VPN

中国でExpressVPNを正常に利用する設定方法まとめ【出国前に必読】

読者
中国の転勤が決まって、VPNが必要って言われたけど、どうしたらいいの?

中国移住や転勤で中国の長期滞在のご予定の方はVPNの導入が必要になります。

中国では政府がインターネットの検閲をしており、日本や世界中で 日常的に使われるインターネットサービス(IG,FB,Google等)を利用することができません。

そのため、中国国内でこれらのサービスを利用される予定があるなら、出国前にVPNを購入・インストール・設定しておく必要があります。

ほとんどのVPNプロバイダは中国の金盾(グレートファイアウォール)を残念ながら突破できません。

つまり、VPNを利用しているにもかかわらず、Webサービスを利用することができません。

しかし、ExpressVPNは高度な機能とテクノロジーのおかげで、中国のグレートファイアウォールのブロックを問題なく突破でき、GoogleやYouTubeを問題なく利用できます。

この記事では

中国国内でグレートファイアウォールの検閲を避け、あらゆるWebサービスにアクセスできるExpressVPNの設定方法、機能しない時の対処法等を紹介します。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

ExpressVPNは中国国内でも利用できる安定のVPN

本拠地:英領ヴァージン諸島| 対象デバイス:Windows,Mac,Android,iOS,Linuxその他| 地域制限解除可能なストリーミングサイト:Netflix, YouTube, Amazon, Hulu | 年中無休の24時間チャットサポート:Yes| 返金保証期間:30日| サーバーの数:3000以上|サーバー設置国:94カ国| 最大同時接続デバイス数:5

ポイント

  • 業界屈指のハイエンドモデル
  • 90か国以上に高速VPNサーバー
  • シンプルで直感的なUI
  • 高速通信でストリーミングも快適
  • 業界内でもトップレベルの暗号化(RSA-4096ビット
  • ノーログポリシー
  • 信頼性の高いVPNプロバイダ
  • キルスイッチが搭載されている
  • 独自のLightwayプロトコルで高速接続
  • 同時接続台数が少ない
  • 12ヶ月プラン(+3ヶ月無料):$6.67(約768円) / 月
  • 6ヶ月プラン:$9.99(約1151円) / 月
  • 1ヶ月プラン:$$12.95(約1493円) / 月
  • 返金保証期間:30日
公式サイト:expressvpn.com

VPNの取り締まりが厳しい中国においても、ExpressVPNは何年も使い続けられている信頼・安定のVPNです。

中国のグレートファイアウォールをバイパスするために、難読化、DNSおよびIPリーク保護、スプリットトンネリング、キルスイッチ、および自動接続を提供しています

中国国内からはExpressVPNのWebサイトにアクセスすることはできないため、出国前に購入してダウンロード・インストール・設定してから中国に旅立つ必要があります。

 
ExpressVPN

最高品質

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適です。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

以下では出国前の準備として、ExpressVPNの購入、インストール、設定の方法を説明していきます。
 

出国前にExpressVPNの購入・インストール


上述の通り、中国国内からはExpressVPNの公式サイトにアクセスできないため、出国前に購入及びインストールをしておく必要があります。

購入・インストール手順

  1. https://www.expressvpn.com/jpにアクセス
  2. 利用目的にあったプランの選択(長期プランだと最大49%オフ)
  3. ExpressVPNをインストール

ExpressVPNのインストール方法の詳細は以下のリンクにまとめています。

 

出国前にExpressVPNの設定

ExpressVPNの購入・インストールが完了すれば、同じく出国前にExpressVPNの設定をしておきます。

中国のグレートファイアウォールを突破できる信頼性の高い接続を再現するために設定する項目は以下の3点です。

ExpressVPN設定項目

  • 自動VPN接続
  • キルスイッチの有効化
  • DNSおよびIPリーク保護の有効化

 

自動VPN接続の設定

常にVPN接続を維持するには、デバイスの起動と同時にExpressVPNが自動的に起動するように設定する必要があります。

これは非常に重要な設定ですので、必ず設定をしておきましょう。

Webサイトにアクセスする前にVPNをオンにするのを忘れると、ファイアウォールがブロックします。

自動VPN接続の設定は2つの簡単な手順です。

  1. 一般設定にアクセス - アプリ左上にある「オプション」からアクセスします
  2. 「起動時にExpressVPNを起動する」と「ExpressVPNの起動時に最後に使用した場所に接続する」の横にあるチェックボックスをオンにする

この設定によりデバイスの起動時に常に適切なサーバーに自動で接続できるようになります。

 

キルスイッチの有効化

ExpressVPのソフトに何らかの理由で切断された場合、キルスイッチはインターネット通信接続を自動で遮断します。

中国に滞在している間は常にキルスイッチを有効にし続ける必要があります。

ファイアウォールがあなたの実際のIPアドレスを識別すると、アクセスを永久にブロックするためです。

キルスイッチの有効化の設定も2つの簡単な手順です。

  1. 一般設定にアクセス - アプリ左上にある「オプション」からアクセスします
  2. キルスイッチの有効化のチェックボックスをオンにする

この設定により、突然VPNが切断されても当局に実際のIPアドレスが露見するのを回避できます。

 

