VPN VPNレビュー

Surfshark vs NordVPN徹底比較レビュー!【通信速度、セキュリティ、料金等】

SurfsharkとNordVPNはVPNの中でも人気のあるプロバイダです。

VPNを利用する目的やコストによってユーザーが真に必要とするVPNは異なってきます。

しかしこれまでにVPNを使用したことがない場合は、ニーズに適したVPNを判断するのは難しいかもしれません。

VPNプロバイダは提供している様々なプロトコルやトラフィックの難読化機能を売りにしています。

ただし、ネットワークの概念を深く理解していない限りこの情報はほとんど意味をなさないかもしれません。

この記事ではNordVPNとSurfsharkを比較し、それぞれの長所と短所をわかりやすく確認できるようにレビューしています。

当レビューでは、Surfshark VPNNordVPNのさまざまな側面を比較して、どちらがよりお求めのVPNに近いかを選択するお手伝いをしていきます。

記事の要約

NordVPNとSurfsharkのどちらかを選択できない場合は、バランス総合ナンバーワンの「NordVPN」をお勧めします。 NordVPNの月額費用は少しだけ高くなりますが(値引きクーポンあります)、Surfsharkよりも高速かつトップレベルのセキュリティを備えているため、より機能性が高いためです。

Surfsharkは、(当サイトの値引きクーポンを使えば)コスパ重視のユーザーにとっては優れたオプションです。月々250円以下で、ほとんどのストリーミングサービスの地域制限を解除し、セキュリティ機能もしっかりしており、独自のプレミアム機能がたくさんあります。

セキュリティ
総合力の高いVPNを手に入れたいならNordVPNがおすすめだ!
 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • VPN利用歴7年。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆3年以上

 

Surfshark vs NordVPN

SurfsharkとNordVPNの各特徴・属性ごとに分類して比較した簡易な比較表です。

 
 

 
 

  • 平均以上の通信速度
  • 同時接続台数無制限
  • 幅広いストリーミングサービスの地域制限を解除
  • メジャーなセキュリティとプライバシー設定
  • 圧倒的コスパの高さ
  • Webサイト:Surfshark.com
 
 

 
 

  • HD動画視聴にも適した通信速度
  • 同時接続台数6台
  • 幅広いストリーミングサービスの地域制限を解除
  • プライバシーとセキュリティに対する数えきれないほどの特徴
  • コスパが高い
  • Webサイト:NordVPN.com

 

料金と特別オファー

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN  NordVPN
基本月額料金(1ヶ月契約) $12.95(1407円) $11.95(1298円)
最安月額価格 $2.49(264円) *2年契約の場合 $3.71(392円) *2年契約の場合
無料トライアル期間 30日間返金保証 30日間返金保証
特別オファー 2年プラン:81%割引 2年プラン:68%割引

※2020年9月時点での情報です。各詳細はサイトでご確認ください。

SurfsharkもNordVPNも1ヶ月プランの場合、12ドル前後ですが、長期プランを選択すればどちらも割引や無料月が付加される特別オファーがあります。

NordVPNは2年間プランを選択すれば、月額料金を通常より約1/3ほどに下げることができます。

Surfsharkは2年間のサブスクリプションの費用は合計で55ドルほどで、月額に換算すると驚異の2.49ドルです(通常の約1/5です)。

NordVPN・Surfsharkともに30日間の返金保証があるため、試してからサブスクを続けるか選択することができます。

返金保証期間中にキャンセルする場合は特別な理由等を説明せずにキャンセルできることは検証済みです。

Surfsharkは長期プランの場合、81%もの大幅な割引を提供しているため、2年プランだと月額2.49ドルで利用できます。

Surfshark.comで81%オフの特別割引を確認する

NordVPN.comで49%オフ+3ヶ月間無料の特別オファーを確認する

 

