Torrent(トレント)

Torrentとは? | トレントの使い方/ダウンロード/危険性/用語/VPN完全まとめ

読者
Torrentとは?

この記事は「Torrentを使ってみたい」「Torrentをダウンロードしたい」という方向けの記事です。

Torrent(トレント)はファイル共有に便利でダウンロードが高速なことから様々な目的で使われています。

よく誤解されがちですが、Torrentの利用自体は完全に合法です。

ただし、Torrentファイルの中には 著作権を侵害するような違法ファイルが含まれていることもあるため最悪逮捕されることや、身元特定やなりすまし被害にあったりと様々な潜在リスクがあるため利用には細心の注意を払う必要があります。

この記事を最後まで読めば安全に簡単に「Torrentの始め方」「Torrentの危険性」など今すぐ安全にTorrentを使い始める方法がわかります。

この記事を読めば

以下のことがわかります。

  • Torrentとは
  • Torrentを安全に利用する方法
  • Torrentのダウンロード手順
  • Torrent用語
  • Torrentの使い方ク
  • Torrentのリスク
  • おすすめTorrentソフト(クライアント)
  • おすすめTorrent VPN

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開

    身元特定

  • 違法アップロード

    著作権侵害

  • ウイルス感染

    マルウェア

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上
  • 20以上のVPNプロバイダを自費購入でレビュー・比較済み
 

Torrentとは

まずはTorrent(トレント)とは何なのかを簡単に説明します。

Torrentは中央サーバーを設けないP2P方式により、BitTorrentネットワークを介してユーザー同士で直接ファイルをダウンロードおよびアップロードするクライアントソフトです。

BitTorrent以外にもμTorrentやqBittorrentなどクライアントソフトは多様ですが、いずれもコンセプトは同じです。

ダウンロードしたいファイルの全部または一部を所有する 複数のユーザーから断片化されたファイルをかき集めて、最終的にひとつのファイルとして復元する仕組みです。

ダウンロードをしたTorrentユーザーは、他のユーザーが同様にダウンロードできるように自分のデバイスからも自動的にファイルをアップロードします。

Torrentのメリットは複数のサーバー・パソコンにファイルを分散することで、負荷を少なくし効率よくファイルデータを共有ができることです。

容量の大きいファイルをひとつのサーバーに負担をかけすぎないために、複数に分散することで、負担も分散するように設計されています。

ココがポイント

Torrent(トレント)とは、BitTorrentネットワークを介してユーザー同士が直接ファイルをダウンロードおよびアップロードする行為のこと。

 
 

Torrentのメリット・デメリット

Torrentのメリット

 

Torrentによるファイル共有は負荷の分散・高速など魅力的なメリットがあるため世界中で利用されています。

 

負荷の分散

 

複数のサーバー・パソコンにファイルを分散し、負荷も分散します。

 

高速でファイル共有

 

複数の端末から同時にファイルをダウンロードできるため、高速でファイル共有ができます。

 

サーバーに依存しない

 

ひとつのサーバーに依存しないので、ファイルが消える心配がありません。

Torrent利用のリスク

 

Torrentの利用は魅力的なメリットがある反面、使い方を誤ったり自己防衛のためにVPNを使っていないと、著しいプライバシーの侵害などのリスクにも繋がる恐れがあります。

 

IPアドレスの公開

Torrentの特性上、ファイル共有者全員に実際のIPアドレスが公開されます。

 

身元特定

IPアドレスから氏名や住所など個人を特定することができます。

 

身元特定の2次被害

身元特定によりなりすまし詐欺や著作権トロール・ハッカーのターゲットになる可能性があります。

 

違法アップロード

違法ファイルを誤って共有してしまう可能性があります。

 

逮捕される可能性

著作権を侵害するようなコンテンツを誤って共有した場合は逮捕される可能性があります。

 

ウイルス感染

悪質なユーザーやハッカーによるマルウェアなどのウイルスをファイルに仕組まれている可能性があります。

 

Torrent利用の手順

当記事ではTorrentの危険性やリスク、専門用語などを説明していきますが、とにかくTorrentを今すぐ使い始めたいという方はTorrent利用の手順の項目までスキップしてください。

