VPN

VPNの通信速度を改善する方法まとめ

読者
VPNの通信速度を速くしたいけど、どうしたらいいの?

VPN接続はWebサイトの地域制限を解除したり、オンラインプライバシーを確保する優れた方法ですが、インターネットの速度を低下させることは免れません。

粗悪な無料VPNでは速度が制限されているため、大幅に速度が下がるのはもちろん、ハイエンドのVPNプロバイダでも必ず数%〜の通信速度の減速があります。

VPNの仕組み上通信速度が下がるのは仕方ありませんが、通常よりも遅すぎる場合は当記事で紹介する方法で、通信速度の回復を試してみてください。

この記事では

VPNの通信速度を速くする方法を徹底的に紹介します。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

VPNの通信速度を速くする方法まとめ

VPNの通信速度を速くする方法として以下の対処法があります。

VPN通信速度を速くする対処法

  1. デバイスの再起動
  2. モデム・ルーターの再起動
  3. 物理的に距離が近いサーバーの選択
  4. VPNプロトコルの変更
  5. スプリットトンネルの有効化
  6. 有線LAN接続
  7. VPNソフトのアップデート・再インストール
  8. 高速VPNプロバイダに乗り換え

メモ

大前提としてISP(インターネットサービスプロバイダ)側に不具合がないことを前提としています。またVPNの速度はお使いのデバイスやインターネット環境によって変化することをご留意ください。

以下で各詳細を説明していきます。
 

各デバイスの再起動

VPNの通信速度が通常よりも遅いと感じる場合は、まずはお使いの各デバイス(パソコン・タブレット・スマホ・ルーター・モデム等)を再起動することを推奨しています。

デバイスの一時的なメモリ不足やルーターの不具合等、様々な原因が考えられますが、デバイスの再起動によって 解決することはよくあることです。

再起動することでコンピューターが必要な更新を実行し、RAMが解放されることで最適に動作するようになることがあるので、決まり文句になりますが、まずはリスタートをしてみてください。
 

バックグラウンドアプリの終了

使っていないバックグラウンドアプリを終了させることも推奨しています。

メモリを消費しているため、メモリ不足の原因になっているかもしれません。
 

VPNソフトのリフレッシュ

VPNソフトに不具合が発生して一時的に通信速度が遅くなっている可能性があります。

一度ソフトを閉じて、再起動すれば通信速度が改善していることがあります。
 

物理的に距離が近いサーバーの選択


一般的に、VPNサーバーが物理的に距離が近いほど接続速度は速くなります。

トラフィックが近くにあるVPNサーバーを経由してルーティングされる場合にカバーする物理的な距離が短くなるためです。

例えば

日本でVPN接続をする場合、地球の裏側に位置するブラジルのサーバーに接続するよりも、東京や各日本にあるサーバーに接続するほうが通信速度は高くなります。

特定の国のサーバーにアクセスして、ストリーミングしたり、ゲームサーバーにアクセスすることが目的の場合、この対処法は必ずしも実用的ではありません。

ただし、無料Wi-Fiを使うために、セキュリティ強度を上げたいだけといったケースの場合は、物理的に近いサーバーに接続することで速度の改善が見込めます。

多数のサーバーロケーションを備えたVPNをお探しの場合はExpressVPNをお試しください。

ExpressVPNは、94か国の160のロケーションにサーバーを提供しているため、現在の場所に比較的近い場所の候補を簡単に見つけることができます。
 

集中していないサーバーに接続することも有効

単一のVPNサーバーにアクセスが集中しすぎると、サーバーが過負荷状態に陥り、接続速度が低下する可能性があります。

一部のVPNプロバイダは、アプリまたはWebサイトで現在のサーバーの負荷状況を確認することができます。

負荷が軽いサーバーを選択することで、通信速度は改善しやすいです。
 

VPNプロトコルの変更

VPNプロトコルは、デバイス上のVPNアプリとVPNサーバー間の安全な接続を確立する方法を決定するものです。

さまざまなVPNプロトコルがあり、ほとんどのプロバイダはいくつかの接続オプションを提供しています。

プロトコルごとに、速度とセキュリティの点で長所と短所が異なるため、プロトコルを変更することでVPNの速度を上げることができる可能性があります。

一般的にはOpenVPNプロトコルが標準的なプロトコルで最も実装・検証されており、速度、安定性、セキュリティの優れた組み合わせを提供しています。

近年では、より優れたセキュリティと高速な通信速度を提供するIKEv2やWireGuardなどの新しいVPNプロトコルもVPNソフトに実装されています。

 

ハイエンドVPNプロバイダは独自プロトコルを開発している

ExpressVPNのLightwayやNordVPNのNordLynxなど、ハイエンドVPNプロバイダは独自プロトコルを開発しています。

独自のプロトコルはOpenVPNに比べて軽量で、セキュリティ強度も通信速度も向上していると両社は主張しており、実際にスピードテストをした結果からも主張を裏付けることができました。

VPNプロバイダが提供している独自のプロトコルは通信速度が実際に改善されており、セキュリティがしっかりしているように見えますが、OpenVPNほど徹底的にテストされていないことにご留意ください。

