールの返信速度 2時間40分前後 50分前後
電話での応対 無し 無し
FAQデータベース 有り 有り
ビデオ解説 有り 有り

SurfsharkとExpressVPNはどちらも電子メールとライブチャットの24時間サポートを提供しています。

最も一般的な質問に対処する大規模の検索可能なデータベースもあります。

ビデオによる解説をご希望の場合は、公式のSurfsharkおよびExpressVPNのYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

 

まとめ

ユーザー別おすすめVPN

SurfsharkとExpressVPNの両VPNプロバイダともに強くお勧めしますが、最終的にはExpressVPNの方が優れた選択肢です。

ExpressVPNは完璧なセキュリティ、通信の高速性、人気のストリーミングサービスの地域制限の解除の面でSurfsharkに勝っています。

その代わり、Surfsharkは月額料金を抑えたいユーザーにとっては非常に良い選択肢です。

ただし、より良いVPNを利用したいとお考えならExpressVPNがやはりおすすめです。

安定した高速通信によるストレスのないストリーミングやオンラインゲームを楽しめます。

94ヵ国のサーバーにアクセスでき、ほとんどのコンテンツの地域制限を解除できます。

ExpressVPNは互換性のあるルーターに簡単にセットアップできる独自のカスタムファームウェアがあります。

そして、中国で特別なセッティングを必要とせずに使える点も大きな利点です。

VPN業界の中で最大で最良のVPNが欲しいならExpressVPNです。

Surfsharkは包括的なセキュリティとプライバシー保護、安定した速度、および非常に手頃な価格で広範囲の地域制限解除を提供しています。

さらに中国でも機能するなど安いだけのVPNではありません。

トレント、ストリーミング、プライバシー保護の観点全てにおいて、Surfsharkは優れた選択肢です。

コスパが圧倒的にいいため、オンラインゲームや超高画質のストリーミングをしないという場合はSurfshark VPNがおすすめです。

ExpressVPNとSurfshark、両方とも30日間の返金保証があります。

そのためExpressVPNとSurfsharkを実際にあなたの環境でテストしてから、どちらをサブスク購入するか決めることができます。

当サイトで言えることは、どちらのVPNサービスを選択しても、安全に快適に利用できるということです。

セキュリティ
まずは30日間の無料体験だ!
 
ExpressVPN



ExpressVPNの特徴
  • 超高速通信
  • シンプルなUI
  • ストリーミング・オンラインゲームに最適
  • 信頼性の高いVPNサービス
  • 軍事レベルの暗号化
  • ログ0ポリシー
ExpressVPNレビュー詳細を読む
 
SurfsharkVPN



SurfsharkVPNの特徴
  • コスパ最強 : 最安プランだと月に250円!
  • Netflix等のストリーミングサイトの地域制限解除可能
  • プレミアム機能多数:キルスイッチ等
  • VPN初心者にとても優しい
  • 厳しいログ0ポリシー
  • 同時接続台数無制限
  • 成長性SS
  • Surfshark VPNレビュー詳細を読む

VPN関連記事

VPNおすすめ関連記事

-VPN, VPNレビュー
-,

© 2020 VPN info.jp