以下ではTorrentを利用する上で必要になる専門用語を簡単に説明した後で、Torrentの仕組み・使い方を説明します。
 

Torrent用語

Torrentを使い始める前に、以下の用語とその意味をしっかり覚えておきましょう。

Torrent用語

  • .torrentファイル
  • ピア(Peer)
  • シーダー(Seeder)
  • シード(Seed)
  • BitTorrent(ビットトレント)
  • クライアント
  • トラッカー
  • トラッカーサイト
各用語詳細

.torrentファイル

.torrentファイルはファイルをダウンロードするために必要なファイルです。トレントファイルの情報をもとにダウンロードが開始されます。
 

ピア(Peer)

ピア(Peer)はダウンロードを始めた人、あるいはダウンロード途中の人のことです。P2Pとは「Peer to Peer」の略で、ファイルデータが未完成な人同士もダウンロード・アップロードをしながら共有しています。
 

シーダー(Seeder)

シーダー(Seeder)はファイルを配布(アップロード)する人のことです。ファイルを100%ダウンロードした後、接続を切らずにしておくと自動的にシーダーになります。シーダーの数が多いほどダウンロードが高速に行われやすくなり、反対にシーダーの数が少ないとダウンロードは遅くなります。

シード(Seed)

シードはシーダーがアップロードしている状態のことです。
 

BitTorrent

BitTorrent(ビットトレント)は、インターネット上でダウンロードやアップロードを可能にするファイル共有方法です。P2P(ピーツーピー)と呼ばれたりもします。BitTorrentは他のP2Pと比べても大容量のファイルを高速で転送することができ、海外では個人間だけでなく企業のファイル共有手段として使われることもあります。
 

クライアント

クライアントはトレントファイルを解析して、トラッカーからピア情報を取得し、他のクライアントと通信してファイルをダウンロードを実行するプログラムのことです。クライアントの種類としては、BitTorrent、μtorrentなどがあります。
 

トラッカー

トラッカーはクライアントからの要求に応じ、ピアのIPアドレスとポートの一覧を更新して返すサーバー側のプログラムです。
 

トラッカーサイト

トラッカーサイトはサイト自身でトラッカーを動作させ、トレントファイルの登録を許容しているサイトです。トレントファイル内のトラッカーの一覧に、運営しているトラッカーが記述されているのが特徴です。違法な利用を避けるために、トレントファイルを登録するために、ユーザー登録を義務付けていることが多いです。

 

Torrentダウンロードの手順

上記のTorrent用語を使って、Torrentダウンロードの手順を説明していきます。

Torrentファイルダウンロードの手順

 

1.Torrentファイルをダウンロード

トラッカーサイトなどから.torrentファイルをダウンロード

 

2.Torrentファイルの実行

クライアント(BitTorrent等)を起動し、トレントファイルを解析し、トラッカーからピア情報を取得

 

3.ファイルの共有

他の接続者とピアを通して、ファイルのダウンロード・アップロードをして共有

 

4.ダウンロード終了

ダウンロードが終了して、そのまま置いておくとシーダーとして他人にファイルを共有する

Torrentはトラッカーサイトなどから、.torrentファイルをダウンロードし、クライアント(BitTorrent)を起動することでファイルを解析し、分散されたサーバーからファイルデータの断片を復元しダウンロードします。
 

Torrentダウンロードに必要なもの

Torrentをダウンロードするために必要なツール・環境は以下の4点です。

Torrentダウンロードに必要なもの

1.トラッカーサイト

.torrentファイルの入手に必要

2.クライアント

Torrentファイルの実行に必要

3.インターネット

アップロード・ダウンロードに必要

4.Torrent VPN

P2P利用のリスク回避に必要

Torrent(トレント)の使い方まとめ | 今すぐ安全に始めたい方向け
 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.69(約420円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

 

