VPN

ファイブアイズとは?超わかりやすいまとめ!

最近日本でもファイブ・アイズ(5 eyes)という言葉を耳にすることが多くなってきていますね。

日本がファイブ・アイズに参加する可能性がでてきたからです。

屈強なセキュリティ
そもそもファイブアイズって何?

ファイブ・アイズとは、米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国がUKUSA協定に基づいて、情報共有を目的として結成された組織です。

プライバシーに関心がある方は以前からご存知だったという方も多いでしょうが、もし日本がファイブアイズに参加することになれば、私たちの日常にどのような変化があるのでしょうか?

この記事では

5アイズ、9アイズ、14アイズとは何かを超わかりやすいまとめました。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • VPN利用歴7年。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆3年以上

 

5アイズとは?

簡単に言えば、5アイズ同盟は国際的な情報共有を目的とした組織です。

ファイブアイズ参加国の 国民のネットの利用状況を政府が広く監視し、機密情報等の情報共有をしています

最近日本でも参加するか否かで、また5アイズという言葉を耳にするようになりましたが、2013年にスノーデン文書によってその存在が大きく取り上げられました。

米国国家安全保障局(NSA)の行っていたネット監視問題をめぐる膨大な機密情報文書の中で、アメリカ政府と監視・情報を共有している上記の5カ国を「5 Eyes」と呼んでいたということから存在や内容が広く知られるようになりました。

 

結成のきっかけ

もともとは冷戦時代に、アメリカとイギリスがソビエトの情報を解読することを目的に情報を共有するという合意でした。

1950年代後半にはカナダ、オーストラリア、ニュージーランドも同盟に加わり、5か国 = 5 Eyes(5つの目で監視するといったところです)同盟国になりました。

現在では、参加国のネットの活動を監視し、機密情報を共有したり幅広く監視しています。

 

5アイズ派生組織

5アイズは派生して、9アイズ、14アイズという3次組織まで存在します。

オリジナルの5アイズほどではないにしても、9アイズ、14アイズにも機密情報やネットユーザーの行動が情報共有されています。

3つの同盟には以下のような国が含まれています(これ以外にも参加している国がある可能性があります)。

5アイズ アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド
9アイズ 5アイズ同盟国 + フランス、デンマーク、オランダ、ノルウェー
14アイズ 9アイズ + ドイツ、スペイン、イタリア、スウェーデン、ベルギー

5アイズとプライバシー

監視機関である5アイズ、9アイズ、14アイズ加盟国の下では、 インターネットユーザーのプライバシーが侵害される可能性があります。

アイズ加盟国政府はあなたの ネットのデータに(無断で)アクセスすることができるうえに、他国とあなたのネットデータや情報を共有します。

現在日本は5アイズ、9アイズ、14アイズには参加していませんが、将来的に5アイズを拡大化した組織に参加することも検討しています(日本が実際に参加できるレベルにあるかは別にして)。

もし日本がファイブ・アイズに参加すると、自身のプライバシーは自分で守る必要があります。

政府からプライバシーひいてはあなた自身のオンライン上での自由を守るためにはVPNを使う必要があります。

 

5アイズとVPN

5アイズ加盟国からのプライバシー侵害を避けるためにはVPNを使う必要があります。

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、接続しているインターネットサーバーを自由に変更することができるため、5アイズ加盟国にいながらでも非参加国からアクセスしているように振る舞うことができます。

たとえば、5アイズ参加国のアメリカからインターネットを使っている場合、VPN接続で日本やその他5アイズに参加していない国のサーバーに切り替えることで、アメリカにいながらでも日本やその他の国からインターネットにアクセスしていることに(オンライン上では)なります。

非加盟国のサーバーに接続することで、5アイズの監視対象に当たらず、自由にインターネットを楽しむことができるようになります。

VPNについての詳細は以下にまとめておりますので、参考にしてください。

VPN関連記事

 

5アイズ回避用VPNの選び方

5アイズ回避するためのVPNを選ぶポイントは以下の2点です。

ポイント

  • VPNプロバイダの本拠地
  • ログなし方針

 

VPNプロバイダの本拠地

5アイズの監視を避けるために絶対に必要な条件その1は、VPNプロバイダの本拠地です。

VPNプロバイダの本拠地が5,9,14アイズ参加国の場合、政府の要請があればプロバイダは情報を提供する可能性があります。

これではプライバシーを保護するために、V PNを利用する意味がまったくないと言えます。

そのためVPNプロバイダの本拠地が、5アイズに情報共有をしない非加盟国にあることが絶対条件です。

 

ログなし方針

5アイズの監視を避けるために絶対に必要な条件その2は、VPNプロバイダのログなし方針です。

VPNプロバイダによっては、ユーザーを特定することができるログや、オンラインで何をしていたかを記録しているログを保持しています。

これらのVPNプロバイダは政府の要請やハッカーからの攻撃を受けた場合に、機密情報・個人情報が第三者に渡る可能性が残っています。

そのため、はじめからユーザーを特定できるログを保持しない厳しいログ0ポリシーを持つVPNプロバイダーを選択する必要があります。

以上の2点を踏まえて、当サイトでおすすめするVPNプロバイダを紹介します。

 