特徴

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN NordVPN
同時接続使用なデバイス数 制限なし 6台
対応OSアプリ Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Amazon Fire Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Amazon Fire
キルスイッチ 有り 有り
スプリットトンネル 有り 無し
サーバー設置国 50カ国以上 59カ国以上
サーバー数 1700以上 5200以上
ログ ログ0 ログ0
その他 マルウェアスキャナー、広告ブロッカー、トラッキング防止機能、ブラウザ拡張機能(Chrome, Firefox) マルウェアスキャナー、広告ブロッカー、自動Wi-Fi保護、ブラウザ拡張機能(Chrome, Firefox)

 

対応OS

SurfsharkもNordVPNも、Windows、MacOS、iOS、Android、およびAmazonFireデバイス用のネイティブアプリを提供しています。

どちらのプロバイダも、Linuxデバイスに簡単にインストールするコマンドラインユーティリティを提供している数少ないVPNです。

ブラウザ拡張機能として、ChromeとFirefoxで使用できますが、ブラウザ以外からのトラフィックを保護しないことにご注意ください。

つまりP2Pソフトやメッセージアプリなどのアプリケーションを匿名で使用することはできないということです。

 

Surfshark vs NordVPN

SurfsharkとNordVPNの特徴として違う点は以下です。

Surfshark

Surfsharkにはスプリットトンネル機能(Whitelisterという商標登録)があり、VPNを適用するアプリやソフトを指定することができます。

例えばVPN接続をせずにローカル接続で地域のニュース・テレビを利用しながら、VPN接続でアメリカのNetflixを視聴するなどVPNの使い分けができます。

また匿名で、広告やトラフィックを追跡しない独自のブラウザも提供しています。

NordVPN

NordVPNはセキュリティ保護がされていないWi-Fiネットワークを利用するときに自動的にVPN接続できます。

 

最大の違い

SurfsharkがNordVPN(およびその他競合他社)に対して持つ最大の利点の1つは、デバイスの同時接続数に制限がないことです。

これはVPNを家族や友人と複数台共有したいユーザーにとって特に魅力的な利点です。

NordVPNはユーザーは最大6つのデバイスに同時接続でき、競合他社の平均5台よりも上回っています。

Surfsharkの無制限が異常なだけで、NordVPNの6台も十分です。

 

地域制限解除

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN NordVPN
Netflix アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、日本、ネザーランド その他 アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、日本、ネザーランド
Hulu アメリカ、日本 アメリカ、日本
Sky Go Yes Yes
Amazon Prime Video Yes Yes
BBC iPlayer Yes Yes
ABC Yes Yes
CBS Yes Yes
NBC Yes Yes
ITV Yes Yes
Elevem Sports No Yes
Channel 4 Yes Yes

ストリーミングサイトの地域制限解除において、SurfsharkもNordVPNも非常に優秀です。

両方のサービスとも、ほとんどの主要な海外ストリーミングの地域制限を解除できます。

主だった違いはSurfsharkがEleven Sportsの地域制限のブロック解除ができませんでしたが、NordVPNはできました。

NordVPNが選択したサーバーでNetflixの地域制限を解除できない場合は自動的にアメリカのNetflixにリダイレクトされます。

現在、各ストリーミングサイトはVPNからのアクセスを厳しく取り締まっています。

NordVPNはメジャーなVPNプロバイダのため、まず取り締まり対象になりやすいです。

反対にSurfsharkは抜け穴的なVPNですので、取り締まりが緩いです。

 

中国での利用

多くの国が特定の国内ウェブサイトへの海外からのアクセスを制限しています。

その中でも特に中国のインターネットフィルタリングツール(通称グレートファイアウォール,AKA 金盾)は世界で最も先進的なネット管理・監視ツールの1つです。

中国ではGoogleやFacebookなど世界中で利用されるプラットフォームにはアクセスできません。

グレートファイアウォールにより、ほとんどのVPNはブロックされ、中国本土では機能しなくなります。

SurfsharkとNordVPNはどちらも中国のインターネット制限を回避できる優秀なVPNプロバイダです。

NordVPNは特別な設定をせずにVPNを使い始めることができます。

Surfsharkは最初にNoBordersモード([設定]> [詳細]> [NoBorders])を有効にする必要がある場合があります。

重要な点は、SurfsharkとNordVPNの両公式Webサイトへのアクセスは中国ではブロックされています。

そのため出国前にアプリを事前にインストールしておく必要があります。

 