Torrentの仕組み・目的

Torrentの仕組みはクライアントソフトを通じて、接続者同士が直接デバイスからファイルデータを送受信するものです。

中央サーバーからファイルをダウンロードするのとは異なり、ダウンロードしたいファイルの全部または一部を所有する 複数のユーザーから断片化されたファイルをかき集めて、最終的にひとつのファイルとして復元します。

ダウンロードをしたTorrentユーザーは、他のユーザーが同様にダウンロードできるように自分のデバイスからも自動的にファイルをアップロードします。

Torrentネットワークは効率的な転送と負荷の分散を目標としているため、全てのユーザーができるだけ長く接続を続け、シード状態を保つ事が本来の望ましいとされています。

シードが0の場合、復元できる情報を集めることができないためダウンロードは原則的に完了しません。

ここで注意していただきたいのは、Torrentはダウンロードを一方的にするのではなく分散を目的としているため、アップロードも必ず同時に行なっているという点です。

この点をしっかり理解していないと、トラブルや 最悪の場合逮捕ということがあります。

ココがポイント

Torrentファイル共有者は必ずダウンロードとアップロードを同時にしている。

 

Torrentは違法?

Torrent自体は完全に合法です。

よく勘違いされやすいですが、Torrent利用に違法性はありません。

その代わり、 著作権に触れるコンテンツを違法にダウンロード・アップロードする行為が違法性を持ちます。

ココがポイント

Torrent自体は違法ではないが、著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードすることは違法

Torrentの合法な使用用途

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。
Torrent(トレント)とは? 安全? 違法?
 

Torrent利用のリスク

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開

    身元特定

  • 違法アップロード

    著作権侵害

  • ウイルス感染

    マルウェア

 

IPアドレスの公開

TorrentはP2Pを利用した、ネットワーク上で共有されるコンテンツの情報を、接続者同士でデータの断片を繋ぎ合わてダウンロードする形式をとります。

Torrent利用中はあなたの IPアドレスは他の接続者に公開され、IPアドレスの公開がTorrent利用最大のリスクです。

IPアドレスとは

IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、またIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求され、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

VPNを使えばあなたのIPアドレスの代わりに VPNサーバーのIPアドレスを表示するので、実際のIPアドレスを秘匿してくれます。

ISPに限らず、しかるべきツールを所有しているハッカーや傍聴者は簡単にIPアドレスからユーザーの身元を特定することができます。

ココがポイント

Torrent利用の最大のリスクはIPアドレスの公開。IPアドレスを秘匿しプライバシーを保護するためにはVPNが必須

 

身元特定のリスク

IPアドレス公開による氏名や住所などの個人情報を特定される主なリスクは以下の3点です。

  • なりすまし詐欺
  • 著作権トロール
  • 誤って違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

なりすまし詐欺

住所や氏名が特定されているため、詐欺集団に顧客リストとして販売されてしまった場合、なりすまし被害のターゲットにされる可能性があります。

警察や架空の企業や人物になりすまして、後ろめたさを突かれたりや言葉巧みに金品を要求されるターゲットになる可能性が十分にあります。

例えば身に覚えのない請求や会員登録などあらゆる手を使って騙そうとしてきます。

著作権トロール

著作権トロールはTorrentなどの違法ファイル共有者を対象に、著作権を自身の著作物の保護のために行使するのではなく訴訟による賠償金獲得を目的として行使する行為のことです。

著作権トロールの一般的な訴訟までの手順は以下です。

  1. Bittorrentネットワーク上で所有する著作権に関連するファイルを監視し
  2. 該当ファイルを共有しているユーザーのIPアドレスを収集
  3. 収集したIPアドレスから片っ端にISPに情報開示を要求しユーザーの身元を割り出す
  4. 著作権侵害で訴えるとファイル共有者に連絡
  5. 和解金を受け取ると訴訟を取り下げる

