VPN

無料VPNは有料VPNと同じぐらい安全?

読者
無料VPNを使っているけど安全なのかな・・・

最高のVPNを選択した場合は、IPアドレスを非表示にし、強力な暗号化を使用してオンラインデータ/アクティビティを可能な限り秘匿し、保護するため、安全にインターネットを使用することができます。

VPNには、有料サービスと無料サービスの両方存在します。

一見すると、無料でVPNが使えるのでよさそうに見えますが、これは大きな落とし穴です。

この記事では

実際に無料VPNのセキュリティがどれほど信頼できるものかを説明します。

 

この記事はこんな人が書いています

こんな人が書いています

  • 2013年からVPN利用。
  • フリーランス含むVPN特化記事執筆4年以上

 

制限された無料VPNサービス

無料VPNサービスは、有料VPNサービスに比べるとやはり、小規模かつエントリーレベルです。

無料VPNプロバイダの中には、広告主に個人情報を転売するのではなく、有料サブスクリプションを通じて利益を上げているプレミアムプロバイダもあります。

Hotspot Shield、Windscribe、TunnelBearなどの無料VPNプロバイダは、有料プランにアップグレードすることを期待して、通信データ量や速度等を制限した無料オプションを提供しています。

これらのプロバイダはデータを販売/共有したり、セキュリティとプライバシーが粗雑に扱われる可能性が低いことを意味します。

ただし、無料のVPNが安全であると判断するのはまだ早いです。

VPNプロバイダがどれほど有名で評判が良いかを確認するために、いくつかの背景調査を必ず行ってください。

例えば、利用可能な最強の暗号化(AES 256ビット暗号化)を使用しているかどうか等の確認が含まれます。

 

無制限の無料VPNサービス

無制限の無料VPNサービスはスタンドアロンのVPNであり、有料VPNサービスが提供するすべての機能を無料で提供しているようです。

これはとても旨い話に聞こえます。

そうした無料VPNサービスこそ、使用を絶対に避けるべきです。

オンラインのセキュリティとプライバシーが著しく損なわれる可能性があるためです。

プレミアムVPNプロバイダとは異なり、無料VPNは多くの場合、広告を通じて利益を上げます。

埋め込みポップアップ広告を大量に貼り付け、同意なしにランダムかつ潜在的に危険なサードパーティの Webサイトに自動的にリダイレクトされる場合があります。

最悪の場合、無料VPNサービスはあなたの個人データとオンライン活動を追跡し、広告主や分析会社に 販売して利益を得る可能性もあります。

さらに、ハッカーが簡単に侵入できるように、 隠されたマルウェアが付属しているケースもあります。

これらのサービスには 弱いまたは全く暗号化がされていない可能性もあります。

インターネットの実行速度が意味もなく低下し、地理的に制限されたコンテンツのブロックを解除できないこともあります。

全体として、無制限タイプの無料VPNサービスは、使用する意味がないだけでなく、なりすましや個人情報の転売など、詐欺等の被害になる可能性もあります。

オンラインセキュリティとプライバシーに深刻な脅威をもたらすだけの粗悪品のため、絶対に使用は避けてください。

 

有料VPNサービスのセキュリティ上の利点

有料VPNサービスがセキュリティ・プライバシー保護の観点から、最も安全であることは疑いようがありません。

有料VPNサービスは、サーバー、サーバーの場所、地域制限のあるコンテンツ等、はるかに優れたアクセスを提供しているだけでなく、インターネットトラフィックと個人データの扱いに優れたセキュリティネットワークを提供しています。

地域制限とは

地域制限はジオブロックとも呼ばれるアクセス制限措置で、IPアドレスを元にサイトへのアクセスの可否を決めています。

例えば海外から、日本国内限定のサイト(銀行等)やプラットフォーム(Netflix、アマゾンプラス等)にアクセスをしようとすれば、そのアクセスはブロックされます。

地域制限はVPNによってブロックを解除することができます。

最強の暗号化(AES 256ビット暗号化)と、VPNが予期せず機能しなくなった場合に自動でネットワークを切断するキルスイッチなどの追加のプレミアム機能を利用できるため、セキュリティ強度が向上します。