おすすめVPNプロバイダ

当サイトで最もおすすめしているVPNはExpressVPNです。

ExpressVPNは上述のVPNプロバイダの本拠地と厳しいログなし方針の条件をクリアしています。

またVPN業界の中でトップレベルのセキュリティ、通信速度を誇っているため一番いいVPNが欲しいかた、VPN選びを失敗したくない方にとてもおすすめのVPNです。

ExpressVPN

ExpressVPN 5.0

通信速度、プライバシー保護、地域制限解除ナンバーワンで完全ベストVPN

本拠地:英領ヴァージン諸島| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, YouTube, Amazon, Hulu | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:3000以上|サーバー設置国:94カ国| 最大同時接続デバイス数:5

ポイント

  • 12ヶ月プラン(+3ヶ月無料):$8.32(約862円) / 月
  • 6ヶ月プラン:$9.99(約1035円) / 月
  • 1ヶ月プラン:$12.95(約1342円) / 月
  • 返金保証期間:30日
公式サイト:expressvpn.com

ExpressVPNはまたしても最高のVPNの座に君臨しています。

ExpressVPNは94か国の160か所に3,000を超えるサーバーを所有しています。

データを安全に保つために、アメリカ政府と同様のAES-256暗号化と、他のさまざまなプロトコル(IKEv2、OpenVPN、L2TP / IPSecなど)をオプションとして提供しています。

ExpressVPNは長期ユーザーにも経験の浅いユーザーにもセットアップもしやすく、直感的に使えるミニマリストなUIです。

VPNを探している多くの方にとって、地域制限のかかっているWebサイト/サービスのブロック解除、TVストリーミングがどれだけ利用できるかはVPN選びの大事な鍵でもあります。

 

トルコでログなしを証明

ExpressVPNはユーザーのセキュリティとプライバシー方針を遵守していることを証明した事例があります。

2017年のアンドレイ・カルロフ大使暗殺(ロシア)の捜査でExpressVPNはログを取っていないことを証明しました。

トルコ当局は、暗殺の容疑者がExpressVPN経由でデータを削除したため、ExpressVPNのサーバーを差し押さえ、容疑者を追跡しようとしました。

しかし、ExpressVPNはログやデータを一切保存しないため、当局は容疑者の情報を何も得ることができませんでした。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、まずは実際に試してみてから購入を継続するか検討してみてください!

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
 
ExpressVPN


ExpressVPNの特徴
  • 超高速通信
  • シンプルなUI
  • ストリーミング・オンラインゲームに最適
  • 信頼性の高いVPNサービス
  • 軍事レベルの暗号化
  • ログ0ポリシー
ExpressVPNレビュー詳細を読む
ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。

ExpressVPN関連記事

 

その他おすすめVPN

ExpressVPNに次いでおすすめなのが、NordVPNSurfshark VPNです。

この2つのVPNプロバイダもExpressVPNと同じく、本拠地とログなし方針の条件をクリアしています。

以下に関連リンクを記載しておりますので、参考にしてください。

VPNおすすめ関連記事

 

まとめ

この記事ではファイブ・アイズについて超わかりやすく説明しました。

5アイズとは、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国によるインターネットユーザーの監視・加盟国内情報共有を目的とした組織です。

5アイズの派生として、9アイズ、14アイズもあり、加盟国同士で情報共有がされています。

アイズ加盟国内でインターネットを利用する場合はあなたのプライバシーや個人情報が監視されたり、侵害される可能性があります。

そうした監視やプライバシー侵害を回避するためにはVPNの利用がマストです。

VPNを使えば、非加盟国のサーバーのIPアドレスを入手できるため、アイズの監視からも外れます。

そしてVPNを選ぶときは、VPNプロバイダの本拠地・ログなし方針であるかが非常に重要な要素になります。

当サイトでは、上記2点の条件をクリアする、ExpressVPNをはじめ、NordVPNSurfshark VPNの利用を強くおすすめしています。

ランキング

  1. ExpressVPN通信速度トップ:おすすめ度 5.0
  2. セキュリティ・速度・信頼性が非常に高いVPNプロバイダのトップ。特にストリーミングやオンラインゲーム向け

  3. NordVPNバランストップ:おすすめ度 4.8
  4. セキュリティ・安定した通信速度・コスパのバランス1位。全てのコンテントとTorrentとマルチVPN。

  5. Surfshark VPNコスパトップ:おすすめ度 4.6
  6. 同時接続台数無制限に独自のプレミアム機能、そしてなによりコスパが非常に高い。

VPN関連記事

VPNおすすめ関連記事

-VPN

© 2021 VPN info.jp