違法ファイルを共有した場合は逮捕される可能性

共有ファイルの中に著作権を侵害するコンテンツが含まれている場合は逮捕される可能性があります。

著作権で保護されたアニメや映画、ゲームなどのコンテンツを無断でアップロード・ダウンロードすることは違法行為です。

民事的に違法の場合、損害賠償責任を負い、刑事的に違法の場合、逮捕、起訴され前科が付くということもあります。

実際のIPアドレスが接続者に公開されるため氏名や住所が特定されるため、違法ファイルを共有してしまった場合、身元特定されているので警察は逮捕することができます。
 

違法アップロード

Torrent利用中はたとえダウンロードだけを目的に使用していても、 必ず同時にアップロードをしていることになります。

相互補助によるファイル共有がTorrentの理念のため、一方的にダウンロードだけというのはできず、必ずアップロードも同時にします。

この点を理解せずに利用していると、 刑事上の著作権法違反にあたり起訴・有罪判決を受け懲役・罰金・前科が発生します。

Torrentの利用自体に違法性はありませんが、 著作権で保護されたコンテンツを違法にダウンロード・アップロードしている可能性もあることにご注意ください

またどれだけ注意をして利用していても共有しているファイルの中には違法ファイルが含まれており、 意図せずアップロードしてしまうことも往々にあります。

Torrentファイルはダウンロードが完了するまで、ファイルの中のデータを確認することができません。

そのため 知らず知らずのうちに違法ファイルのアップロードに加担してしまう可能性もあります。

誤って違法ファイルを共有してしまうことがあるかもしれないので、後述する「Torrent VPN」で必ず実際のIPアドレスを秘匿して身元特定に繋がらないようにする必要があります。

Torrent(トレント)が違法になるケース| 逮捕される条件や自己防衛の方法

ココがポイント

知らないうちに違法ファイルをアップロードしてしまう可能性があるため「Torrent VPN」が必須

 

ウイルス

ダウンロードしたTorrentにウイルスが仕込まれていたというのはよくあるケースです。

お使いのパソコンがウイルスに侵されて使えなくなることもあります。
 

Torrentを安全に使う方法

上記のTorrent利用における主要な3つのリスクを回避して、Torrentを安全に使う方法は2点です。

Torrentを安全に使う方法

  • VPNでIPアドレスを秘匿する
  • ウイルス対策ソフトの導入
 

VPNでIPアドレスを秘匿する

VPNでプライバシー保護

 

VPN接続によりIPアドレスを変更することで、実際のIPアドレスを秘匿化しプライバシー・セキュリティ保護をします。

 

IPアドレスの秘匿

VPNは実際のIPアドレス秘匿します。

 

身元特定に繋がらない

IPアドレスから身元を特定することができなくなります。

 

ハッキングの回避

IPアドレス特定によるサイバー攻撃などを回避できます。

Torrent利用最大のリスクは IPアドレスが公開されることで、IPアドレスの公開により、 詐欺被害、なりすまし、個人情報の特定などさまざまな被害に遭う可能性が広がります。

そのため実際に使っているIPアドレスを秘匿するためにVPNに接続する必要があります。

 
VPNとは?

VPNとは

VPNとはIPアドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、匿名性を保つことができるようにする技術です。

プライバシーやセキュリティを高めてくれるだけでなく、海外のブロックされたコンテンツにアクセスできたり、反対に海外から日本限定のコンテンツにアクセスすることができるようになります。

VPN接続をすることでオンライン活動が暗号化され、匿名性を保ち、ISPや傍聴者からプライバシーの保護、セキュリティの強化に繋がります。

VPNまとめ
 

誤って違法ファイルの共有に加担しても

VPNを使えばIPアドレスを変更するため、違法アップロードに誤って加担した場合も、身元を特定することができないため安全にTorrentを利用できます。

共有しているファイルの中に著作権を侵害するコンテンツが含まれていることを知らなかった場合でも、違法ファイルをアップロードしたという事実に代わりはありません。

上述の通り、ダウンロードが完了するまでファイルの中身が確認できないため、どれだけ注意を払っても違法アップロードに加担してしまう可能性は十分にあります。

そのためいくら合法のTorrentファイルを共有する目的でも「Torrent VPN」は全てのTorrentユーザーに必須の自己防衛策です。
 

VPNでIPアドレスを変更する

VPNを使えば、実際に使っているIPアドレスを秘匿し、代わりにVPNサーバーのIPアドレスをTorrent接続者に公開します。

VPNサーバーのIPアドレスが公開されるため、ユーザーの個人情報やIPアドレスから追跡できる情報を特定されることはなくなります。

Torrentを利用したい場合は、IPアドレスを秘匿するためにVPNの使用は必須で、まだVPNを使用していない方は今すぐ導入して安全にTorrentを利用しましょう。

VPN接続なしでTorrentを使うと...

