Torrent(トレント)

Torrent(トレント)サイトにVPNが必要ですと警告される理由

読者
TorrentサイトにVPNが必要ですと英語で書かれてるけど、怖い・・・。何これ・・・

Torrent(トレント)サイト利用時にVPNが必要ですと警告されるのはどうしてでしょうか?

Torrentをダウンロードする時に大きくVPNを購入してくださいとメッセージが出てきて気になりませんか?

この記事では

TorrentサイトにVPNが必要ですと警告される理由を簡単に説明します。

注意!

vpn info.jpは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
安全性・匿名性を確保するためにTorrent VPNのご利用を強くおすすめしております。
ベストTorrent VPN: ExpressVPN
コスパTorrent VPN: NordVPN

おすすめ関連記事 : Torrentの始め方完全ガイド
TorrentにVPNが必須な理由

Torrent利用の危険性は大きく3つあります。

Torrent利用の危険性

  • IPアドレスの公開
  • 違法アップロード
  • ウイルス

上記3点のリスクを回避するためにTorrentを利用するときは必ずVPN接続をしましょう。

詳細は以下のリンクにまとめています。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

TorrentサイトにVPNが必要ですと警告される理由

Torrentサイト利用時に以下のようなメッセージを見たことはありませんか?

Downloading torrents is getting riskier everyday. Use a VPN to make yourself hidden while downloading torrents.
By using a VPN , your ISP or Government Agencies will not be able to spy on you, neither would they be able to track your online activity

日本語では「トレントをダウンロードする行為は日に日にリスクが高まっています。 トレントをダウンロードしている間はVPNを使用してIPアドレスを秘匿してください。
VPNを使用することにより、ISPまたは政府機関はユーザーの特定、またはオンライン活動を追跡することもできなくなります。」と翻訳できます。

上記のメッセージのように、TorrentサイトにVPNが必要ですと警告される理由は「VPNで回避できるTorrentのリスク」があるためです。
 

VPNで回避できるTorrentのリスク

Torrent利用には以下の2つのリスクがあり、VPNを使うことで回避ができます。

Torrent利用のリスク

  • IPアドレスの公開
  • 違法アップロード

 

IPアドレスの公開

TorrentはP2Pを利用した、ネットワーク上で共有されるコンテンツの情報を、接続者同士でデータの断片を繋ぎ合わてダウンロードする形式をとります。

Torrent利用中はあなたの IPアドレスは他の接続者に公開されます。

このIPアドレスの公開というのがTorrent利用最大のリスクです。

IPアドレスはオンライン上のあなたの住所と考えてください。

IPアドレスが特定されることで、あなたがどのサイトにいつアクセスしたか、どのファイルをダウンロードしたか、また政府機関がIPアドレスの情報開示をISP(インターネットサービスプロバイダ)に要求し、それが了承された場合は あなたの本名・住所も特定されます。

また攻撃的なクラッカー(ハッカー)は、ウイルスやマルウェアを送ってくる可能性もあります。

そのためこのIPアドレスはVPNを使って、必ず秘匿する必要があります。
 

違法アップロード

Torrent利用中はたとえダウンロードだけを目的に使用していても、 必ず同時にアップロードをしていることになります。

これはTorrent利用の目的である、共有をするためで、ダウンロードだけというのはできず、必ずアップロードも同時にします。

Torrentの利用自体に違法性はありませんが、 著作権や法に触れるものをダウンロード・アップロードしている可能性もあることにご注意ください

この点を理解せずに利用していると、最悪逮捕もあり得ますので、しっかりと心に留めておきましょう。

これらのTorrent利用の2つの大きなリスクを回避する方法がVPNでIPアドレスを秘匿することです。
 

VPNでIPアドレスを秘匿する

Torrent利用最大のリスクはIPアドレスが公開されることです。

IPアドレスの公開により、 詐欺被害、なりすまし、個人情報の特定などさまざまな被害に遭う可能性が広がります。

そのため実際に使っているIPアドレスを秘匿する必要があります。

IPアドレスを秘匿するために必要なのがVPNです。
 

VPNとは

VPNとは

VPNとはIPアドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、匿名性を保つことができるようにする技術です。

プライバシーやセキュリティを高めてくれるだけでなく、海外のブロックされたコンテンツにアクセスできたり、反対に海外から日本限定のコンテンツにアクセスすることができるようになります。