DNSおよびIPリーク保護の有効化

DNSとIPがリーク(漏洩)により、実際のIPがファイアウォールの前に露出したままになる可能性があります。

VPNに障害が発生した場合またはブラウザがWebRTCリクエストを送信した場合、アクセスが制限されてしまいます。

DNSとIPリーク保護をアクティブにするには、次の2つの手順を実行します。

  1. アドバンス設定にアクセス - 歯車アイコンです
  2. IPリーク防止を有効化。「接続中のIPv6アドレス検出を防止する」および「接続中はExpressVPNDNSサーバーのみを使用する」の横のチェックボックスをオンにします。

この設定により、中国滞在中のブラウザ閲覧中は常に匿名でいることができます。
 

中国国内でExpressVPNが機能しない時の対処法

中国国内でExpressVPN実行中に問題が発生した場合、最初に行う必要があるのはインターネットから切断して以下の対処法を試してください。

  • VPNを再接続する:インターネット接続が不十分であるか、技術的なエラーが原因でVPNが機能しなくなる場合があります。インターネットの速度がそれほど速くない場合、サーバーとの接続を確立するのに最大30秒かかる、または完全に失敗する場合もあります。再度ブラウジングを開始する前に、必ずステータスが「接続済み」になっているのを確認してください。それでもエラーが発生する場合は、再インストールも検討してください。ただし、 中国にいる間は再度ダウンロードできないため(公式サイトにアクセスできないため)、実行可能ファイルがデバイス内にあることを確認してから実行してください。
  • プロトコルを自動選択に設定する:ExpressVPNクライアントに変更を加えると接続が停止する場合があります。プロトコルが自動に設定されていることを確認してください。中国のグレートファイアウォールをバイパスするための適切な組み合わせが見つかります。すべてのプロトコルが難読化を使用しているわけではないため、適切な構成を選択できるようにする必要があります。
  • ブラウザのキャッシュを削除する:Webサイトは通常、生成するリクエストが多すぎる場合にVPNのIPアドレスをブロックしユーザーのCookieもブロックする可能性があります。この問題を解決するには、ブラウザの設定に移動してキャッシュを削除します。すべてを削除したくない場合は機能しないWebサイトのみを選択してから消去してください。
  • カスタマーサポートに連絡する:不明な点がある場合はいつでもExpressVPNのカスタマーサポートに連絡してガイダンスを求めることができます。中国ではウェブサイトがブロックされているため、support@expressvpn.zendesk.comにメールを送信してください。サポートチームは迅速に対応し、24時間以内に回答を提供してくれます。

 

FAQ

 

中国のAndroidまたはiOSでExpressVPNを使用できますか?

可能です。ExpressVPNはiOSやAndroidを含むすべての主要なプラットフォーム用のネイティブアプリがあります。アプリにOpenVPNプロトコルが組み込まれているため、中国のインターネットに簡単にアクセスできます。プロトコルを自動に設定するだけで、VPNが最適なオプションを選択できるようになります。中国に入国してからだと、ExpressVPNのWebサイトにアクセスできなくなるため、出国前に必ずExpressVPNをダウンロードしてください。

 

中国でインターネットが検閲されているのはなぜですか?また、どのWebサイトがブロックされていますか?

中国のグレートファイアウォールは、中国の居住者がアクセスできる情報を管理および制限するために当局により設立されました。政府は人々が外国のコンテンツ、アイデア、信念をインターネットを通じて入手することを望んでいません。

中国国内では、ExpressVPNのような高品質のVPNを使用しない限り、以下のサイトにアクセスできないことがわかります。

  • ストリーミングプラットフォーム:Netflix、Amazon Prime、HBO Max、Huluなど。
  • ソーシャルメディアのウェブサイト:Facebook、Instagram、Twitterなど。
  • ニュースプロバイダー:BBC、NY Times、Bloomberg、NBCなど。
  • 検索エンジン:Yahoo、Google、Bingなど。
  • メッセージングサービス:WhatsApp、Telegram、Slackなど。

 

ExpressVPNはどのようにして中国のグレートファイアウォールを突破しますか?

ExpressVPNの最先端のセキュリティおよびプライバシー機能により、中国のファイアウォールを簡単にバイパスできます。AES-256暗号化、最新のプロトコル、およびキルスイッチ、難読化されたサーバー、スプリットトンネリングなどの機能を使用して、実際のIPアドレスが明らかにならないようにします。
 

まとめ

この記事では中国国内でグレートファイアウォールの検閲を避け、あらゆるWebサービスにアクセスできるExpressVPNの設定方法、機能しない時の対処法等を紹介しました。

ExpressVPNは中国のグレートファイアウォールをバイパスするために必要なすべての機能があります。

難読化を使用してメタデータをスクランブルし、DNSとIPリーク保護で匿名を維持することで、難なくファイアウォールを突破します。

さらに、ExpressVPNは中国国内に自社サーバーを持っていないため、厳格なデータロギングポリシーに準拠する必要はありません。

したがって、オンライン活動履歴は完全に非公開のままになります。

中国移住や転勤で中国の長期滞在のご予定の方は、出国前にぜひExpressVPNを導入しましょう。

 
ExpressVPN

最高品質

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適です。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

-VPN
-

© 2022 VPN info.jp