VPN接続なしでTorrentを使う危険性を以下の記事にまとめています。

「VPN接続なし」でTorrentで使うとどうなるの? 【知らないと危険】

Torrentの利用に特化したおすすめVPNは後述します。

>>おすすめTorrent VPNの項目までスキップ

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.69(約420円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

 

ウイルス対策ソフトの導入

Torrentファイルに含まれるウイルスを検出するためにセキュリティソフトを導入しましょう。

ウイルスは感染してからでは、手遅れのため感染前に検出して回避する必要があります。

ウイルスの種類はさまざまで、パソコンをクラッシュさせるのが目的のものや、個人情報を流出させる目的など多岐に渡るため、細心の注意を払いましょう。

おすすめのウイルス対策ソフトはノートン360やカスペルスキーです。

以上がTorrentの概要・リスクとその対処法です。

以下では実際にTorrentを使い始める手順を紹介していきます。
 

Torrent利用の手順

VPN購入からTorrent利用までは以下の手順に沿っていけば、普段インターネット関連に慣れていない方でもすぐに使い始めることができます。

Torrentの始め方

   
 

1.Torrent VPNのインストール

NordVPNのような優秀なTorrent VPNをインストールしましょう。

 

2.VPNの設定最適化

Torrent利用に最適になるようにVPNの設定を変更しましょう。

 

3.BitTorrentクライアントのインストール

Torrentファイルを共有するためのクライエントをインストールしましょう。

 

4.VPNをqBittorrentにバインド

バインドすることで、個人情報の流出をより確実に抑えることができます。

 

5.Torrentの利用開始

トラッカーサイトからTorrentファイルを探して利用開始いただけます。

 

Torrentの共有

Torrentファイルの共有をし、ダウンロード・アップロードをします。

以下ではTorrent VPNプロバイダの選択から、Torrentのダウンロードまでの手順の詳細を説明します。
 

1.Torrent VPNのインストール

Torrentを安全に使うためには当サイトでおすすめしているNordVPNのような優れたTorrent VPNプロバイダを選択する必要があります。

Torrent VPNの必要性

Torrentを安全に利用するために必須なのがVPNです。

実際に使っているIPアドレスを秘匿し、代わりにVPNサーバーのIPアドレスをTorrent接続者に公開するため、クラッキングや個人情報の漏洩を防いでくれます。

そして、数あるVPNの中でもTorrent利用に特化したTorrent VPNの利用を強くおすすめしています。

Torrent VPNが必要な理由は、盗聴者やハッカーからあなたのプライバシーや個人情報を保護するためです。

誤って違法なコンテンツをアップロードすることだけがTorrent利用のリスクではありません。

P2Pネットワークに接続すると、オンラインアクティビティは基本的に公共的になり、適切なツールを持っている人なら誰でも あなたの活動内容を追跡できます。

つまり個人情報や機密情報が簡単に盗まれる可能性もあり、 プライバシー・セキュリティの観点から大きなリスクを背負うことになります。

そのため、お使いのデバイスを高品質のTorrent VPNで保護することが、オンラインアクティビティを追跡したり、ユーザー特定を回避することの最良な手段です。

無料のVPNプロバイダは 安全に使うどころか、反対になりすましや詐欺・個人情報の流出などのリスクがあるため絶対に使用しないでください。

以下ではTorrent向けVPN選択の条件と当サイトでおすすめしているVPNプロバイダを紹介します。

最適なTorrent VPNの条件

最適なTorrent VPNの条件は以下です。

  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

 