ほとんどのVPNアプリでは設定で接続するプロトコルを変更できるため、異なるVPNプロトコルを実際に試してみて、最速の速度になるかを検証してみてください。
 

スプリットトンネルの有効化

VPNプロバイダーがスプリットトンネリング機能を提供している場合は、有効にすることで、VPN速度が改善するかを確認してください。

スプリットトンネリングを使用すると、必要なトラフィックのみをVPN接続を介して送信し、残りは通常のインターネット接続を介して暗号化せずに送信できます。

例えば

VPN接続中にストリーミングしたい場合は、スプリットトンネルをストリーミングトラフィックだけに有効化することで、ストリーミングだけをVPN接続化することができます。これにより、ストリーミングトラフィック以外のアクティビティは通信速度低下の影響を受けません。VPN接続を必要としない余分なトラフィックがすべての帯域幅に負担をかけないため、特定のアクティビティのVPN速度だけを最適化するのに役立ちます。

 

有線LAN接続


通常、有線LAN接続を使用すると、Wi-Fi接続よりも高速になります。

自宅のWi-Fiネットワークに同時に複数のデバイスが接続されてい場合、接続されたデバイスはすべて同じワイヤレスチャネルでリソースを共有し競合しています。

ひとつのチャネルのリソースを分割するため、インターネット接続が不安定になり、通信速度が低下する可能性があります。

有線LANケーブルを介してパソコンをルーターに直接接続し、有線接続を確立してからVPNに接続することで通信速度が向上することがあります。
 

VPNソフトのアップデート・再インストール

VPNソフト・アプリは、他のアプリと同様に時間の経過とともにのみ発生するバグを抱えている可能性があります。

上述の対処法で通信速度が回復しな場合はアプリをアンインストールしてから、最新バージョンを再インストールしてみてください。

最新バージョンにアップデートすることで、バグが解決していたり、通信速度が向上していることはよくあります。
 

高速VPNプロバイダに乗り換え

上述の対処法を行なってもVPNの速度が回復しない・現在無料VPNを使用されている方はVPNプロバイダを変更することもご検討ください。

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトでは以下の3つのみを本当におすすめできる高速VPNプロバイダとして紹介しています。

ログ0ポリシーや高い信頼性、キルスイッチ等、高速通信だけでなく、スペックやプレミアム機能が充実しています。

ランキング

  1. ExpressVPN通信速度トップ:おすすめ度 5.0
  2. セキュリティ・速度・信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダ。

  3. NordVPNバランストップ:おすすめ度 4.8
  4. セキュリティ重視でTorrent利用に適したVPNプロバイダ。

  5. Surfshark VPNコスパトップ:おすすめ度 4.5
  6. 通信速度・セキュリティ強度、そしてなによりコスパが非常に高い。

当サイトではこのExpressVPN、Surfshark、NordVPNの3つを高速VPNプロバイダとしておすすめいたします。

特にExpressVPNは信頼性が非常に高いハイエンドVPNプロバイダで通信速度に定評があります。

VPNトップ3通信速度テスト | ExpressVPN、NordVPN、Surfsharkで徹底比較
 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


30日間の返金保証がありますので、まずは実際に試してみてから購入を継続するか検討してみてください!

セキュリティ
まずは無料トライアルだ!
おすすめVPN共通事項

おすすめVPNトップ3は全て以下の共通点があり、この理由で数あるVPNプロバイダの中でもおすすめだと言える理由です。

共通事項

  • 30日間返金保証
  • 主要なデバイスに対応(Windows, Mac, Linux, iOS, Android, Firefox, Chrome)
  • ログ0ポリシー(英領ヴァージン諸島、パナマ本拠地)
  • キルスイッチあり
  • 同時接続使用なデバイス数:5台以上
  • 平均以上の高速通信速度
  • Open VPN
  • AES-256
  • RSA-2048以上
  • 独自DNS
  • P2P(Torrent)利用を公式に許可している
  • 24時間年中無休のライブチャットサポート
 

まとめ

この記事ではVPNの通信速度を速くする方法を徹底的に紹介しました。

VPNの通信速度を速くする方法として以下の対処法をお試しください。

  1. デバイスの再起動
  2. モデム・ルーターの再起動
  3. 物理的に距離が近いサーバーの選択
  4. VPNプロトコルの変更
  5. スプリットトンネルの有効化
  6. 有線LAN接続
  7. VPNソフトのアップデート・再インストール

上述の対処法を行なってもVPNの速度が回復しない・現在無料VPNを使用されている方はVPNプロバイダを変更することもご検討ください。

高速接続に定評のあるExpressVPNをはじめ、当サイトでおすすめしているVPNプロバイダは30日間の返金保障期間がついているので、まずは現在のインターネット環境でテストをすることができます。

 
ExpressVPN

一番人気!

ExpressVPNは超高速通信で動画視聴・オンラインゲーム・P2P利用に最適、真っ先に購入すべきVPNです。
セキュリティ・プライバシーもトップレベルで、世界中のVPNユーザーから非常に高い評価を得ています。

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので、30日より前に返金手続きをすれば実質無料でトライアルができます。


-VPN

© 2022 VPN info.jp