設定とUI

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN NordVPN
自動セットアップ Windows, macOS, iOS, Android, Linux Windows, macOS, iOS, Android, Linux, Tomato, DDWRT routers
サーバーロケーションの選択方法 リスト式 マップ式 / リスト式
アドバンス設定 有り 有り
モバイルでの使い勝手 良い 良い

SurfsharkとNordVPNはどちらもユーザーフレンドリーなデスクトップアプリがあります。

 

 

Surfshark

Surfsharkのデスクトップ版、アプリ版ともにシンプルで使いやすいです。

デスクトップ版ではメイン画面には、最近接続した国、お気に入り、最速サーバー、最も近いサーバーがリスト形式で表示されています。

キルスイッチのオンや特定のサーバーの検索、マルチホップも簡単に見つけられるため、UIは非常に素晴らしいと言えます。

 

NordVPN

NordVPNのメイン画面には、サーバーが設置されている各国のマークが付いた世界地図が表示されます。

接続するサーバーは地図から選択します。

地図はモバイルアプリでも利用でき、小さな画面でも魅力は同じです。

リスト式に切り替えることも可能ですので、文字で認識したい方のためにオプションがあるのは優秀と言えます。

 

モバイルアプリ

Surfsharkのモバイルアプリはサイドバーが画面の下に位置する以外はデスクトップバージョンとほぼ同じです。

さらに重要なこととして、セキュリティ機能のほとんどが利用可能であり場合によっては拡張されてることもあります。

AndroidアプリではモバイルWi-Fiを使用しているときに、データ節約のためにパケットを小さいサイズで送信できます。

またSurfsharkのキルスイッチとOSに組み込まれているスイッチのどちらかを選択できます。

NordVPNのモバイルアプリはデスクトップバージョンの地図ベースのレイアウトを保持しています。

サイドバーを削除し、代わりにクイック接続ボタンと最近接続したサーバーを前面と中央に配置します。

下にスクロールすると利用可能な国と特殊サーバーのリストが表示されます。

キルスイッチ(Androidの場合)や難読化されたサーバーを使用する機能など、特定の機能は利用できませんが、自動Wi-Fi保護と広告ブロックは引き続き利用できます。

 

アドバンス設定

どちらのVPNアプリにも、追加のセキュリティ機能、キルスイッチ、プロトコル、操作設定等はアドバンス設定で変更が可能です。

NordVPN、Surfsharkともに、オプションは別のページが開きます。

各アプリのメイン画面をすっきりと保つため、優れたデザイン設定です。

NordVPNでの設定は詳細設定は個別に保持されるため、誤って変更してはいけないものを変更する可能性が低くなります。

Surfsharkでは詳細設定のページが複数に分かれているため少し見つけるのが面倒に感じるかもしれませんが、初期設定以降あまり触る機会はないと思いますのでそこまで影響はないでしょう。

 

サーバーとパフォーマンス

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN ExpressVPN
サーバー設置国 50カ国以上 59カ国以上
サーバー数 1700以上 5200以上

※2020年9月時点での情報です。利用可能な国の詳細は各サイトでご確認ください。

 

利用可能な国とサーバーの数

両プロバイダともに、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストリア、日本といった主要な地域にサーバーを設置しています。

利用可能な国のサーバーは各公式サイトでご確認いただけます。

Surfsharkと比較すると、NordVPNがより広範囲な国に多くのサーバーを所有しているのがわかります。

NordVPNは競合他社の中でもサーバーの数、ネットワークが大規模で、多くの国をカバーしています。

サーバーの数が多いメリットはなんでしょうか?