IPアドレスの匿名化

実際のIPアドレスを匿名化(マスキング)できるプロバイダを選択しましょう。

ノーログポリシー

身元特定に繋がるユーザー情報のログを一切収集しないプロバイダを選択しましょう。

キルスイッチ

VPNが不意に切断される時、同時にインターネット接続も切断してくれます。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

当記事で紹介するような適切なTorrent VPNを導入すれば、IPアドレスを秘匿しプライバシーを保護することができるためTorrent利用の危険性を排除することができます。
 

 

おすすめのTorrent VPN

Torrent利用のリスク回避に最も効果的な方法はTorrent VPNの導入です。

VPNユーザーの実際のIPアドレスを秘匿することでハッカーや政府当局、ISPからユーザーのオンラインアクティビティを秘匿できるため、VPNを導入すればTorrentを安全に使うことができるようになります。

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

ノーログポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダで、購入から使い始めるまで5分もかかりません。


ランキング

1位. NordVPN

おすすめ度 5.0  

総合力ナンバーワン
最安月額料金 : $3.69(約420円)

 

2位.ExpressVPN

おすすめ度 4.8  

高速通信
最安月額料金 : $6.67(約768円)

 
Torrent VPNの必要条件
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

 

NordVPNはTorrent VPNとして最適

当サイトではNordVPN、ExpressVPNの2つをベストTorrent VPNとしておすすめしています。

特にNordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

二重暗号化、キルスイッチ、DNS漏れブロッキング、厳格なノーログポリシー、P2P専用サーバーのおかげで、安全にTorrentを利用できます。

TorrentをサポートしているP2P専用サーバーは米国、英国、その他世界中に数百あり、より安全にTorrentを利用したい方に最適なプロバイダです。

またVPN側でトレントのトラフィックを検出すると、自動的に現在地から最適なP2Pサーバーに接続するため、非常に簡単で初心者にも使いやすいです。

NordVPNはキルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なノーログポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も完全なTorrent VPNを提供していると結論づけました。

通常$11.99(約1378円) ですが、今なら最大66%OFFの割引で月額たったの$3.69(約420円)から利用できる超お得なキャンペーン実施中です。


NordVPNは全プラン通じて30日間の返金保証により全額返金できますので、まずはお使いのデバイス・環境に適しているかを無料トライアルで試してみましょう。

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!

当サイトNo.1 Torrent VPN

 

新春初売りセール実施中

NordVPN - コスパよく最高品質のTorrent VPNを今すぐ入手

 

NordVPNはユーザーの身元特定に繋がらない「厳格なノーログポリシー」に、強力なプライバシー保護の「キルスイッチ」と「スプリットトンネル」を提供しているため最も安全かつコスパよくTorrentを利用できます。今だけ月額$11.99(約1378円) →$3.69(約420円)【キャンペーン実施中】30日間の返金保証により、全てのプランで無料トライアルができます。

 
 

2.VPNの設定最適化

Torrent向けVPNプロバイダをサブスク、インストールしたあとは実際にTorrentを利用し始める前にまずはキルスイッチを設定しましょう。
 

キルスイッチ

キルスイッチとは

キルスイッチとはVPN接続が予期せず切断された場合、同時にデバイスからインターネット接続を切断する機能のことです。

予期せずVPNが切断された時に実際のIPアドレス(個人情報の漏洩)が流出するのを防げるため、キルスイッチはVPN利用する上で絶対に必要な機能です。

一般的にTorrent利用中は何時間もダウンロードするため、ダウンロード中にパソコンから離れることが多いため、キルスイッチは全てのTorrent利用者にとって特に必須のツールです。

キルスイッチがない場合、Torrent利用中にVPN接続が切断されると、IPアドレスが公開されたままになり、個人の特定に繋がる可能性があります。
 

キルスイッチを有効化する設定方法

NordVPNでキルスイッチを有効化する方法

NordVPNでキルスイッチを有効化する方法は以下です。

  1. 画面左下のメニューアイコンをクリック
  2. Kill Switchメニューの中から"Kill Switch (Advanced)"横にあるチェックボックスにチェックを入れる
ExpressVPNでキルスイッチを有効化する方法