VPN接続をすることでオンライン活動が暗号化され、匿名性を保ち、ISPや傍聴者からプライバシーの保護、セキュリティの強化に繋がります。

VPNとは?VPNについてシンプルにわかりやすく解説【初心者向け】
 

VPNでIPアドレスを変更する

VPNを使えば、実際に使っているIPアドレスを秘匿し、代わりにVPNサーバーのIPアドレスをTorrent接続者に公開します。

VPNサーバーのIPアドレスが公開されるため、あなたの個人情報やIPアドレスから追跡できる情報を特定されることはなくなります。

Torrentを利用したい場合は、IPアドレスを秘匿するためにVPNの使用は必須です。

Torrentの利用に特化したおすすめVPNを以下で紹介します。
 

おすすめTorrent VPNトップ3

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の2つのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。

ログ0ポリシーや高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダです。


ランキング

  1. ExpressVPN通信速度トップ:おすすめ度 5.0
  2. セキュリティ・速度・信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダ。一番いいVPNが欲しい方向け

  3. NordVPNバランストップ:おすすめ度 4.8
  4. セキュリティ重視でTorrent利用に適したVPNプロバイダ。コストを抑えたい方向け

おすすめVPN共通事項

おすすめVPNトップ3は全て以下の共通点があり、この理由で数あるVPNプロバイダの中でもおすすめだと言える理由です。

共通事項

  • 30日間返金保証
  • 主要なデバイスに対応(Windows, Mac, Linux, iOS, Android, Firefox, Chrome)
  • ログ0ポリシー(英領ヴァージン諸島、パナマ本拠地)
  • キルスイッチあり
  • 同時接続使用なデバイス数:5台以上
  • 平均以上の高速通信速度
  • Open VPN
  • AES-256
  • RSA-2048以上
  • 独自DNS
  • P2P(Torrent)利用を公式に許可している
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート

当サイトではこのExpressVPN、NordVPNの2つをベストTorrent VPNとしておすすめいたします。

特にExpressVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダでTorrentの利用に最適で、当サイトで一番おすすめしているTorrent VPNです。

ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適な理由と安全に使う方法まとめ
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


30日間の返金保証がありますので、まずは実際に試してみてから購入を継続するか検討してみてください!

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
ExpressVPN詳細

ExpressVPN 5.0

ベストTorrent VPN(速度、プライバシー、セキュリティ面でも)

本拠地:英領ヴァージン諸島| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, YouTube, Amazon, Hulu | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:3000以上|サーバー設置国:94カ国| 最大同時接続デバイス数:5

ポイント

  • 12ヶ月プラン(+3ヶ月無料):$6.67(約768円) / 月
  • 6ヶ月プラン:$9.99(約1151円) / 月
  • 1ヶ月プラン:$$12.95(約1493円) / 月
  • 返金保証期間:30日
公式サイト:expressvpn.com

信頼できるTorrent VPNをお探しの場合は、ExpressVPNをまず真っ先におすすめします。

優れた通信速度、トップクラスのセキュリティ強度、直感的に使えるUIを備えたアプリを持つExpressVPNは、Torrent利用を目的としたVPNをお探しの場合まず検討するべき候補です。

Torrentの利用だけでなく、ストリーミングサイトの地域制限の解除、オンラインゲームの利用等、幅広く使える上に、通信速度・セキュリティ・プライバシーにおいて競合他社を圧倒しています。

Torrent用の高品質VPNには、安全を確保するための多くのセキュリティ機能が必要になります。

ExpressVPNは必要なセキュリティ機能が豊富に備え付けられています。

すべてのサーバーで完全なトレントサポートを提供しているだけでなく、WebRTCリーク保護、プライベートDNSサーバー、および接続するたび、またはその60分ごとに一意のキーを使用するPerfect ForwardSecrecyを提供しています。

ExpressVPNは、上記の優れたプライバシー保護に加えて、Torrent向けVPNに不可欠な驚異的な接続速度も提供しています。

サーバーの選択肢が広いため、海外の多数の接続から選択して、最新の状態を維持できます。

ExpressVPNは、キルスイッチとスプリットトンネルの両方も備え付けており、アクティビティや接続ログがないという厳格なポリシーと組み合わせることで、当サイトでテストした中で最も完全なTorrent VPNを提供していると結論づけました。