それは、基本的にNordVPNのユーザーはより多くのサーバーに分散しているため、ネットワークの負担が少ないということです。

つまり、遅延が少ない高速な接続が得られる可能性が高くなり、バッファなくブラウジングやストリーミングが可能になります。

 

パフォーマンス

どちらのVPNもHD画質でストリーミングをするのに十分な速度がでます。

NordVPNは全体的にSurfsharkに限らず、競合他社の中でも高速です。

つまり、より速度を重視するならNordVPNを選択するべきです。

 

Surfsharkの利点

NordVPNははるかに多くの国にサーバーを所有していますが、Surfsharkは実際には競合他社がカバーしていない場所にサーバーを所有しています。

NordVPNと比較すると、Surfsharkはロシアにサーバーを所有しています。

NordVPNもかつてはロシアにサーバーを持っていましたが、ロシア政府にVPN企業のサーバーへのアクセスを提供することを要求する法案が可決されたときにサーバーをシャットダウンしました。

ロシアにサーバーを設置することによるセキュリティへの影響について、Surfsharkカスタマーサポートに直接連絡しました。

サポート担当者は、Surfsharkのサーバーはログを保持しないように構成されているため、政府に渡される情報がなく、リスクがないと主張しました。

 

セキュリティ

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN NordVPN
VPNプロトコル OpenVPN, IKEv2,Shadowsocks(ベータ版) OpenVPN, IKEv2
暗号化ビット AES-256 AES-256
RSA暗号ビット RSA-2048 RSA-2048,(RSA-4096*)
遮蔽技術 NoBordersによる難読化 Obfsproxy
アプリ内セキュリティ キルスイッチ(全てのOS) キルスイッチ(全てのOS)
DNS 独自DNS 独自DNS
*Nordlocker

 

VPNプロトコル

NordVPNとSurfsharkともに、OpenVPNおよびIKEv2プロトコルで接続できます。

Surfsharkは加えて、オープンソースプロキシであるShadowsocksもサポートしています。

Shadowsocksは現在ベータ版であるため、期待どおりに機能しない可能性があります。

プロトコルの中で最も優れているのはOpenVPNであり、トップレベルのセキュリティが必要な場合におそらく必須になるシステムです。

OpenVPNの暗号化の処理は、より軽いプロトコルよりも少し遅くなる可能性があります。

全体的に、VPNプロトコルの選択は両プロバイダともにしっかりしています。

一方Surfsharkは、Shadowsocksプロトコルを使うことでプライバシーにより重点を置くことが可能です。

 

暗号化ビット

両プロイバイダともに、256ビットキーでAES暗号化を採用しています。

暗号は事実上解読できないため、万全のセキュリティです。

 

遮蔽技術

NordVPNはトラフィックを再形成するツールであるObfsproxyを使用して、VPNを使用している兆候をまったく見せません。

これは中国などVPNの利用が禁止されている国で利用するのに役立ちます。

一方Surfsharkは特別なNoBordersモードがあります。

NoBordersモードをオンにすれば、中国でも自由にインターネットを利用できます。

 

DNSリーク

DNSの呼び出しは暗号化されません。

もし、VPNがISP(インターネットサービスプロバイダー)が指定しているデフォルトのDNSサービスを使用した場合、アクセスするすべてのWebサイトの情報は、ISP、ハッカー、または政府のスパイによってログとして記録される可能性があります。

しかし、NordVPNとSurfsharkどちらも、すべてのDNS参照を暗号化されたトンネルを強制的に経由させるため、第3者がWeb上でのあなたのアクティビティを盗み見ることはできません。

 

キルスイッチ

NordVPNもSurfsharkもともに、キルスイッチオプションがあります。

キルスイッチにより、VPNが切断された時に、パソコンで開いているソフトが自動的にインターネットから切断されます。

Surfsharkには全体的なキルスイッチと、アプリごとに選択できるキルスイッチを設定できます。

スプリットトンネルにより、VPNを経由して保護するソフトを指定することができます。

 