ExpressVPNソフト内ではキルスイッチという言葉を使用していないため少し困惑されるかもしれませんが、キルスイッチは存在しています。

  1. 画面左上のメニューアイコン ≡ をクリックし、オプションを選択。
  2. 一般カテゴリからNetwork Lockの項目を探す
  3. "Stop all internet traffic if the VPN disconnects unexpectedly"横のチェックボックスをクリックして有効化する
 

3.BitTorrentクライアントのインストール

VPNアプリでキルスイッチをオンにした後は、Torrentを利用するために信頼できるトレントクライアント(アプリ・ソフト)を選択する必要があります。

Torrentはさまざまな場所からの多数のファイルで構成されているため、インターネットからトレントをダウンロードしただけで終了ということにはなりません。

Torrentクライアントの仕事は、ダウンロード後に完全なパッケージを入手するために、すべてのファイルを管理してまとめることです。

クライアントを選択するときは使いやすい、軽量、カスタマイズ可能なクライアントが望ましいです。

安全にTorrentを利用できるようにある程度のカスタマイズができるとより良いです。

当サイトでおすすめするTorrentクライアントは以下で、特にqBitTorrentが高度な設定やバインドができるため定番です。
 

おすすめTorrentクライアント

  • qBitTorrent:十分なカスタマイズが可能で広告はありません。バインドすることでより安全に使えるため一番おすすめです。
  • uTorrent:クリーンでシンプルなインターフェースを備えた幅広く利用されているトレントクライアントです。広告が表示されますが、機能をカスタマイズできます。
  • BitTorrent:ドラッグアンドドロップ機能を備えたユーザーフレンドリーなインターフェイスで、初心者に最適です。uTorrent同様に広告が表示されます。
  • Deluge:多くの拡張機能と互換性のあるオープンソースクライアントです。ただし初心者向けではありません。
 

4.VPNをqBittorrentにバインド

バインドはTorrent VPNにおけるキルスイッチ似た働きで、VPNが切断された場合にクライアント側でTorrentファイルのダウンロード・アップロードを切断します。

つまりバインドをしておくことで、VPNが不意に切断されてしまっても実際のIPアドレスがファイル共有者に漏れることなく、身元特定などを回避することができます。

より安全にTorrentを使いたいという方はVPNとqBittorrentのバインドを必ず設定しておきましょう。

「qBittorrent」の設定方法まとめ| Torrentを安全に実行するためにバインドを設定しましょう
 

5.Torrentサイトにアクセスする

VPNとTorrentクライアントの設定が終了すれば、トラッカーサイトからTorrentファイルを探してダウンロードします。

ダウンロードした.torrentファイルをクライアント上で起動すれば、Torrentの共有が開始します。

トラッカーサイトにアクセスできない場合は、ISP(インターネットサービスプロバイダ)がトラッカーサイトへの アクセスを禁止している可能性があります。

VPN接続で対象地域を変更することでトラッカーサイトにアクセスできるようになります。

多くのTorrentサイトは広告が大量に貼り付けられていたりする場合もあるので、広告ブロッカーを有効化することをおすすめします。

NordVPNは組み込みで広告ブロッカーの「CyberSec」が備え付けられているため、大量の広告に煩わされることはありません。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。

トラッカーサイトは以下の記事にまとめてあります。

 

6.Torrentの共有

Torrentのダウンロードは、Magnetリンクからまたは.torrentファイルのダウンロードの2種類あります。

Magnetリンクには、.torrentファイルではなく、リンクに必要なすべての情報が含まれています。

.torrentファイルを保有する必要がないため、Torrentサイトにとってはメリットがあります。

ただし、最近のすべてのBitTorrentソフトは両方のダウンロード方法をサポートしているため、 利用者の観点からはどちらのオプションを選択してもほとんど違いはありません。

Magnetリンクまたは.torrentファイルをTorrentクライアントで実行すれば、ファイルの共有が開始されます。
 

ダウンロード前にコメントを確認

違法ファイルやマルウェアが入ったファイルを誤って共有しないためにも.torrentファイルをダウンロードする前にコメントをしっかりと確認しましょう。
 

Torrentのダウンロードが進まないときは

Torrentのダウンロードが進まないときの原因と対処法は以下の記事にまとめています。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

Torrent VPNの安全検証方法

実際にTorrentを利用し始める前にVPNがしっかりと動作しているか検証しましょう。

検証方法は以下の記事にまとめています。

VPNをTorrent(トレント)のために使う方法・設定まとめ【Windows, MacOS, Linux】
 

無料VPNは絶対に使わない

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?

