VPNキャンペーン

VPN

より安全なセキュリティVPNの選び方

機密データの保護やストリーミングサイトのブロックを解除する目的で、VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用することが一般的になりました。

しかし、最近ではリモートワーキングへの広範な普及により、個人データおよびアクティビティに関する厳しい法律の観点から、より安全なVPNサービスを利用する必要があります。

オンラインアクティビティとロケーションを隠すことができるVPNは、プライバシーの保護に関して非常に役立ちます。

VPNによるネットワークのセキュリティは、特に政府の検閲や個人情報の漏洩の保護を優先する場合に重要な要素です。

この記事では

プライバシー・セキュリティ保護を目的とした、より安全重視VPNの選び方を紹介します。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • VPN利用歴7年。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆3年以上

 

保護機能を確認する

VPNはデジタルセキュリティを保護するためのフェイルセーフ(誤作動が発生した場合に、安全に制御すること)な方法と見なすべきではありません。

実際、VPNがハイジャックやman-in-the-middle攻撃の餌食になっているという注目すべき報告があります。

そのため、利用するVPNの保護機能をしっかりと確認しておく必要があります。

最高品質のVPNは定期的に更新され、強力な認証、デジタル証明書、IPアドレスのプライベート割り当てがすべてサポートされ、データ保護が強化されています。

 

スプリットトンネリング

ユーザーはスプリットトンネリングに関連するリスクにも注意する必要があります。

セキュリティ保護されていないデータが、VPNではなくインターネットサービスプロバイダー(ISP)を介してルーティングされてしまい、犯罪者に対して脆弱になる可能性があります。

スプリットトンネリングは、Torrentを頻繁に利用する場合には非常に便利な機能ですが、スイッチをオンにしたことを覚えておく必要があります。

 

プロトコル

データセキュリティの維持における重要な役割を考えると、さまざまなVPNプロトコルに注意することが特に重要です。

選択したプロバイダは、OpenVPN、WireGuard、L2TP/IPsecなど、最近更新された検証可能な安全なプロトコルでカバーされている必要があります。

 

キルスイッチ

キルスイッチは多くのVPNプロバイダによって提供されているもう1つの重要な機能です。

キルスイッチをオンにしておけば、万が一、VPNに障害が発生した場合、インターネットを即座に自動で切断します。

つまり、オンラインアクティビティを追跡できなくなります。

 

DNSリーク

DNSリーク保護も標準で提供している必要があります。

DNSリクエストが知らないうちにISPに再ルーティングされるのではなく、VPNのDNSサーバーに直接ルーティングされます。

 

VPNプロバイダの記録を調査する

気になるプロバイダがある場合、データ保護およびサイバーセキュリティ対策を徹底的に確認する必要があります。

最も安全なプロバイダは、包括的なプライバシーポリシーを共有し、リークやハッキングを防ぐために定期的に更新を行います。

申し立てがあったかどうかを確認するために、独立したオンラインでのレビューを確認できます。

 

監査記録

監査は、PricewaterhouseCoopersなどの信頼できる独立した組織によって実行されるのが理想的です。

監査結果は、特定された問題の詳細とデータのセキュリティを維持するために講じられたフォローアップ措置とともに、完全に公開されている必要があります。

 

ログ収集ポリシーを確認する

VPNプロバイダーの大多数は、ユーザーのオンラインアクティビティの記録を保持していないと主張しています。

ただし、実際にその主張がVPNプロバイダのログ収集ポリシーと一致しているかどうかを確認する必要があります。

データの処理、保存、共有の方法を明確に説明してある必要があります。

厳密なログなしポリシーを維持しているVPNは、ユーザーデータを収集しません。

アクセスしたWebサイト、検索履歴、またはダウンロードしたコンテンツを監視しないことを意味します。

ポリシーを順守するということは、政府当局からログ情報の要求があったとしても、ユーザーアクティビティの記録が共有されないことも意味します。

また、VPNプロバイダーのセキュリティが侵害された場合に、データが盗まれる可能性もありません。

VPNは、電子メールアドレスの記録などのポリシーの例外を開示している必要があります。

このような保証は、独立監査の一環として検証する必要もあります。

 

国際規制を調査する

一部の政府は、VPNが設定された時間をカバーするユーザーログを維持する必要があり、法的措置が取られた場合にログを共有する必要があると指定しています。

これらの国の法律では、政府によるVPNユーザーデータの調査も許可されています。

5アイズ、9アイズ、および14アイズ連盟の条件は、ユーザーデータが英国や米国などの加盟国間で共有される可能性があるというものです。

政府の侵入が心配な場合は、上記5-Eyes等の同盟国以外の国に本拠地を置いているVPNの選択が好ましいでしょう。

 

当サイトおすすめのセキュリティVPN

以上の観点から、当サイトではExpressVPNをおすすめしています。

ExpressVPNは、価格、機能、および価値の点で競合他社とは一線を画すVPNプロバイダです。

ExpressVPNは、ほぼ100か国にサーバーがあり、上記のすべてのセキュリティ機能、驚異的な接続速度、複数のストリーミングサービスへアクセスが可能で、セキュリティを一切妥協することなく、セキュリティを重視するユーザーに最適のVPNです。

その他のオプションとしては、Surfshark VPNNordVPNが挙げられます。

実質無料で試してみる

  • ExpressVPN:expressvpn.com

  • ※30日間の返金保証あり

  • Surfshark:surfshark.com

  • ※30日間の返金保証あり

  • NordVPN:https://nordvpn.com

  • ※30日間の返金保証あり


    プラン購入後から30日以内で返金すれば実質無料で試用できます。

 

まとめ

この記事では、安全なVPNプロバイダを選択する際に考慮すべき主なポイントについて説明しました。

VPNがプライバシーと匿名性を保護する方法など、さまざまな側面でのおすすめプロバイダの選び方を当サイトでは幅広くまとめておりますので、そちらも参考にしてみてください。

VPN関連記事

VPNおすすめ関連記事

-VPN

© 2021 VPN info.jp