万が一、他のVPNと同様にユーザーは問題に遭遇する可能性がありますが、ExpressVPNでは24時間年中無休のライブチャットサポートを利用できます。

もし、必要になった場合は親切なチームが数時間ではなく数分で対応してくれます。

ExpressVPNのコストはライバルの一部よりもわずかに高くなりますが、Torrent VPNとしてだけでなくVPNに求められる全ての機能を備えた完全なパッケージのため、気にならないでしょう。

30日間の返金保証があるため、お使いの環境でテストして、サブスクを開始する前に正しい選択であるかどうかを確認できます。

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
ExpressVPNがTorrent(トレント)利用に最適な理由と安全に使う方法まとめ
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。



ベストTorrent VPNの詳細は以下のリンクにまとめております。

Torrent(トレント) VPNランキング【2022年】

 

無料VPNは絶対に使わない

無料VPN 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。

ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

無料VPNは絶対に使うな!リスクの多い無料の闇
VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

 
Torrent Q&A

Torrentの利用は違法?

Torrentの利用自体は違法ではなく、異なるデバイス間で小さなパケットで情報を共有するだけです。

これにより、コンピューター間を高速で効率的な転送が可能になります。

著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ、違法とみなされます。

たとえば、企業が著作権を有する映画などをダウンロードする場合は違法です。

 

どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

可能な限り最高のセキュリティを確保し、匿名性を高めるには、VPNプロバイダが明確な「ログなし」ポリシーを運用していることが重要になります。

VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないことが大事で、当局等にデータの引き渡しが要求された場合に「(ログを保持しないために)何も提供できるものがない」というのが理想です。

もう1つ考慮すべきは接続速度です。

Torrent VPNを使用するときに大きなファイルを共有する可能性があるためです。

また、リークがないことも非常に重要です。

現在、多くのメディア企業はトレントに参加しているIPアドレスを収集できる監視ノードのネットワークを実行しています。

したがって、リーク保護機能を備えたVPNを使用することで、そのリストに載ることを心配する必要がなくなります。

 

無料VPNでもトレントに利用できる?

無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。

ほとんどの無料VPNは、1日あたり500Mbから1か月あたりわずかに半ギガまでの厳格なデータ上限を制定し、ダウンロード速度を制限するものもあります。

Torrentのような大量のデータを使用する使い方には、無料VPNは向いていません。

またセキュリティ・プライバシー保護の観点でも無料VPNを使うのはリスクが大きいと言えます。

無料VPNの危険性は下記のリンクにまとめております。

 

VPNはTorrentの速度を速くできる?

はい、速くできます!

TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、多くの場合P2P共有に関与していることを検出すると接続が抑制されます。

スロットリングという、ISPによって接続を意図的に遅くされたり、特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で制限されます。

Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は、明らかな理由もなく接続が切断されることがあります。

VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなり、接続を制限することも回避できます。

つまり、VPN接続なしでトレントを利用するときに比べると、通信速度が遅くなることがないため、速くなるともいえます。  

Torrentのダウンロードが全く進まないときはどうしたらいい?

インターネット速度は正常だけど、Torrentのダウンロード速度が遅い、全く進まないときはTorrentクライアント・ファイル、ISPによるスロットリング、ファイアウォールの設定など様々な原因が考えられます。

Torrentクライアントの設定を変更したり、シード数の多いTorrentファイルを見つけ直すなど解決方法はありますが、ISPのスロットリングポート転送などのことはTorrent VPNを導入することでだいたい解決できます。

Torrent(トレント)のダウンロードが遅い原因と対処法まとめ
 

まとめ

この記事ではTorrentサイトにVPNが必要ですと警告される理由を簡単に説明しました。

TorrentサイトにVPNが必要ですと警告される理由は「VPNで回避できるTorrentのリスク」があるためです。

VPNを使えばIPアドレスを秘匿できるため、Torrent利用のリスクを回避できます。

当サイトおすすめのTorrent VPN ExpressVPNを使って安全にTorrentを利用しましょう。

 
トレント用の優れたVPNを入手することを強くおすすめします。

トレント実行時にユーザー自身で安全と匿名を保つ唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPNはすべてのインターネットアクティビティを暗号化し秘匿します。ISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。Torrentサイトのブロックを解除したり、海外Netflixサーバーにアクセスしたりすることもできます。最高のTorrent VPNプロバイダはExpressVPNで、実質的に月額わずか$6.67(約768円)で、リスクのない30日間の返金保証が付いています。

-Torrent(トレント)

© 2022 VPN info.jp