 

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 

Torrent Q&A

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するのが目的で、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ 違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする行為は違法です。

Torrentの合法な使用用途

  • オープンソースソフトウェアの共有
  • Linuxディストリビューションなどのオープンソースソフトウェアは、多くの場合、BitTorrent経由でダウンロードできます。ディストリビューションを維持している組織がファイル自体をホストする必要がなくなります。
  • 著作権の有効期限が切れた古いコンテンツ
  • 映画、本、音楽などのパブリックドメインメディアは、BitTorrentを介して検索し、合法的にダウンロードできます。映画、ゲーム、本、音楽を制作している独立したアーティストは、多くの場合、コンテンツを無料でBitTorrentに投稿しています。
 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

Torrent VPNの必要条件は以下です。
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • 厳格なノーログポリシー
  • 高速ダウンロード速度
  • P2P接続の公認
  • キルスイッチ
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

この中でも特にTorrent VPN選びで最も重要なポイントは「IPアドレスの匿名化」「厳格なノーログポリシー」「キルスイッチの有無」です。

これらはTorrent利用のリスクであるなりすまし詐欺・著作権トロール・違法ファイル共有による逮捕などを回避するために絶対に必要な条件です。

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるにはVPNプロバイダが明確な「ノーログ」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

上記7つの機能を備えたTorrent利用に最適なVPNプロバイダとして、NordVPNExpressVPNをおすすめしています。

Torrent VPNに必要な条件の詳細は以下の記事にまとめています。

Torrent(トレント)VPNに必要な機能まとめ
 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

無料VPNプロバイダの大多数は 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

「無料VPN」でTorrent(トレント)は安全に使える?

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

VPNはISPによるスロットリングを防ぐことでTorrentのダウンロード速度を維持することができます。

言い換えると、速度は速くなりませんが速度が遅くなることもなくなります。

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると 自動的にインターネット速度が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は 明確な理由もなく接続が切断されることもあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなりスロットリングを回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事では、これからTorrent(トレント)を始めたいと考えている方に向けて、Torrentを安全に利用する方法、ソフトのインストール、Torrentのダウンロード等、Torrentに関わるすべてのことをわかりやすく説明しました。

Torrentを利用する上での危険性は、IPアドレスの公開、違法アップロードの加担、ウイルス感染の3点です。

これらの対策として、VPNを利用することでIPアドレスの秘匿、セキュリティソフトの導入でウイルス感染を未然に防ぐことでTorrentを安全に利用できます。

特にVPNでIPアドレスを秘匿することで、攻撃的なハッカー(クラッカー)からのマルウェア攻撃や個人情報の流出を防いでくれるため、Torrentを利用するためにはVPNは必須の防犯策です。

Torrent VPNはトレントの利用に特化しており、VPNプロバイダもトレントのために利用することを許可しています。

当サイトではベストTorrent VPNとしてNordVPNを強くおすすめしています。

NordVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、高いパフォーマンスとコスパのバランスが良く当サイトで1番人気のTorrent VPNです。

二重暗号化、キルスイッチ、DNS漏れブロッキング、厳格なノーログポリシー、P2P専用サーバーのおかげで、安全にTorrentを利用できます。

30日間の無料返金保証期間があるので、まずはお使いのデバイス・環境に合うかをテストしましょう。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPNで、実質的に月額わずか$3.69(約420円)で、全プラン通じてリスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

Torrent関連記事

Torrentとは

詳しく

Torrentの使い方

詳しく

ダウンロード手順

詳しく

VPNの設定

詳しく

-Torrent(トレント)

© 2023 VPN info.jp