有料サービスVPNプロバイダの中でも上位のプロバイダは、ログなしポリシーを実装しています。

つまり、オンラインアクティビティを追跡することはなく、広告主や分析会社に個人情報の販売はしません(ログがないためできないとも言えます)。

無制限の無料VPNオプションと比較すると、NordVPNExpressVPN底なしに信頼できます。

 

おすすめ有料VPN

以上の観点から、当サイトではNordVPNをおすすめしています。

NordVPNは価格、機能、および価値の点で競合他社とは一線を画すVPNプロバイダで、上記のすべてのセキュリティ機能、驚異的な接続速度、複数のストリーミングサービスへアクセスが可能で、セキュリティを一切妥協することなく、セキュリティを重視するユーザーに最適のVPNです。

実質無料で試してみる

  • NordVPN:nordvpn.com

  • ※30日間の返金保証あり

  • ExpressVPN:expressvpn.com

  • ※30日間の返金保証あり

  • Surfshark:surfshark.com

  • ※30日間の返金保証あり


    プラン購入後から30日以内で返金すれば実質無料で試用できます。

より安全なセキュリティVPNの選び方

 

まとめ

VPNを広範囲かつ頻繁に使用する場合は、有料サービスを選択することをお勧めします。(実際は無料VPNの使用は全くオススメしません。セキュリティ上の懸念や制限された粗悪な製品を提供しているためです。)

有料VPNサービスは、データ処理に関する優れた倫理に加えて、堅牢なセキュリティ/プライバシーインフラストラクチャを備えている可能性が高くなります。

全体として、無料のサービス、特に無制限のVPNサービスでリスクを冒すよりも、わずかな料金で自分の身をあらゆるネット犯罪から守るほうが賢明でしょう。

特にNordVPNはランニングコストが非常に優秀なため、無料VPNを使うリスクを負うなら絶対にセキュリティ・プライバシー保護に力をいれているNordVPNの利用の方がおすすめです。

 

当サイトNo.1 VPN

 

ブラックフライデー割引中

NordVPN - コスパ最高の超万能VPNを入手

 

NordVPNは「プライバシー保護」「国内外のストリーミング」「スポーツ中継」「Torrent」「ゲーミング」の利用に最適です。【導入も簡単】今だけ月額$11.99(約1378円) →$3.29(約420円)【キャンペーン実施中】30日間の返金保証により、全てのプランで無料トライアルができます。

 
お得に購入する方法

NordVPNは通常月額$11.99(約1378円) ですが、長期プランを選択することで大幅な割引を享受することができます。
24ヶ月のプランを選択すれば最大66%の割引に加え、3ヶ月分無料で使えるため、通常の1ヶ月で購入するよりもだいぶお得になります。
そのためVPNユーザーの間では大幅な割引のために長期プランを選択することが鉄板です。

1ヶ月のプランでも24ヶ月のプランでも、利用目的に合わなかったり、お使いの環境に上手く合わない場合は30日間以内なら、特に理由もなくキャンセル・返金ができるため購入するときは長期プランを選択することをおすすめします。

NordVPNのおすすめプラン

NordVPNの利用期間とパッケージのプランは豊富です。

どのプランも共通で30日間の無料保証期間がありますので、安心してプランを選択できます。

利用期間の選択

おすすめの利用期間は24ヶ月のプランで、最大66%OFFになるため通常の半分以下の料金で2022年最高のVPNを使うことができます。

 

パッケージの選択

現在NordVPNには3つのパッケージがあります。

  • スタンダードプラン : VPNサービスのみ
  • プラスプラン : VPNサービス + パスワード管理
  • コンプリートプラン : VPNサービス + パスワード管理 + 1TBのクラウドストレージ

純粋にVPNだけが必要な場合はスタンダードプランの選択で間違いありません。

ココがポイント

クロスプラットフォーム対応のパスワード管理アプリ、情報漏えいスキャナー、1TBの暗号化されたクラウドストレージが必要でない方はスタンダードプランでOK。

無料VPNは絶対に使うな! リスクの多い無料の闇

-VPN

© 2022 VPN info.jp