プライバシー

VPNサービス名 Surfshark VPN NordVPN
本拠地 英領ヴァージン諸島 パナマ
接続ログ 一切無し 一切無し
活動ログ 無し 無し
ログイン情報 Eメール Eメール
匿名で支払う方法 Bitcoin, Litecoin, Ethereum, Ripple Bitcoin, Litecoin, Ethereum, Ripple

 

本拠地

NordVPNとSurfsharkは、それぞれパナマと英領バージン諸島に拠点を置いています。

パナマと英領ヴァージン諸島は「ファイブアイズ(5 eyes)、ナインアイズ(9 eyes)、14アイズ(14 eyes)」のメンバーではありません。

つまり、セキュリティ監視機関にユーザーの活動の詳細を開示することも、特定の顧客を追跡するために米国または英国の裁判所命令に協力する必要はありません。

データ保持方の義務がないため、ユーザーを特定することができるログを所有しません。

 

支払い方法

使い捨てのメールアドレスを使用してビットコインで支払うことにより、より匿名でVPNを購入できます。

Surfsharkはより人気のある暗号通貨での支払いを受け付けています。

 

Eメール

アカウント開設にはEメールが必要になりますが、これは普段使っているものではなく、ログイン用にのみ使うフリーメールを新規で作成すれば、あなたを追跡することはできません。

 

設定

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN NordVPN
アドレスの割り当て 共有 共有
固定IPアドレス なし バッファロー(アメリカ)、フランクフルト(ドイツ)、ロンドン(イギリス)、ネザーランド(アムステルダム)
NATファイアウォール

これらのVPNは、共有アドレス割り当てを使用します。 これは、特定のサーバーに接続するすべての人が1つのIPアドレスを共有することを意味します。 多数のユーザーがすべて同時に異なるサイトにアクセスするため、誰が何をしているのかを知ることはほぼ不可能になります。 NordVPNでは、専用IPアドレス(基本的には自分だけがアクセスできるサーバー)と引き換えに、毎月追加料金を支払うことができます。 残念ながら、これはSurfsharkユーザーのオプションではありません。

これらのサービスはどちらも特殊なアンチDDoSサーバーを提供しませんが、実際には、どのVPNでもDDoS攻撃からユーザーを保護します。 ほとんどの場合、攻撃が行われていることを検出するとサーバーのIPアドレスを切り替えることができる自動システムがあります。 さらに、影響はホームルーターだけでなくサーバーネットワーク全体に広がるため、ほとんどの小規模または中規模の攻撃は吸収され、パフォーマンスに実際の影響はありません。

 

共有IPアドレス

NordVPNとSurfsharkともに、共有アドレス方式を採用しています。

この場合、すべての発信トラフィックにVPNサーバーのIPアドレスがラベル付けされています。

同じサーバーに同時に接続している他のすべてのユーザーも、同じサーバーのIPアドレスを取得することになります。

ターゲットWebサイトから発信者までアクティビティを追跡する場合、VPNサーバーにたどり着くことができても、どのユーザーがアクセスしたかは追跡できません。

よりプライバシー保護を強化できます。

 

固有IPアドレス

VPNを使用する状況によっては、独自の固定IPアドレスが必要になる場合があります。

着信接続を受け入れる場合に特に重要になります。

独自のサーバーをセットアップする場合は、プライベートまたは「固定」IPアドレスが必要になります。

独自のWebサイト、ゲームサーバー、または独自のクラウドストレージシステムを作成するために必要になるかもしれません。

Surfsharkでは固定IPアドレスを取得することはできません。

NordVPNは追加料金で固定IPアドレスを提供しています。

英国、米国、オランダ、またはドイツの固定IPアドレスを選択できます。

実際に滞在している場所は関係ありません、どの固定IPアドレスも選択可能です。

 

DDoS保護

SurfsharkとNordVPNともに、ある程度のDDoS保護を提供しています。

DDoS攻撃を仕掛けるためには、最初にIPアドレスを把握している必要があるためです。

VPNを介してインターネットを使用する場合、IPアドレスは誰にも表示されず、接続しているVPNサーバーのIPアドレスのみが表示されます。

したがって、DDoS攻撃を仕掛けていると思っている側は、実際にはあなたではなく、VPNサーバーを攻撃していることになります。

VPNサーバーは個人のコンピューターよりもはるかに容量が大きいため、ほとんどのDDoS攻撃を吸収できます。

NordVPNは大規模で頻繁な攻撃の標的になる可能性が高い場合に、追加でDDoS保護を購入できます。

 

カスタマーサポート

VPNプロバイダ名 Surfshark VPN NordVPN
ライブチャット 有り 有り
チケット制 有り 有り
平均メールの返信速度 2時間40分前後 3時間50分前後
電話での応対 無し 無し
FAQデータベース 有り 有り
ビデオ解説 有り 有り

SurfsharkとNordVPNはどちらも電子メールとライブチャットの24時間サポートを提供しています。

最も一般的な質問に対処する大規模の検索可能なデータベースもあります。

ビデオによる解説をご希望の場合は、公式のSurfsharkおよびNordVPNのYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

 

まとめ

ユーザー別おすすめVPN

  • 総合力の高いVPNが欲しい方→NordVPN
  • コスパ最強のVPNが欲しい方→Surfshark VPN

SurfsharkとNordVPNはコストが最安で月額130円ほどの差があることを除けば、非常に似通ったVPNプロバイダです。

Surfshark VPNは高速で強力なセキュリティとプライバシー機能を提供し、接続制限がなく、中国でも問題なく機能します。

事実、中国ではすでに多くの競合他社を上回っています。

Surfsharkは非常に手頃な価格であり、最も人気のあるストリーミングプラットフォームの地域制限を解除できるため、日常の用途に非常に優れたVPNであること明らかです。

ただし、総合的にはNordVPNの方が総合的に優れているVPNプロバイダであるというのがこの比較レビューの結論です。

それは通信速度とサーバーの規模です。

NordVPNはSurfsharkに比べると全体的に速度が速いです。

また、大規模のサーバーネットワークと地域制限の幅広さは他に類を見ないものであり、好きなサーバーに自由にアクセスできます。

セキュリティとプライバシーに重点を置いています。

専用IPアドレスを取得したり、ネットワーク上で使用しているデバイスを隠したり、カスタムDNSサーバーを使用する豊富なオプションを備えているため、パワーユーザーに適しています。

反対にこれらのオプションが必要でない場合はSurfsharkがおすすめです。

NordVPNとSurfshark、両方とも30日間の返金保証があります。

そのためNordVPNとSurfsharkを実際にあなたの環境でテストしてから、どちらをサブスク購入するか決めることができます。

当サイトで言えることは、どちらのVPNサービスを選択しても、安全に快適に利用できるということです。

セキュリティ
まずは30日間の無料体験だ!
 
NordVPN



NordVPNの特徴
  • 軍事レベルのセキュリティ
  • Double VPNによる、二重暗号化
  • P2Pサービスの利用可能
  • ログ0ポリシー
  • 総合力ナンバーワン
  • NordVPNレビュー詳細を読む
 
SurfsharkVPN



SurfsharkVPNの特徴
  • コスパ最強 : 最安プランだと月に250円!
  • Netflix等のストリーミングサイトの地域制限解除可能
  • プレミアム機能多数:キルスイッチ等
  • VPN初心者にとても優しい
  • 厳しいログ0ポリシー
  • 同時接続台数無制限
  • 成長性SS
  • Surfshark VPNレビュー詳細を読む

VPN関連記事

VPNおすすめ関連記事

-VPN, VPNレビュー
-,

© 2020 VPN info.jp